ビールと日本酒、太りやすいのはどっち?カロリーなど比較

ビールと日本酒、太りやすいのはどっち?

日々ビールや日本酒で晩酌している方は多いと思います。
一日の疲れをお酒で癒すのは良いものですが、どうしても気になるのがお酒のカロリー。
一般的に、ビールと日本酒はカロリーが高く、太りやすいとも言われています。

果たして本当にそうなのか?
これは気になるところ。

本記事では、ビールと日本酒のカロリーやその他成分などを比較しながら、どちらが太りやすいと言えるのか解説。
また、記事後半では、飲んでも太らないためにはどうしたら良いのか、なども解説していきます。

スポンサーリンク

そもそもお酒のカロリーは太る?太らない?

ビールと日本酒の比較に入る前に、まずはお酒のカロリーについて触れます。
なぜなら、お酒のカロリーと食べ物のカロリーの違いを知っておかなければならないからです。

たまに「お酒のカロリーは太らない」などと言う記述を見かけます。
これは、お酒のカロリーはエンプティカロリーと言われ、栄養成分を含まない、中身が空っぽのカロリーだからです。
しかもアルコールは吸収が早く、すぐに分解され熱となり放出されます。
要するに「体に残りづらいから太りにくい」と言ったところでしょう。

しかし、吸収されやすいということは、優先して吸収・分解されることであり、他の、例えば食事によるカロリーの分解を後回しにしてしまうことでもあります。
つまりは、食事で摂ったカロリーが体に余分に残ってしまう可能性があるということ。

お酒そのものカロリーでは太りにくいかもしれませんが、「太らない」とするのは早計でしょう。

アルコールは実は高カロリー
お酒に含まれるアルコールは、実はカロリーを多く含みます。
1gあたり7kcalも含むとされ、度数が高いお酒ほどカロリーは高い傾向にあります。
しかし、前述のようにお酒のカロリーは中身が空っぽのエンプティカロリーであり、カロリー以外のその他成分を考慮する必要があります。

ビールと日本酒のカロリー、その他成分を比較

前置きが長くなりましたが、いよいよ本題。
ビールと日本酒のカロリーやその他成分を比較し、どちらが太りやすいと言えるのか見ていきましょう。

まずはこちらの表をご覧ください。

各お酒のカロリー比較(アルコール20gあたり)

お酒の種類カロリー(kcal)炭水化物(g)たんぱく質(g)お酒の量(ml)
日本酒(普通酒)1968.80.7180
日本酒(純米吟醸)1857.40.7180
ビール21616.71.6540
ウイスキー1420060
データ元:食品成分データベース・文部科学省
※お酒の量が異なるのは、厚生労働省が適量とするアルコール量20gをそれぞれ容量換算しているため

こうしてみると、日本酒よりビールの方がカロリーが高いだけでなく、他の成分も多く含むことがわかります。
炭水化物、タンパク質ともに倍以上も含んでいます。

つまり数値的には、ビールの方が太る可能性は高いということになります。

ビールと日本酒、ここまで成分量が違う理由

ここで気になるのが「なぜこんなにも数値が違うのか」といった点でしょう。
ビールは麦、日本酒は米と、原料自体のカロリーには大きな違いはありません。

ここまで数値が異なる理由は、アルコール度数の違いが大きいと言えます。

どういうことかというと、アルコール度数が低いということは、それだけ他の成分量が高くなるのです。
要するに、原料由来の成分がどれだけ残っているか、ということ。

アルコール度数が高まるにつれて、全成分量に占めるアルコールの比率が高まりますので、原料由来の成分量の比率が低くなるのです。
ウイスキーをあえて表に載せたのもその説明のためで、アルコール度数が40度を超えるウイスキーの場合、その他の成分量がゼロなどかなり低くなります。

蒸留酒は太りにくい?
ウイスキーを見るとカロリー以外の成分がゼロとなっていますが、ここまで低いのは度数の高さ以外にも要因があります。
それは蒸留をさせていること。
蒸留工程では、お酒によっては一度90度前後まで度数を高めます(その後水で度数調整)ので、ほとんどその他成分が残っていないのです。
これはすべての蒸留酒に共通しており、焼酎ももちろん同様です。
焼酎やウイスキーが太りにくいと言われるのはこのためです。

太らないためにはどうしたら良いか?

ここまで整理すると、あくまで「可能性」を前提として、日本酒もお酒の中では太りやすい方ですが、それ以上にビールの方が太りやすいということになります。
だからといってビールをやめるのはもったいないですし、やめたくない方の方が圧倒的に多いでしょう。

では、太らずに飲むにはどうしたら良いか?
それは単純に、お酒の量をほどほどにし食事のバランスも整えること。

極端な話ですが、飲みすぎず、食べ過ぎなければ太る可能性は低くくなります。
つまりは、お酒と食事のカロリー双方を、分解できる量に抑えれば良いということです。

食事はなるべく低カロリーなもので

ビールや日本酒などを飲む際には、食事の量を必要量に抑え、低カロリーな食事にするのが効果的。
それならカロリーをしっかり吸収・分解できるため、太るリスクは抑えられるでしょう。

食す料理については、基本的には油物を控えた方が得策
また、アルコールによってビタミンやミネラル、たんぱく質が失われやすいので、これらを補完できる料理が良いとされています。
具体例を挙げるなら、野菜をたっぷり使った料理や海藻類を使った料理、魚料理や冷奴、枝豆などがおすすめです。

休肝日も忘れずに

厚生労働省は「飲酒のガイドライン」にて、健康のために週に二日は休肝日を設けることを推奨しています。
しっかり休肝日をとり、油物や高カロリーな食事が好きな方は、お酒を飲まない日に食すと良いかもしれません。
その方がきっと、心身両面での健康に良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで日本酒とビールのカロリーを比較し、どちらが太りやすいか、そして太らないためにはどうしたら良いかの解説をしてきました。
結果的には、ビールの方が太る可能性は高いという結果に。
とはいえ日本酒も高カロリーですし、太るリスクは低くありません。

これらのお酒で太らないためには、結局のところ「お酒、食事ともに適量にし、バランス面も考慮する」という、広く言われている基本的なことが大切です。

ちなみに筆者は、週に2〜3日ほどお酒を飲みますが、基本的に食事量や内容は抑えていません。
その代わり、生活習慣として体を鍛えたり運動を10年以上取り入れているため、今まで一度も太ったことがありません。
もし食事を抑えるのが嫌で、運動する時間がある方はこちらの方法もいいかもしれません。

お酒は心を満たしてくれるものでもありますから、上手に付き合いたいものです。
それではこの辺で。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPageオーナー / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。

関連記事

  1. 苦手な人にこそオススメのビール ビールが苦手な方にこそ飲んでもらいたい銘柄「ヴェデット」
  2. ビールの製造工程 ビールの基礎講座 〜 ビールの製造工程を理解する
  3. クラフトビールサイト「YOUR TASTE」 料理からクラフトビールを自動オススメするサイト「YOUR TAS…
  4. 筆者がおすすめするベルギービール 筆者が特におすすめするベルギービール8選
  5. ラガーとエール ビールのラガーとエールの違いとは?をわかりやすく説明!
  6. ベルギービール・ビールスタイル解説 ベルギービール入門・代表的ビールスタイルまとめ【全11種】
  7. クラフトビール、冷やしすぎ? クラフトビール、冷やし過ぎていませんか?
  8. サッポロビール那須工場に行ってきた。 ビール工場見学〜サッポロビール那須工場に行ってきた

新着記事

  1. 酒で人生が変わってしまった男が語る「酒が危険である4つの理由」
  2. 海外では当たり前の文化?テキーラ×アートを「⻘参道アートフェア」で体験してみよう
  3. 「テキーララウンジ@イセタン メンズ」で大好評!トップバーテンダーらによる15カクテルを一挙ご紹介
  4. 世界一のジントニック?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに聞いてみた
PAGE TOP