定番テキーラ「クエルボ」をもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと

定番テキーラ「クエルボ」をもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと

嗜好品は、知識や情報があると楽しみ方の幅が広がるもの。

実は今、アメリカを中心に、世界を巻き込む大きなムーブメントとなっているテキーラ。
そのテキーラの世界において、抜群の人気と知名度を誇るのが「ホセ・クエルボ(以下、クエルボ)」です。

今回は、クエルボにまつわる「これだけは知っておきたいポイント」を4つご紹介。
それらを知ることで、今まで以上にクエルボを美味しく楽しめるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

1. カクテルやソーダ割りなど様々な飲み方で楽しめる

クエルボは様々な飲み方で楽しめます。
テキーラといえばショットで一気飲みというイメージを持つ方も少なくないかもしれませんが、実はアメリカなどではカクテルとして味わうテキーラが人気を集めています。
ショットもテキーラの楽しみ方の一つではありますが、特に若い世代では“古い飲み方”という見方も出てきているようで、美酒として味わうのが主流になってきているのだとか。

パロマ

「パロマ」はマルガリータに次いで世界で2番目に人気のあるテキーラカクテル (Drinks International調べ)

カクテルで特にオススメなのが「パロマ」。グレープフルーツと炭酸からなるこのカクテルは、低アルコールかつ柑橘の爽やかな味わいが特徴です。
様々なラインナップが展開されているクエルボなら、例えばカジュアルな価格帯のものはカクテルやソーダ割りで、ラグジュアリーボトルはウイスキーのようにじっくりと味わうというのも良いでしょう。

2. クエルボは200年の歴史をもつ“世界一”のテキーラ

クエルボ・エスペシャルのボトル

ワインやウイスキーなどと同じように、テキーラにも長い歴史があります。
その中でも、特にクエルボには長い歴史があり、ホセ・アントニオ・クエルボによって創業されたのは1795年。なんと200年以上前からテキーラ造りを始めていたのです。
その間職人たちは、もちろん“罰ゲーム用のお酒”ではなく、美味しく味わってもらうために切磋琢磨。今では販売量世界NO.1のテキーラブランドとして業界をリードしています。
歴史に想いを馳せながら味わうというのも、嗜好品ならではの楽しみ方でしょう。

3. 環境に優しい取り組みをしている

テキーラの原料となるアガベ

テキーラの原料となるアガベ

テキーラ業界全体で、環境保全やサスティナビリティ(持続可能性)の重要度が増す中、クエルボ社ではその活動の一環で「アガベ・ストロー」を製造しています。
これは主原料であるアガベ(多肉植物の一種)からテキーラを製造する際に出る“繊維”を廃棄せずに、独自加工でストロー化させたもの。
プラスチック製品よりも環境に優しいとして注目を集め、現在数百万本のアガベ・ストローがアメリカやメキシコのバーおよびレストランで使用されているそうです。
パーティーシーンのイメージが先行しがちなクエルボですが、地球の未来を見据え、環境に優しい取り組みをしているのです。

4. 味も値段もワンランク上のラインナップが多数ある

クエルボの主なシリーズ

クエルボの主なシリーズ

クエルボブランドの中で、最も飲まれているのはおそらく「クエルボ・エスペシャル」ですが、それ以外にもたくさんのラインナップがあります。
エスペシャルには、主原料のアガベの他、副材料が使用されていますが、それ以外のクエルボシリーズは、基本的にアガベのみを使用した「アガベ100%テキーラ」であるのが特徴で、もちろん味わいも変わってきます。

クエルボ・トラディショナル

クエルボ・トラディショナル

創業当時の製法に回帰したアガベ100%テキーラであり、ピュアな甘みとスムースな口当たりが特徴。
カクテルのベースとして最適な「シルバー」の他、ウイスキーのように樽で熟成(4ヶ月間以上)された「レポサド」があります。
アガベ100%テキーラとしてはとてもリーズナブルで、同カテゴリーの入門用としてもオススメです。

1800

正式にはクエルボとは別のブランドですが、「1800」もクエルボ社が手がけるブランドの一つです。
トラディショナルのワンランク上のシリーズにあたり、値段が少し上がりますが、その分味わいも洗練され、アガベ由来の甘みをより楽しめるのが特徴。
こちらはシルバーと、樽で6ヶ月以上熟成のレポサドの他、14ヶ月以上熟成させた「アネホ」があります。
アネホはまるでウイスキーのような色合いで、バニラのような甘い香りと深い味わいが特徴。じっくり味わうように楽しみたい一本です。

クエルボ・レゼルヴァ・デ・ラ・ファミリア

クエルボ・レゼルヴァ・デ・ラ・ファミリア

クエルボブランドの最上位クラスであたるのが「レゼルヴァ・デ・ラ・ファミリア」。
10〜12年もの歳月をかけて栽培されたアガベを厳選し、3年以上樽で熟成し造られるテキーラの最高峰で、リッチな甘みと長い余韻を楽しめるラグジュアリーな一本です。
樽熟成のないシルバータイプの「プラティノ」では、最高級アガベのフレッシュな甘みと滑らかな口当たりを堪能できます。

スポンサーリンク

今こそ味わってみては?

200年という長い歴史を持ちながら、環境に優しい最先端の取り組みも行う、世界NO.1のテキーラブランド・クエルボ。
それがテキーラという嗜好品である以上、味や飲み方だけでなく、その背景にも目を向けることで、楽しみ方の幅は広がることでしょう。

まずは数あるラインナップの中から好みの銘柄、好みの飲み方を探してみては?

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 「テキーラの日」イベントにハリウッド俳優のチャーリー・シーンがゲストとして来日! 「テキーラの日」イベントにハリウッド俳優のチャーリー・シーンがゲ…
  2. 超高級テキーラ・おすすめ8選 おすすめの超高級テキーラ8選!贈り物にも最適!
  3. テキーラ・値段の差の理由 高額&安価なテキーラ…値段の差が生まれるテキーラならで…
  4. オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅…
  5. 多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Celebration Party」 多くの来場者が美酒を堪能!写真で振り返る「テキーラの日 Cele…
  6. テキーラ選びのポイント ワンランク上のテキーラの選び方【産地編】
  7. テキーラ好きはモテる? イメージ急上昇中?「テキーラ好き」はモテるのか!?体験談から語る…
  8. アガベとは テキーラの原料「アガベ」とはどんなもの?【徹底解説】

おすすめ記事

国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ 国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ

LiquorPageではこれまでに、いくつかの国産クラフトジンの生産場所を訪ね、造り手にインタビュー…

スターバックスのトップバーテンダーに聞く、今大人気のコーヒーカクテルの魅力 スターバックスのトップバーテンダーに聞く、今大人気のコーヒーカクテルの魅力

心を豊かにさせる飲み物として、日々の生活の中で幅広く親しまれているコーヒーとお酒。実は今、これら…

焼酎の名門「尾鈴山蒸留所」がウイスキー造りを開始!造り手にインタビュー 造り手に聞く – 焼酎の名門が尾鈴山蒸留所で始めたウイスキー造りとは

黒木本店といえば「百年の孤独」や「㐂六(きろく)」などを手がける宮崎屈指の焼酎の造り手。別屋の尾鈴山…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP