世界一売れているバーボンは?バーボン世界売上ランキングTOP5【2020版】

世界一売れているバーボンは?バーボン世界売上ランキングTOP5【2020版】

バーボンウイスキーを飲んだことがある方なら“世界ではどんなブランドが人気なのか”気になったことがあるのでは?

アメリカでのみ生産が許されるバーボンですが、日本でも数多くのブランドが流通しています。
当記事では、英Drinks Internationalによる「THE SPIRITS RANKING 2020」を元に、世界におけるバーボンの売上(出荷数)ランキングの上位5ブランドをご紹介。

日本でもよく見かけるあのバーボンたちは、果たして世界でも人気があるのか、5位から順に見ていきましょう。

全カテゴリーのウイスキーの売上ランキングはこちら!
世界のウイスキー売上ランキングTOP30【2020版】

5位 ウッドフォードリザーブ / Woodford Reserve


売上(出荷数):100万ケース (ケースあたり9L換算)

バーボンの聖地、ケンタッキー州で最も長い歴史を持つ蒸溜所で造られる「ウッドフォードリザーブ」が5位にランクイン。
高価格帯のバーボンながらも毎年大きな成長を続け、2015-2019年の4年間でなんと2倍のボリュームに成長しています。
このバーボンの特徴は、通常バーボンの製造に用いる連続式蒸溜機ではなく、ポットスチル(単式蒸溜)を用いていること。大手バーボンとしては唯一であり、リッチなフレーバーを楽しめるプレミアムバーボンです。

4位 ワイルドターキー / Wild Turkey


売上:160万ケース

七面鳥のラベルでおなじみ、日本でもよく知られるバーボン「ワイルドターキー」が4位に。
長い間バーボンのトップブランドの一つとして高い人気を誇り、とうもろこしの比率が低い独自のレシピと、内側を強く焦がした新樽での熟成からくる力強い味わいを特徴としています。
詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

3位 ブレット バーボン / Bulleit Bourbon


売上:170万ケース

3位にランクインした「ブレット バーボン」は、ウッドフォードリザーブ同様に、高価格帯のプレミアムバーボンながらも急成長しているブランドです。
2015年の100万ケースから170万ケースにまで出荷数を伸ばしています。
ライ麦を多く使用した独自のバーボンで、その名はブランドを興したオーガスタス・ブレットの名に因んでいます。とりわけスムースな口当たりは、近年カクテルのベースとしても人気を集めています。

2位 メーカーズマーク / Maker’s Mark


売上:240万ケース

日本でもTVCMが放送されるなど、近年その人気を拡大させている「メーカーズマーク」が2位にランクイン。
バーボンの一般的な原料はとうもろこしとライ麦、大麦麦芽の3種ですが、メーカーズマークはライ麦の代わりに冬小麦を使用。それによって甘みを強く感じさせる滑らかな口当たりとなっており、バーボンとしては優しい味わいが人気を呼んでいます。
2015年の出荷数が160万ケースだったことを踏まえると、このブランドも急成長ブランドの一つと言えます。

1位 ジムビーム / Jim Beam


売上:1040万ケース

2位に4倍以上の差をつけてダントツの1位に輝いたのは「ジムビーム」。
1795年創業の老舗バーボンブランドであり、長い間トップに君臨。その軽やかな口当たりや、「ジムビーム ハニー」などラインナップの多さは人気の理由の一つです。
メーカーズマーク同様にサントリーの系列会社がオーナーのブランドで、こちらもTVCMが放送され一般的な居酒屋でも提供されるなど日本でも広く浸透しています。
その圧倒的なシェアを鑑みると、しばらくはトップの座は揺るがないでしょう。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ハイボールの起源とされるスコッチ「デュワーズ」はなぜ若年層に人気? ハイボールの起源とされるスコッチ「デュワーズ」はなぜ若い世代に人…
  2. 日本限定の希少銘柄!「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020」2種が3/30〜数量限定発売! 日本限定の希少銘柄!「ザ・グレンリベット シングルカスク 202…
  3. 2017年にもっとも飲まれたウイスキーランキングTOP100を一挙紹介!by「HIDEOUT CLUB」 2017年にもっとも飲まれたウイスキーランキングTOP100を一…
  4. 一部終売で話題のウイスキー「竹鶴ピュアモルト」がリニューアル!数量限定で3/31から販売 一部終売で話題のウイスキー「竹鶴ピュアモルト」がリニューアル!数…
  5. 日本最大のウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル2019 in 東京」が11/16-11/17に開催! 日本最大のウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル2019 …
  6. なぜ人気?熱狂的なファンを有するアイラ島のウイスキー「ブルックラディ」 なぜ人気?熱狂的なファンを有するアイラ島のウイスキー「ブルックラ…
  7. 白州蒸留所・見学レポート 白州蒸留所に行ってきた【見学レポート】
  8. グレンモーレンジィ・特徴と魅力 あのルイヴィトン系列のウイスキー「グレンモーレンジィ」その魅力に…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP