動画でカクテルを知ろう!バーテンダーによるカクテルの動画チャンネルを4つご紹介

動画でカクテルを知ろう!バーテンダーによるカクテルの動画チャンネルを4つご紹介

ここ最近、現役バーテンダーによるカクテルの解説・レクチャー動画のチャンネルが増えています。カクテルのプロによる発信ながらも、初心者の方でも楽しめる動画も増えてきており、その内容は実に様々です。
系列サイトのLiquorPage CLUBでは、そうしたカクテルが好きな人のタメになる動画チャンネルをご紹介しています。今回は、その中から、カクテルを知りたい方に特にオススメのチャンネルを4つに厳選しご紹介!
カクテルが好きな方、興味ある方は、ぜひチェックしてみてください!

1. Bar Tenderly チャンネル

Bar Tenderly チャンネル

東京、巨匠に会えるバー15選(TimeOut)」に選出されたバー「Bar Tenderly」のオーナーバーテンダーであり、PBOの理事も務め、世界最大規模の大会の審査員も歴任するなど日本を代表するバーテンダーの一人でもある宮崎優子さんが運営・出演するYouTubeチャンネルです。
チャンネルでは、クラシックカクテルからノンアルコールカクテル、おうちカクテル、そしてバーマナーまで、様々なテーマの解説・レクチャー動画を配信しています。「氷を使わない 角ハイボール 神戸ハイボール 一流バーテンダーの教える作り方」と題した動画は55万回再生されるなど、今や人気のバーチャンネルです。
毎日のように動画は更新されており、日々新しいコンテンツを楽める他、3〜5分前後の動画が多く、気軽にチェックできるのもポイントです。

動画チャンネルページはコチラ
Bar Tenderly チャンネル/LiquorPage CLUB

2. BAR TIMES チャンネル

BAR TIMESチャンネル

日本を代表するバー業界のWEBメディア「BAR TIMES」が運営するYouTubeチャンネルです。
こちらのチャンネルでは、国内外のトップバーテンダーが出演し、カクテルをメイキングする動画を中心に配信。運営歴が長く、専門性も高いことからバー業界内では絶大な支持を誇ります。
トッププロによるカクテルメイキングは、そのレシピや見た目の創造性の高さはさることながら、美しい所作も見ていて楽しいポイントの一つです。
動画のクオリティも高く、バーテンダーの方はもちろん、そうでない方にもオススメのチャンネルです。

動画チャンネルページはコチラ
BAR TIMES チャンネル/LiquorPage CLUB

BAR TIMES HOME

BAR TIMESの中でも、家飲みに特化した動画は「BAR TIMES HOME」のコンテンツとして配信されています。
“おうちカクテル”の紹介が中心で、現役のバーテンダーらが考案したカクテルでありながらも、専門的な素材や器具がなくとも簡単に創作できるカクテルが紹介されています。
おうちカクテルをもっと楽しみたい方に特にオススメです。

3. CRAFT倶楽部 / BAR ROBROY (ジャパンバーテンダースクール)

CRAFT倶楽部 / BAR ROBROY (ジャパンバーテンダースクール)

千葉に2店舗構える「BAR ROBROY」や、東京と京都にお店を構える「CRAFT倶楽部」などの運営グループが展開する「ジャパンバーテンダースクール」のYouTubeチャンネルです。
ジャパンバーテンダースクールはその名の通りバーテンダーの養成学校で、チャンネルではカクテルのメイキング動画はもちろんのこと、シェイクの方法などバーテンダーとしての技術やノウハウについての解説など、バーテンダーとしてためになる動画が配信されています。
最大の特徴は、動画の各ポイントがとても丁寧に解説されていること。5〜10分前後の動画が多く、プロ・アマ問わずしっかり技術をインプットしたい方やカクテルに磨きをかけたい方にぴったりです。

4. LiquorPage CLUB チャンネル

LiquorPage CLUB チャンネル

LiquorPage CLUBのYouTubeチャンネルでは、zoomを使用した“オンライン座談会”の様子を配信しています。
毎回異なるテーマで、著名なバーテンダーなど3名をゲストに、テーマのお酒についての情報発信やおうちカクテルの実践などを収録。30〜60分前後の長編動画ですので、お酒を飲みながらゆっくりご覧になるのがオススメです。
その中でもプレミアムミキサー(割材)ブランドとして知られる「フィーバーツリー」の座談会動画では、ブランドアンバサダーの深水稔大さんの他、2名のバーテンダーをゲストに、フィーバーツリーを使ったおうちカクテルを6種類作っていただいています。
ミキサーへの理解がカクテルへの理解をより深めることは間違いありません。

動画チャンネルページはコチラ
LiquorPage CLUBチャンネル
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 世界でバーの人気の“ジンカクテル”ランキングTOP5【2019版】 世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTOP5【2019版…
  2. “今味わっておきたい”世界が注目するウイスキーカクテル 5選 “今味わっておきたい”世界が注目するウイスキーカクテル 5選
  3. ラムベースカクテル バーで飲みたい「ラム」を使った代表的なカクテル8選!
  4. テキーラサンライズ・作り方とレシピ 超人気カクテル「テキーラサンライズ」のレシピと作り方
  5. おうちで日本一のカクテルを楽しむチャンス!「ALIVIO」がボトル商品として予約販売を開始 おうちで日本一のカクテルを楽しむチャンス!「ALIVIO」がボト…
  6. ジントニックブーム 今年はジントニックが流行る!?NEWスタイル・ジントニックの魅力…
  7. 気軽に超本格的なカクテルを体験!“東京カクテル7デイズ”をレポート 気軽に超本格的なカクテルを体験!“東京カクテル7デイズ”をレポー…
  8. 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?TOP5を発表! 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?閲覧数ラン…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP