グレーンウイスキーとは何?初心者でもわかるように丁寧に解説!

グレーンウイスキーとは何?初心者でもわかるように丁寧に解説!

ウイスキーの説明を見ていると、「グレーンウイスキー」なる表記を見かけることがあると思います。
ベテランのウイスキー好きなら理解できる用語ですが、ウイスキーを飲み始めたばかりの方やライトユーザーにとっては「?」かと思います。

そこで今回は、グレーンウイスキーについて、この記事を読んだだけでわかっていただけるように、超基本的な情報や特徴をご紹介していきます。

そもそもウイスキーって?

まずは、ウイスキーについておさらい。
ウイスキーとは、大麦麦芽やトウモロコシなどの穀物を原料に、発酵→蒸留させ、そうしてできたお酒を樽に詰めて熟成させたもの。
ビールとほぼ同じ原料を使用しているため、ビールを蒸留し、アルコール度数を高めたものをウイスキーと捉えることもできます。
しかし、樽で長期間熟成させることがウイスキーの大きな特徴であり、熟成中に、樽の木の成分が溶け出すことで、ウイスキー特有の香味と色が付きます。

グレーンウイスキー=モルトウイスキーじゃないウイスキー?

では、グレーンウイスキーはどんなウイスキーを指すのでしょうか。

実はウイスキーには大きく分けて2つのタイプがあります。
一つはモルトウイスキー、そしてもう一つがグレーンウイスキーです。

これら2つのウイスキーは、使用する原料によって分けられています。
大麦麦芽を英語にすると「モルト(malt)」。この“モルトだけ”を使ったウイスキーがモルトウイスキーです。

大麦麦芽(モルト)の写真。グレーンウイスキーではモルト以外も使われる。

大麦麦芽(モルト)の写真。グレーンウイスキーではモルト以外も使われる。

一方でグレーンウイスキーは、モルトだけでなく、ライ麦、小麦、トウモロコシなどの穀物も使ったウイスキーを言います。
グレーンとは英語のGrainを指し「穀物」を意味する言葉。一般的にはモルトに加え、トウモロコシやライ麦、小麦など混ぜて造られることがほとんどです。
極端に言えば、モルトウイスキー以外のウイスキーはグレーンウイスキーと言うこともできます。
なお、モルトウイスキーが主に「単式蒸留」という伝統的な製法を用いるのに対し、グレーンウイスキーはそのほとんどが「連続式蒸留」という効率的な製法で造られています。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています!
単式蒸留と連続式蒸留の違いとは?初心者向けに簡単解説!

グレーンウイスキーは主にブレンド用に造られている?

グレーンウイスキーの原酒

グレーンウイスキーの原酒。実はブレンデッドウイスキーの重要な原料となっている。

「モルトだけ=モルトウイスキー、モルト以外の穀物も=グレーンウイスキー」ということがお分かりいただけたかと思います。
ではグレーンウイスキーは、ウイスキーとしてどのように流通しているのでしょうか?

実は、グレーンウイスキーがそのまま商品化されるのはごく稀。
「ブレンデッドウイスキー」と呼ばれるタイプのウイスキーの原料になることがほとんどです。

ブレンデッドウイスキーとは、モルトウイスキーとグレーンウイスキーを、文字通りブレンドしたもの。
実はグレーンウイスキーは、ウイスキーとしてのフレーバーは抑えられている傾向があり、基本的にはなるべくクセを出さないように造られています。
反対に、モルトウイスキーは個性が出るように造られています。(それゆえに一つの蒸留所産のモルトウイスキーを瓶詰めしたシングルモルトは個性が豊か)
その個性を調整し、より多くの人が親しみやすい味わいのブレンデッドウイスキーに仕上げるための原料として、グレーンウイスキーは活躍しているのです。

グレーンウイスキーを商品化したブランドも!

その多くは、ブレンデッドウイスキーのブレンド用となるグレーンウイスキーですが、実は有名なブランドで、グレーンウイスキーだけを瓶詰めしたものがあります。

発売以降瞬く間に有名になったサントリーの「知多」は、実はグレーンウイスキー。
愛知県の知多蒸溜所の原酒、つまり一つの蒸留所産のグレーンウイスキーだけを瓶詰めしているので、シングルグレーンとも呼ばれています。

グレーンウイスキーらしく、クセが抑えられ、ほんのり甘く軽やかな口当たりは、飲み手を選ばない傾向にあります。
ハイボール用としても人気のウイスキーです。

こちらの記事もおすすめ!
世界のウイスキー売上ランキングTOP30【2020版】
世界で最も値段が高いウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25

全国のバーテンダーの人となりを知ろう!
バーテンダーへの8つの質問

ウイスキーを買うならAmazonがおすすめ!

Amazonのウイスキーストア

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ジャックダニエルを飲む前に ジャックダニエルを飲む前に知っておきたい基本のこと
  2. ウイスキーを気軽に楽しもう!毎月テーマ別セットが届くサービス「ザ…
  3. バーボンの謎・熟成速度の早さと熟成年数の表記について 早く熟成する?バーボンの熟成年数と年数表記の謎を簡単解説
  4. 過去最強オクトモア 過去最強のピーテッドウイスキー「オクトモア 08.3 アイラバー…
  5. ウイスキー蒸留所発・クラフトジンまとめ ウイスキー蒸留所が手がけるクラフトジンまとめ【全8銘柄】
  6. ハイボールの起源とされるスコッチ「デュワーズ」はなぜ若年層に人気? ハイボールの起源とされるスコッチ「デュワーズ」はなぜ若い世代に人…
  7. 白州蒸留所見学レポート Part.2 白州蒸留所に行ってきた【場内BAR・他施設レポート】
  8. 憧れの高級スコッチ「ローヤルサルート」が一新!ブレンデッドモルトなど新銘柄が登場 憧れの高級スコッチ「ローヤルサルート」が一新!ブレンデッドモルト…

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP