世界のウイスキー売上ランキングTOP30【2020版】

10位 Haywards Fine

売上:960万ケース
タイプ:インディアンウイスキー

United Spirits社の主力商品の一つ「Haywards Fine」がおよそ1000万ケースでトップ10に。
インドのウイスキーの強さが目立ちますが、実はインドはウイスキーの消費量世界一の国。(※BBCより)人口の多さもさることながら、かつてイギリスの植民地だったことも関係して、ウイスキーなどの蒸溜酒を飲む文化が根付いているとされています。
そのインドで人気のウイスキーが、多くランクインするのは不思議なことではありません。

9位 ジムビーム / Jim Beam


売上:1040万ケース
タイプ:バーボン(産地はアメリカ)

全体では9位ながらも、バーボン部門ではトップとなった「ジムビーム」。
日本のサントリー系列(ビームサントリー)がオーナーのブランドで、TVCMが放送され一般的な居酒屋でも提供されるなど日本でも広く浸透しています。
1795年の創業の老舗バーボンブランドであり、長い間トップに君臨。その軽やかな口当たりや、「ジムビーム ハニー」などラインナップの多さは人気の理由の一つです。

8位 Golden Oak

売上:1060万ケース
タイプ:インディアンウイスキー

ネパールに拠点を置くHimalayan Distillery社の「Golden Oak」8位という好結果に。
34.3%とアルコール度数が低いのが特徴で、その飲みやすさから幅広い層から支持を集めているとされています。

7位 Original Choice

売上:1270万ケース
タイプ:インディアンウイスキー

22位の「Bangalore Malt」も手がけるJohn Distilleries社の「Original Choice」が7位に。
同社の看板商品でもあるOriginal Choiceは手頃な価格帯で展開されており、紙パックや大瓶など幅広いサイズも特徴的です。
こちらもほぼ国内消費で、日本での販売はありません。

6位 ジャックダニエル / Jack Daniel’s


売上:1340万ケース
タイプ:テネシーウイスキー(産地はアメリカ)

6位にランクインした「ジャックダニエル」は、バーボン含むアメリカンウイスキーとしてはトップという結果に。
チャコールメローイング(サトウカエデの木炭でろ過)を施すテネシーウイスキーの代名詞的ブランドでもあるジャックダニエルは、その製法由来の甘さとクリアな風味が特徴的。
日本ではコンビニでも売られるなど、幅広く浸透しています。

5位 ジョニーウォーカー / Johnnie Walker


売上:1840万ケース
タイプ:スコッチ

スコッチ部門では圧倒的な売上でトップに君臨する「ジョニーウォーカー」は全体では5位という結果に。
ディアジオ社の看板ブランドで、「レッドラベル」や「ブルーラベル」など色分けされたシリーズはよく知られており、ここ日本では「ブラックラベル(通称:ジョニ黒)」が特に高い人気を誇ります。
ランクインしている他のスコッチブランドに比べ、ほんのりスモーキーさも感じられる香りが特徴で、ストレートやハイボールはもちろん、カクテルのベースとしても重宝されています。

4位 Royal Stag

売上:2200万ケース
タイプ:インディアンウイスキー

4位は鹿がトレードマークの「Royal Stag」。
インディアンウイスキーの中では価格の高いプレミアムカテゴリーに入るブランドで、ブランド公式サイトによれば、糖蜜由来のスピリッツの使用が許されているインドにおいて、初めてそれを使用しないで造られたウイスキーとのことです。なお、所有元はペルノ・リカール社です。

3位 Imperial Blue

売上:2830万ケース
タイプ:インディアンウイスキー

TOP3にランクした「Imperial Blue」もペルノ・リカール社が所有するインディアン・ウイスキー。
Imperial Blueは驚異的な成長を見せており、2011年はその出荷数が710万ケースだったにも関わらず、8年でなんと4倍に成長。業界最大手のペルノ・リカール社が所有するブランドの中で最も大きな売上を誇ります。

2位 Officer’s Choice

売上:3060万ケース
タイプ:インディアンウイスキー

3000万ケース以上も売上、2位にランクインしたのはAllied Blenders & Distillers社の看板商品「Officer’s Choice」。
長年「世界一売れているウイスキー」として君臨していましたが、近年は低迷を続けており、ついに今回その座を他のブランドに譲ることになってしまいました。
こちらも他のインディアンウイスキーと同じくIMFLで、通常シリーズの他にプレミアム版のブルーとブラックがあり、近年はそれら2アイテムが人気を支えているとされています。
なお日本での販売はありません。

1位 McDowell’s

McDowell’s
売上:3070万ケース
タイプ:インディアンウイスキー

「Officer’s Choice」を僅差でかわして栄えある1位に輝いのは、やはりインドのウイスキー「McDowell’s」。
McDowell’sは、インドが誇る巨大酒類メーカーUnited Spirits社の看板商品で、糖蜜のスピリッツも駆使するIMFLですが、成長著しいインディアンウイスキー市場で着実に成長を続け、市場拡大に大きく貢献しています。
その名は、創業者のAngus McDowellにちなんでおり、ウイスキーの他にラムとブランデーも展開。ただし残念ながらいずれも日本での販売はありません。
前述したようにUnited Spirits社はディアジオ社の傘下であることから、今後もその流通網を生かして売上を伸ばしていくことでしょう。

【次ページ】TOP30を一覧表でチェック!

固定ページ:
1

2

3

関連記事

  1. 日本のウイスキーの造り手、今いくつ?全国産メーカーをピックアップ 日本のウイスキーの造り手、今どれぐらい?全国産メーカーをリストア…
  2. スペイサイドモルトを知る シングルモルト入門〜「スペイサイドモルト」を簡単解説!
  3. リカーマウンテン・銀座777 約1000種のウイスキー・スピリッツが試飲可!酒専門店「銀座77…
  4. 長濱蒸留所ニューメイク「ヘビリーピーテッド」 長濱蒸留所のニューメイク第4弾「ヘビリーピーテッド」が限定発売!…
  5. ハイボールをより美味しく楽しめるようになる本!?「ウイスキー ハイボール大全」が発売 ハイボールをより美味しく楽しめるようになる本!?「ウイスキー ハ…
  6. ジャパニーズウイスキーの特徴と強み ジャパニーズウイスキーの特徴、そして強みとは?
  7. “今味わっておきたい”世界が注目するウイスキーカクテル 5選 “今味わっておきたい”世界が注目するウイスキーカクテル 5選
  8. Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)に開催!国内最大級のウイスキーの祭典! Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP