人気旅行ガイド本とのコラボ!サントリー発「シングルモルトの歩き方」が発売

人気旅行ガイド本とのコラボ!サントリー発「シングルモルトの歩き方」が発売

海外を旅するように、シングルモルトを楽しんでみては?

海外旅行のバイブルとして、きっと読み込んだ方も多いであろう「地球の歩き方」。
各都市の観光スポットはもちろん、歴史や文化など幅広い情報が網羅されたトラベルガイド本として長年にわたり旅行好きに支持されています。
今回その「地球の歩き方」とサントリースピリッツ社がコラボレーションし、「シングルモルトの歩き方」という企画がスタート!
同社が輸入するスコットランド産のシングルモルト6種が特別パッケージにて販売され、特設サイトも公開されています。

「シングルモルトの歩き方」とは?

コロナ禍によって、海外への旅がしづらくなってしまった昨今。
地域性が反映された食事やお酒、その他様々な商品をとおして少しでも旅気分を味わう、という考え方に注目が集まっています。
シングルモルトとは、端的にいうと、一つの蒸溜所で造られたモルトウイスキー(大麦麦芽100%のウイスキー)のこと。さまざまな蒸溜所のウイスキーをブレンドしながら造られる商品も多いウイスキー業界において、蒸溜所ごとの個性を楽しめるとして日本でも年々人気が高まっています。
“シングルモルトは自然が造る”とも言われるように、その土地の自然や風土、文化が染み込んだウイスキーであり、それはつまりシングルモルトを通して産地を知ることもできると言っても過言ではないでしょう。
旅をしながら様々な都市の個性をその身に染み込ませる…それと同様にシングルモルトも旅をするように楽しむことができるのです。

シングルモルトの歩き方のパッケージ

「シングルモルトの歩き方」全6ブランドのパッケージ

今回企画がスタートした「シングルモルトの歩き方」では、“旅”が大きなテーマとなっています。
展開されるシングルモルトは、「マッカラン」、「グレンフィディック」、「ボウモア」、「オーヘントッシャン」、「アードモア」、「ラフロイグ」の6つ。それぞれ特別パッケージでの販売がすでにスタートしています。
また、企画に合わせオープンした特設サイトでは、それぞれの違いや特徴がわかりやすくまとめられたYouTube動画なども公開されており、シングルモルトで旅をするためのヒントが散りばめられています。
ウイスキービギナーの方でもよりシングルモルトが親しみやすくなる企画となっています。

【「シングルモルトの歩き方」篇|シングルモルトを、旅しよう。シングルモルトの歩き方】

「シングルモルトの歩き方」特別パッケージ

前述した6つのシングルモルトから販売されている特別パッケージは、「地球の歩き方」に模したデザインとなっているのが大きな特徴で、もちろん中には各シングルモルトのフルボトルが入っています。
また、各シングルモルトのロゴがデザインされたオリジナルグラスも入っており、ハイボール用として活用できます。
その他にも、人気ガイド本とのコラボ商品らしく、パッケージの中にはブランドごとの特徴や豆知識が記載されているのも特徴的。ブランドの個性を知った上で味わうことができます。

シングルモルトは知識なく口に流し込むだけでも十分にその味わいを楽しめますが、海外旅行と同様に、楽しみ方を知っておくほうがより充実した体験ができます。
各シングルモルトの個性を知りながら、旅を楽しんでみては?

商品詳細

【マッカラン】

ボトル:ザ マッカラントリプルカスク
度数:40%
価格:8,800円
商品ページはこちら

【グレンフィディック】

ボトル:グレンフィディック 12年
度数:40%
価格:4,400円
商品ページはこちら

【ボウモア】

ボトル:ボウモア 12年
度数:40%
価格:4,840円
商品ページはこちら

【ラフロイグ】

ボトル:ラフロイグ 10年
度数:43%
価格:6,160円
商品ページはこちら

【オーヘントッシャン】

ボトル:オーヘントッシャン 12年
度数:40%
価格:4,400円
商品ページはこちら

【アードモア】

ボトル:アードモアレガシー
度数:40%
価格:3,300円
商品ページはこちら

特設サイトはこちら
「シングルモルトの歩き方」
こちらの記事もおすすめ!
世界のウイスキー売上ランキングTOP30【2020版】
4千円以下で購入可!トッププロが厳選するハイボールに合う5大ウイスキー10選

全国のバーテンダーの人となりを知ろう!
バーテンダーへの8つの質問

ウイスキーを買うならAmazonがおすすめ!

Amazonのウイスキーストア

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ウイスキー各種を比較 シングルモルト、バーボン、ライなど…ウイスキー9種の違いを比較解…
  2. アメリカで大流行するクラフトなお酒たち クラフトビールにクラフトウイスキー…アメリカではクラフトなお酒が…
  3. アイリッシュウイスキー・厳選8選 アイリッシュウイスキー定番&おすすめ銘柄8選
  4. 山崎・品切れ問題 「山崎」の品切れ・品薄問題は本当にサントリーが悪いのか?
  5. 焼酎の名門「尾鈴山蒸留所」がウイスキー造りを開始!造り手にインタビュー 造り手に聞く – 焼酎の名門が尾鈴山蒸留所で始めたウ…
  6. ローランドモルトを知る シングルモルト入門〜「ローランドモルト」を簡単解説!
  7. 熱狂的ファンを持つスモーキーウイスキー「アードベッグ」の特徴を簡単にご紹介! 熱狂的ファンを持つスモーキーウイスキー「アードベッグ」の特徴を簡…
  8. 世界ウイスキー売上ランキング ウイスキー世界売り上げランキングTOP20

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP