ビールの最も原料は水?水の違いがビールに違いをもたらす

ビール造り・水が重要

誰しもが普段何気なく飲んでいるビール。
お酒の定番であるビールには、意外と知られていない事実がたくさんあります。

その代表的なものの一つが、ビール造りにおける水の重要性
ビールの主原料は言わずもがな大麦麦芽(モルト)ですが、実は水も隠れた主原料であり、重要な原料なのです。

本記事では、ビールにおいてなぜ水が重要なのか解説していきます。

ビールの全成分の9割は水

表示義務のあるビールの主原料は、前述のように大麦麦芽ホップですが、ビール造りには大量の水が使用されます。
ビール1L造るのに必要な水の量は、全ての工程を含めなんと5〜10L。
さらにビールの全成分の約9割を水が占めているといいます。

そのため、ビール造りにおいて水はとてつもなく重要な原料でもあり、水が美味しいところでないと美味しいビールは造れないとされています。
ゆえにビール造りは、まずは水が美味しい土地を探すところから始まる、とも言われています。

ちなみに、ビール造りで使用する水は「醸造用水」といい、そのままの水ではなく、ビール造りに適した処置が施された水が使用されます。
ビールのタイプによって適した水も変わってくため、醸造用水の使用はとても重要なのだとか。

いずれせよ、水はビールの根幹ともいうべく重要な原料なのです。

ビール造りでは大量の水が使用される。

ビール造りでは大量の水が使用される。

硬水か軟水かで適したビールのタイプが変わってくる

ビール好きでなくとも、水には軟水と硬水があるのはご存じかと思います。

硬度の数値によって軟水か硬水関わってきますが、そもそも硬度とは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの濃度。
要するに鉄分量(ミネラル量)を指すわけですが、当然のことながらその量の違いはビールの質をも左右します。

一般的には硬水は濃色ビール(黒ビールなどの色が濃いビール)に向いているとされ、軟水は淡色ビール(ピルスナーなどごく一般的なビール)に向いているとされています。
味が濃いとされる濃色ビールに、こちらも味がはっきりしている硬水が適し、味がすっきりしている単色ビールに、こちらもすっきりしている軟水が適している、ということです。

濃色ビールのスタウトと淡色ビールのピルスナー。

濃色ビールのスタウトと淡色ビールのピルスナー。

淡色ビールの定番・ピルスナーは水の違いから生まれた?

さて、みなさんが普段銘柄などは意識せずに「生」と言って飲んでいるビール、これは実は淡色ビールのピルスナーというタイプにあたります。
日本に限らず、大手メーカーが手がける多く人が飲み慣れたビールは、9割以上がこのピルスナーなのです。

実はこのピルスナー、水の違いによって偶然生まれたとされています。

ピルスナーが生まれた1842年以前は、ビールは濃色ビールが一般的でした
ドイツのミュンヘンなど、それまでのヨーロッパの主産地はほぼ硬水の地域。しかも麦芽の乾燥に使用する設備が旧式だったため、色が濃いビールしか造れなかったそうなのです。
しかし1842年、チェコのピルゼンにてドイツのビールを真似て造ったところ、完成したビールは色が淡い、黄金色のビール(今日のピルスナー)だったのです。
これはピルゼンが軟水地域だったことが深く関係しているとされ、麦芽の色を硬水ほど抽出しなかったため黄金色のピルスナーが生まれたとされています。

今や大定番のピルスナーは、計画通りできたものではなく、水の違いが生んだ奇跡によって誕生したビールだったのです。

まとめ

最後に、ビール造りにおける水の重要性についてざっくりまとめると…

  • ビールの全成分の9割は水
  • 硬水・軟水で適したビールのタイプが変わる
  • 硬水なら濃色ビール、軟水なら淡色ビールが適している
  • ピルスナーは偶然軟水だったために生まれた

水を大量に使用するビール造りでは、主原料の麦芽などの質はもちろんですが、根幹をなす水が美味しくなければ美味しいビールは造れません。
これはビールに限らず、日本酒やウイスキーなど、水を使用するお酒全てに言えることです。

水が美味しいところの地ビール(クラフトビール)を飲んでみる、というのも面白いかもしれません。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. よなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS 歌舞伎町店」が4/13にオープン! よなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WOR…
  2. 来場者4900名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KYOTO」レポート 来場者約5000名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KY…
  3. クラフトビール、冷やしすぎ? クラフトビール、冷やし過ぎていませんか?
  4. IBUとは? クラフトビールでよく目にする「IBU」の意味とは?
  5. 蒸溜所併設のダイニングバー!「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」がオープン! 蒸溜所併設のダイニングバー!「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」が…
  6. what is PINK IPA? 筆者が超おすすめするクラフトビール「パンクIPA」とは?
  7. 世界一のビールは? 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表!…
  8. ホップとは? ビールでよく聞く「ホップ」とは一体どんなもの?

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP