ビール純粋令〜ビールの原料はなぜ大麦とホップで定着したのか?

ビール純粋令・原料が大麦とホップで定着したワケ

ビールの主な原料といえば大麦麦芽が知られています。
他にもホップを使用することでも知られていますね。
小麦やハーブ類なども使用されることがありますが、一般的にビールの主原料といえば「大麦(大麦麦芽)とホップ」です。

しかし実は、約5000年というビールの長い歴史において、これらの原料が一般化したのは16世紀ごろ。
それまではビールの原料は定まっていませんでした。

本記事では、ビールの原料がどのようにして「大麦とホップ」で定着していったのか、ビールの歴史を踏まえながら解説していきます。
これには、タイトルにもある「ビール純粋令」という法律が関わっているのです。

ビールの原料を定めた「ビール純粋令」が施行

1516年にバイエルン公国(現在のドイツ南部辺り)の君主であるウィルヘルム4世は「ビール純粋令」を発表しました。
これはビールの原料を定めたもので、「ビールは大麦、ホップ、水のみを原料とすべし」というもの。

これによりビールの原料は「大麦、ホップ、水」で一般化され、今日に至るとされています。
ちなみにビール純粋令は、食品規定としては世界最古のものとも言われています。

ビール純粋令を出すに至ったわけ

そもそもなぜ、このようにビールの原料をあえて定めなければならなかったのか。
それは、当時ビールの原料は定まっておらず、品質が安定していなかったからとされています。
大麦が主な原料だったにしても、様々な穀物を混ぜて造られることもあり、品質が保証されていなかったのです。

しかし、ビール純粋令で大麦や水が定められたのは分かるにしても、なぜホップも定められたのでしょうか?

ホップ以前はグルートと呼ばれるハーブ類が使用されていた

ホップの写真

ホップは松かさのような形をしている

ホップとは、様々な効用を持つハーブの一種で、ビールにおいては保存効果を高めたり、香味づけに使用されています。
しかし、ビール純粋令が出される以前は、「グルート」と呼ばれるまた別なハーブ類を配合したものが使用されていました。

これはヤチヤナギやアニス、コリアンダー、フェンネルなどを配合したもので、レシピなどは生産者たちの間で秘密に。
用途はホップ同様、ビールの腐敗を防ぎ保存効果を高めたり、香味づけ使用されていました。

ホップの方が原料として優秀だった

なぜグルートがホップに置き換わったのかというと、単純に原料として、ホップの方が優れていたから。
保存効果にしても、ビールに与えられる香味にしてもホップの方が優れていたのです。

ビール純粋令でグルートはホップに置き換わった

ビール純粋令が出された以前から、一部でホップは使用されていたのですが、主流はグルートでした。
しかし、ビール純粋令にて「大麦、ホップ、水」が原料として定められてからは、効力で優れるホップに置き換わったとされています。

そもそもホップが与える香味とは?

ホップが与える香味についてはあまり知られていませんが、実は「ビール風味を決めるのはホップ」という人もいるほど重要な役割を果たしています。
実はビール独特の苦味やハーブのような青々しい香りはホップによるものなのです。
そもそも大麦だけではビールは甘くなり、香りも同様に甘いものになります。(ビールの前段階である麦汁を味わってみるとわかります)

ビール純粋令にはビールの品質向上以外にも目的が…

ビールの品質向上(安定)を目的として施行されたビール純粋令ですが、実は他にも目的があったとされています。

小麦やライ麦はパンの原料としても貴重

小麦やライ麦は食料としても貴重だった

それは、食料確保のため
不作の年には大麦以外の、例えば小麦やライ麦などがビールではなく食料として優先されるよう、そう定めたとされています。
食料の保存技術や加工技術など十分に発達していなかった当時は、パンや麺類などにも使用される穀物類は非常に重要な食料でもあったのです。

このようにビール純粋令は食料政策の一面もあり、原料に大麦を定めたのにはワケがあったのですね。

小麦ビールは特定の醸造所しか作れなかった?

「大麦、ホップ、水のみを原料とすべし」としたビール純粋令ですが、ここで疑問が一つ。
ドイツ周辺では昔から小麦を使ったビール、ヴァイツェンが作られていました。

ヴァイツェンはどうなったのか?
どうやらこれについては、領主直営の醸造所だけが特例として小麦ビールであるヴァイツェンの生産を認められていたようです。

頭ごなしにヴァイツェンも認めないとしたものではなかったようですね。

まとめ

ビールの原料がビール純粋令によって定められたのは16世紀ごろ。
意外と昔から原料が定められており、これが現在にも続いていることがわかりました。

最後にまとめると…

  • ビール純粋令によって「大麦、ホップ、水」が原料として定められた
  • それまでは原料が定められておらず品質が安定していなかった
  • それまではホップではなくグルートを使用していた
  • ビール純粋令には食料確保の目的も

当時大きな影響があったとされるビール純粋令ですが、ある程度の柔軟性もあったことにより、ヴァイツェンなど多様なスタイルのビールが今に残ったり、新たに生まれたりしたのでしょうね。

それではこの辺で。
以上「ビール純粋令〜ビールの原料はなぜ大麦とホップで定着したのか?」でした。

【参考文献】
改訂新版日本ビール検定公式テキスト|日本ビール文化研究会

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. クラフトビール、冷やしすぎ? クラフトビール、冷やし過ぎていませんか?
  2. 「ビール」は何語 ビールは英語じゃない!ビールは何語で英語でビールは何と言う?
  3. 日本産クラフトビール集 日本のクラフトビール(地ビール)・おすすめ8銘柄
  4. ビール造り・水が重要 ビールの最も原料は水?水の違いがビールに違いをもたらす
  5. 麦芽とは? ビールの原料「麦芽」とはそもそもどんなもの?
  6. ベルギービール・ビールスタイル解説 ベルギービール入門・代表的ビールスタイルまとめ【全11種】
  7. Craft beer? クラフトビールとは?普通のビールとの違いは何?
  8. 来場者4900名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KYOTO」レポート 来場者約5000名の大盛況!「リカマンウイビアメッセ in KY…

おすすめ記事

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

世界で最も高額なウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25 世界で最も値段が高いウイスキーは?2021版・高額ウイスキーランキングTOP25

ここ日本でもウイスキーの高額化が叫ばれている昨今、世界にはどれほど高額なウイスキーが存在するのでしょ…

和と洋の良さをあわせ持つ新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る 和と洋の良さが合わさる新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る

日本には伝統的なお酒がいくつかありますが、それらは実は少しずつ進化しています。改めて味わってみる…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP