定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった…

定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった…

無数に存在するカクテルの中でも近年人気が急上昇している「ネグローニ」。
ネグローニといえば、ジンがベースの定番カクテルの一つとして、今や世界人気カクテルランキングで2位(Drinks International調べ)に君臨する超人気カクテルです。
そんな同カクテルですが、実はジンの代わりにバーボンを使って作るレシピがあるのはご存知でしょうか?

そのレシピで作るカクテルの名は「ブールヴァルディエ」。
今回の記事では、バーテンダー協力の元、その特徴と魅力をご紹介します!

スポンサーリンク

バーボン版ネグローニ「ブールヴァルディエ」についてバーテンダーに聞いてみた

ジン1/3に対して、カンパリなどのビターリキュールを1/3、そしてスイートベルモットを1/3加えて作るのがネグローニの定番レシピ。
そのレシピのうち、ジンをバーボンなどのアメリカンウイスキーに変えて作るのが「ブールヴァルディエ」です。

そんなブールヴァルディエの特徴について、バーボンウイスキーやそのカクテルを得意とするBar Liquid Ruby(東京・新宿)のオーナーバーテンダー・向山直孝さんに伺いました。向山さんは新宿のバーボン専門バーや、スピリッツバーで長年修行した経歴を持つ、若手トップバーテンダーの一人。

今回話を伺った向山直孝さん

今回話を伺った向山直孝さん

向山さん曰く、「ブールヴァルディエは、アメリカンウイスキーとイタリアンベルモットを使用したフランス生まれのカクテル、というユニークな特徴を持つカクテルです。その名前の意味は、伊達男や遊び人。フランスでは、パリのシャンゼリゼ大通りのような片側二車線以上の通りを“ブールバール”と言って、そこを歩く伊達男をイメージしたという逸話があります。海外で非常に人気のクラシックカクテルで、当店の場合、ネグローニよりご注文が多いですね」と言います。
ネグローニといえばハーブ系の豊かな香りと甘み・苦味が特徴ですが、味わいの違いについては「ネグローニよりコシがしっかりしていて男性的なイメージ」なのだとか。

実際に向山さんが創作するブールヴァルディエを味わってみると、ネグローニのような特徴を持ちながらも、バーボンによる甘さとダイナミックさが感じられる飲みごたえのある味わいでした。

向山さんに作っていただいたブールヴァルディエ

向山さんに作っていただいたブールヴァルディエ

ブールヴァルディエのレシピ

今回は特別に、向山さんがBar Liquid Rubyで提供しているブールヴァルディエのレシピを教えていただきました。

【レシピ】
バーボン40ml
ビターオレンジリキュール15ml (Bar Liquid Rubyの場合はグラン・クラシコ・ビターを使用)
スイートベルモット15ml
アンゴスチュラビターズ 3dash

以上を、ネグローニと同じくビルドで作り、オレンジピールを最後に加えるのが向山さんのレシピ。
ウイスキーの使用比率が高めですが、「ウイスキーの輪郭をはっきりさせるため」なのだとか。
なお、バーボンのイメージが浸透している同カクテルですが、アメリカンウイスキーであればライウイスキーなどを使用しても良いそうです。

今や世界的な人気を集めるカクテルに成長

ブールヴァルディエは、日本ではまだまだ定番とは言い難いですが、向山さんが言うように海外ではとても人気のあるカクテルです。世界のトップバーでのカクテルの売上ランキング「The World’s Best-Selling Classic Cocktails 2019」において、ブールヴァルディエは20位にランクイン。なんとギムレットやコスモポリタンといった定番カクテルより、世界的には人気なのです。

ウイスキーカクテル全体が人気のカテゴリー

ウイスキーカクテル全体が人気のカテゴリー

ウイスキーカクテルが世界的なブームであること、兄弟ともいうべきネグローニもまたブームであることなども背景にはあると考えられますが、結局のところ、それだけ多くの人の舌を魅了しているということなのでしょう。

スポンサーリンク

ブールヴァルディエを味わってみよう

今回ご紹介したブールヴァルディエ、アルコール度数は高めですが、何にも変えがたい独自の味わいが魅力であり、ここ日本でも間違いなく人気のカクテルとなることでしょう。
比較的多くのバーに材料自体は揃っていることから、意外と味わえるお店は少なくないかもしれませんが、今回取材にご協力いただいたBar Liquid Rubyはもちろんおすすめです。
とても美味しいカクテルですので、是非一度ご賞味あれ。

Bar Liquid Ruby
住所:東京都新宿区西新宿7丁目1−4 ゼンコウビル 3F
営業:18:00〜翌3:00 (日曜定休)
電話:03-6908-6664
HP:https://www.facebook.com/naotaka.bourbon/
スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 「東京 インターナショナル バーショー 2019」レポート 〜 今年もジン熱がすごかった 「東京 インターナショナル バーショー 2019」レポート 〜 …
  2. 白州蒸留所見学レポート Part.2 白州蒸留所に行ってきた【場内BAR・他施設レポート】
  3. 日本随一のジン専門バー「JUNIPER」の創業者に聞く、これまでとこれから 日本随一のジン専門バー「JUNIPER」創業者に聞く、店の誕生ス…
  4. 「anfaフレアチャレンジ2020」がオンラインで開催!フレアショーを観戦してみよう 「anfaフレアチャレンジ2020」がオンラインで開催!フレアシ…
  5. ウイスキー蒸留所発・クラフトジンまとめ ウイスキー蒸留所が手がけるクラフトジンまとめ【全8銘柄】
  6. テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみた テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみ…
  7. マティーニとは? カクテルの王様「マティーニ」とは?材料や作り方、特徴を解説
  8. ジャックダニエルを飲む前に ジャックダニエルを飲む前に知っておきたい基本のこと

おすすめ記事

東京・蔵前にジンの蒸溜所がオープン!エシカル・スピリッツ社が「東京リバーサイド蒸溜所」を開設 東京・蔵前にジンの蒸溜所がオープン!エシカル・スピリッツ社が「東京リバーサイド蒸溜所」を開設

今、世界的に盛り上がっているお酒、ジン。その製造拠点である蒸溜所も続々と新設されていますが、近頃…

秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る 秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る

美の国秋田といえば、全国的な人気集める日本酒を多く輩出する酒処。そんな秋田の中でも、特に人気があ…

日本初のジンのブランドハウス「季の美ハウス」訪問レポート 日本初のジンのブランドハウス「季の美ハウス」訪問レポート

国産クラフトジンのパイオニアであり、今や世界でも高い評価を獲得している京都発のジン「季の美」。そ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP