世界で最も値段が高いバーボンは?高額バーボンランキング TOP5

世界で最も値段が高いバーボンは?高額バーボンランキング TOP5

あらゆるお酒の中でも高級酒が多く存在することで知られるウイスキー。時折、目を疑うような価格で取引されたウイスキーがニュースになるなど、高級銘柄とその取引価格への関心は尽きないものです。
そこで今回は、ウイスキーカテゴリーの中から「バーボン」に的を絞り、世界で最も高額な銘柄TOP5を、価格と簡単な情報付きでご紹介!
なお、今回のランキングは世界の酒販店8万店舗以上の取引価格がデータベース化されたサイト「wine-searcher」を元にしています。

※データと価格は2017年時点のもの
※wine-searcherにオンリストされている銘柄が対象、価格はその平均値
※執筆時点のレートでドルを円に換算

5. ミクターズ 25年 シングルバレル / 55万円


出典:Michter’s 25 Year Old Single Barrel Bourbon Whiskey, USA|wine-searcher

ミクターズ蒸溜所は、1753年にペンシルバニア州で創業したアメリカで最も古い蒸留所。一度閉鎖されましたが、バーボンの聖地とされるケンタッキー州ルイヴィルに拠点を移して復活。そこで現在も造られています。
「コストは度外視」をモットーに、手間を惜しまず造られており、バーボンの他、ライなど手がけるウイスキーは高級品として人気を博しています。その中でも、スコッチなどと比べ熟成が早くバーボンの世界においては極めて異例の“25年”という長期熟成のシングルバレルは、とても貴重な品ということもあり50万円を超える価格で取引されています。

4.オールド・リップ・ヴァンウィンクル ファミリー・リザーブ 16年 / 69万円


出典:Old Rip Van Winkle Handmade Family Reserve 16 Year Old Kentucky Straight Bourbon Whiskey, USA|wine-searcher

オールド・リップ・ヴァンウィンクルは、バーボン好きの方なら知ってるであろう高級銘柄。ヴァンウィンクル一族が生み出したブランドで、PRをあまりせずとも、その高い品質によって自ずと知れ渡っていったとされています。
2002年より、バッファロートレース蒸溜所に拠点を移して製造。「パピーズ・ヴァンウィンクル」や「ヴァンウィンクル」など姉妹ブランドがありますが、中でもこのファミリー・リザーブ16年は、貴重な一本として70万円前後で取引されています。

3.バッファロートレース O.F.C 25年 / 116万円


出典:Buffalo Trace Distillery O.F.C. Old Fashioned Copper Bourbon Whiskey, Kentucky, USA|wine-searcher

ケンタッキー州フランクフォートに拠点を置くバッファロートレース蒸溜所。「ジョージ・T・スタッグ」や「イーグルレア」などプレミアムバーボンを数多く手がけることで知られるこの蒸溜所のフラッグシップブランドがバッファロートレースです。
量より質にとことんこだわり、その野生的な名前とは裏腹にエレガントな甘味を感じさせることから、ここ日本でも人気のブランドです。その最高峰であるO.F.Cは旧蒸溜所名を冠した銘柄で、ハンドカットされたクリスタルボトルに身を包んだ正真正銘のプレミアムバーボンです。

2.オールド・リップ・ヴァンウィンクル 25年 / 215万円


出典:Old Rip Van Winkle 25 Year Old Kentucky Straight Bourbon Whiskey, USA|wine-searcher

オールド・リップ・ヴァンウィンクルの最高級銘柄であり、711本限定でリリースされた超貴重な一本がこちらの25年。その稀少性により、バーボン業界では異例とも言える200万円超えの価格で販売されています。
1989年に蒸溜され当時ヴァンウィンクル家が所有していたスエッツ・ウェラー蒸溜所にて静かに熟成。その後2002年バッファロートレース蒸溜所に移して熟成されています。
11樽という数少ない樽から瓶詰めされており、本来ならバーボン樽1樽あたり250本前後瓶詰めできる計算のはずが、この銘柄は1樽60本前後しか採れていません。それだけ長年の熟成によって原酒が揮発(天使の分け前)しているということです。

1.ダブル・イーグル・ベリー・レア 20年 / 221万円


出典:Eagle Rare ‘Double Eagle Very Rare’ 20 Year Old Kentucky Straight Bourbon Whiskey, USA|wine-searcher

バッファロートレース蒸溜所にて造られる高級バーボンブランド「イーグルレア」。その中でも最高熟成年数となる20年熟成の銘柄がダブル・イーグル・ベリー・レアです。
299本しか生産されていない超稀少な銘柄で、クリスタルガラス製のデカンタの中には、同ブランドのアイコンである鷲の彫刻が施されているとてもラグジュアリーな一本です。
その稀少価値ゆえにバーボンとしては最も高価な221万円という値札がつけられ、ワイン界の巨星「ロマネ・コンティ」にも迫る価格となっています。

以上の高額バーボンランキングを振り返ってみると、なんとバッファロートレース蒸溜所で造られるブランドがTOP4を独占という結果に。
プレミアムブランドを多くて手がける蒸溜所として、いかに素晴らしいかが伺い知れます。

出典:The World’s Most Expensive Bourbons|wine-searcher

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 一度は挑戦したい“世界最強”のスモーキーウイスキー「オクトモア」…その凄さを簡単解説 一度は挑戦したい“世界最強”のスモーキーウイスキー「オクトモア」…
  2. バーボンの定義とは バーボンウイスキーの定義解説〜他のウイスキーとの違いを知る
  3. ウイスキー用のおすすめグラス[ストレート用] ウイスキー用におすすめのグラス8選【ストレート用】
  4. 単式蒸留と連続式蒸留 単式蒸留と連続式蒸留の違いとは?初心者向けに簡単解説!
  5. 白州蒸留所見学レポート Part.2 白州蒸留所に行ってきた【場内BAR・他施設レポート】
  6. アラン島で造られる唯一のウイスキー「アラン・モルト」その魅力に迫る アラン島唯一の蒸留所が手がけるウイスキー「アラン・モルト」その魅…
  7. ピートとは? ウイスキーでよく聞く「ピート」の正体とは?意味と役割を解説
  8. 熱狂的ファンを持つスモーキーウイスキー「アードベッグ」の特徴を簡単にご紹介! 熱狂的ファンを持つスモーキーウイスキー「アードベッグ」の特徴を簡…

おすすめ記事

広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催! 広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催!

水の都として世界的に知られるイタリアのベネチア市、そして中国地方最大の都市・広島市が友好協力関係にあ…

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP