世界的にアツい“メスカル”の今を発信!「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA 2019」レポート

今世界的にアツい“メスカル”の今を発信!「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA 2019」レポート

近年、飲み手の嗜好の多様化によって、世界の様々なお酒に注目が集めるようになっています。
なかでも、テキーラの仲間であり同じくアガベから造られるスピリッツ「メスカル」は近年、世界的に最も大きな盛り上がりを見せているお酒の一つです。

そんな美酒が一堂に介し、味わい、そして学ぶことができるイベントとして、東京・大阪・名古屋で10月に開催されたのが「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA 2019」です。
今回は同イベントの様子を振り返りながら、メスカル人気の今に迫ります。

海外からメスカル業界のキーパーソンが続々来日

今年で2年目を迎えた「AGAVE LOVE × TEQUILA FESTA 2019」。
テキーラ&メスカルを自由に飲み比べできるこのイベントは、昨年より規模が拡大した他、メスカルの出品数が増加。
さらに、現地メキシコや海外からのゲストは総勢13名と、こちらも増加。公式機関であるメスカル規制委員会(CRM)の代表や、公式アンバサダー、そしてメスカルブランドのオーナーやプロデューサーなどが来日し、昨年よりコンテンツの量と濃さが増しました。

ゲストの一人であるフィル・ベイリーさん、昨年に続き2度目の参加

ゲストの一人であるフィル・ベイリーさん、昨年に続き2度目の参加

東京・大阪・名古屋のいずれの会場でも、インポーター各社による試飲ブースの他、ゲストらによるブースも登場。メスカル業界のキーパーソンと直接触れ合える貴重な機会とあってか、来場者は積極的にコミュニケーションを取っている様子でした。一方、ゲストらもとても楽しそうに会場の皆と交流を図っていたのが印象的でした。

エドゥアルド・ベラウンサラン氏が手がける「WAHAKA」

エドゥアルド・ベラウンサランさんが手がける「WAHAKA」

来場者とコミュニケーションを取るゲスト

ゲストは終始笑顔で来場者とコミュニケーションを取っていた

今回のイベントでは、100種以上のテキーラ&メスカルの飲み比べができただけではなく、ゲストやインポーターの担当者によるセミナーも開催。
全プログラムが無料で実施されたことに加え、ゲストが講師となったセミナーでは、日本ではまだまだ情報が少ないメスカルの特徴や歴史などの基礎情報や、大きなムーブメントとなっているメスカルの今が語られたとあって、参加者の多くがメモを取るなど学ぶ意識の高さが窺えました。

パロ・デ・コブレのオーナーによるブランドセミナー

日本でも流通している「パロ・デ・コブレ」のオーナーによるブランドセミナー

メスカルの今が語られたゲストによるセミナー

イベントゲストの一人で、世界的なアガベスピリッツ「AGAVE LOVE」の創設者兼CRMの公式メスカルアンバサダーを務めるフィル・ベイリーさんのセミナーでは「世界的に見て、アガベスピリッツは成長が著しい」と、全酒類の中でもとりわけ大きな成長を見せていることを挙げ、「テキーラはアガベの収穫に8年かかるが、メスカルに至っては(アガベの品種によっては)30年もかかるケースもある」と言い、製造環境や規模もテキーラとは異なるのだとか。
またその特徴については「(様々な品種のアガベが用いられる)メスカルは香りなど全てにおいて多様性があり、非常に複雑。ワインの“テロワール”のような考え方がメスカルにもある」と言い、そうした世界観や多様性が今、アメリカを中心に人気を呼んでいるだといいます。

フィルさんのセミナーの様子

フィルさんのセミナーの様子

一方、フィルさんとともにアンバサダーを務め、実際にメスカルブランドも手がけるエドゥアルド・ベラウンサランさんによれば「メスカルは1000年来の歴史を有する伝統的なスピリッツであり、そうした歴史が非常に複雑なメスカルの世界観を醸し出している。今や素晴らしいレストランにも置かれるようになっている」といいます。

エドゥアルドさんによるセミナーの様子

エドゥアルドさんによるセミナーの様子

そんなメスカルは、ストレートでゆっくり味わう飲み方の他、近年はメスカル版マルガリータ「メスカリータ」や、メスカルを使った「メスカル・ネグローニ」などのカクテルも人気を集めているのだとか。

日本メスカル協会の会長を務めるフェリー・カデムさんによるメスカルカクテルの講座

日本メスカル協会の会長を務めるフェリー・カデムさんによるメスカルカクテルの講座

テキーラはさることながら、メスカルの魅力も発信された今回のイベント。
日本でも、アメリカで制定された「National Mezcal Day」に倣い、CRMサポートのもと「メスカルの日(毎年10/21)」が制定されるなど、今後注目を集めそうです。

ギャラリー

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 注目のメスカル“ブエンスセソ”のプロデューサーに聞く「メスカルの今 注目のメスカル“ブエンスセソ”のプロデューサーに聞く「メスカルの…
  2. マルガリータ・レシピと作り方 自宅で作れる?テキーラカクテル「マルガリータ」レシピと作り方
  3. プレミアムテキーラとは ハリウッドで大流行!プレミアムテキーラとはどんなもの?
  4. テキーラ用チェイサー・サングリータとは テキーラ専用チェイサー?「サングリータ」とはどんな飲み物?
  5. 定番プレミアムテキーラ プレミアムテキーラ入門・おさえておきたいオススメ8銘柄
  6. “今味わっておきたい”世界で人気を集めるテキーラカクテル 5選 “今味わっておきたい”世界で人気を集めるテキーラカクテル 5選
  7. プレミアムテキーラ・プラビダ プレミアムテキーラ「プラビダ」の特徴・魅力を徹底解説!
  8. 味も違う?シルバー、レポサド、アネホなどテキーラのクラスを簡単比較 味も違う?シルバー、レポサド、アネホなどテキーラのクラス分けを簡…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP