人気のテキーラ「オルメカ・アルトス」のカクテルコンペが開催!優勝者は山川俊太氏、西山圭氏の2名!

ALTOS BANDERA Competition

各地で様々なテキーラ関連のイベントが開かれるようになりつつある昨今。
5/14(月)に人気のアガベ100%テキーラ「オルメカ・アルトス」のカクテルコンペティション、「オルメカ アルトス バンデラ プログラム」の国内ファイナルが開催されました。

昨年日本に上陸したばかりのオルメカ・アルトスのカクテルコンペティションが、日本でも開催されるのは今年が初。
山川俊太氏(Cocktailante OBORO、東京)と、西山圭氏(WONDERMENT Dining Bar、大阪)の2名が見事優勝し、日本代表として今後行われる世界大会に臨みます。

当記事ではコンペティションについて簡単に振り返っていきます。

※記事末尾にてギャラリーをご覧になれます。
スポンサーリンク

オルメカ・アルトスとは?

まずオルメカ・アルトスについても少し触れておきましょう。

オルメカ・アルトス

オルメカ・アルトスは日本でも人気のテキーラ“オルメカ”のアガベのみを原料とした、アガベ100%テキーラシリーズ。

オルメカ・アルトスとは、以前から日本でも人気のあるテキーラ、オルメカのアガベ100%テキーラシリーズ。
いくつものカクテルコンペティションで優勝経験を持つ英国人トップバーテンダー、ドレ・マッソ氏とヘンリー・ベサント氏、そしてオルメカテキーラのマエストロ、ヘスス・エルナンデス氏らの英知が結集し、「バーテンダーによるバーテンダーのためのテキーラ」として誕生しました。

糖度が高いアガベが採れることで知られるハリスコ州ロスアルトスにて造られており、伝統製法であるタオナ方式と、ローラーミル方式を併用する革新的な製法にて造られています。
上質な造りをしていながら、比較的リーズナブルな価格で楽しめるのが大きな魅力です。

オルメカ・アルトスのプロデューサー、ドレ・マッソ氏

オルメカ・アルトスのプロデューサー、ドレ・マッソ氏

オルメカ・アルトスのバンデラ・コンペティション

今回のコンペティション、「オルメカ アルトス バンデラ プログラム」はアルトス・バンデラというカクテルがテーマ。

バンデラとは、メキシコの3色の国旗をモチーフにした、緑(ライムジュース)・白(テキーラ)・赤(トマトジュースベースのサングリータ)の3つをショットグラスで提供するカクテルです。それぞれを少しずつ口に含んで楽しめます。
(バンデラとはスペイン語で旗や国旗を意味する)

アルトス・バンデラ

アルトス・バンデラはメキシコ国旗をモチーフにしている。

各出場者がオリジナルのアルトス・バンデラを作成し、ドレ・マッソ氏と、出場するバーテンダーらが自ら審査員となるユニークな方法で優勝者を決めます。

出場者は以下の7名です。

  • 伊藤雅浩氏(R∀GE COFEE BAR GINZA PLAZA、東京)
  • 高橋隆弘氏(Bar 漆、東京)
  • 中村真氏(Bar 32、東京)
  • 七海豊和氏(Bar FILL UP、東京)
  • 山川俊太氏(Cocktailante OBORO、東京)
  • 西山圭氏(WONDERMENT Dining Bar、大阪)
  • 左居宗礼氏(Bar Kilin、大阪)

カレーや枝豆などを使った独創的なアルトス・バンデラの数々

今回のコンペティションは、各出場者がプレゼンを行い、その後カクテルをメイキングしていきます。
各出場者、テキーラを愛する一流のバーテンダーとあって、それぞれカクテルのコンセプトが素晴らしく、使用される素材一つ一つにこだわりがあります。
なかにはグリーンカレーや枝豆のペーストなど、ユニークな素材を使用するバーテンダーも。

山川俊太氏(Cocktailante OBORO、東京)

優勝した山川俊太氏のアルトス・バンデラには枝豆のペーストも使用された。

そうして造られるアルトス・バンデラは、いずれもしっかりとメキシコ国旗を模しており、見た目も味も素晴らしいカクテルでした。

スポンサーリンク

優勝者のカクテル

優勝した山川俊太氏と西山圭氏。

左から、山川俊太氏(Cocktailante OBORO)、ドレ・マッソ、西山圭氏(WONDERMENT Dining Bar)

その中で見事優勝し、日本代表に選ばれたのは山川俊太氏(Cocktailante OBORO、東京)と、西山圭氏(WONDERMENT Dining Bar、大阪)の2名。
山川俊太氏のアルトス・バンデラは、緑は枝豆のペーストなどを使用し、白は生クリームや卵白の他に綿あめを使用、赤はイチゴなどを使用し、メキシコ国旗が表現されました。
“カクテルをアートにして、コースで出すバー”がコンセプトのお店に立つ同氏による、クリエイティブなカクテルでした。

山川俊太氏

アルトス・バンデラをメイキングする山川俊太氏。

一方、西山圭氏のアルトス・バンデラは、緑はグリーンカレーなどを使用し、白はアルトスの他、アガベシロップなどを使用、赤はハイビスカス&パイナップルのシュラブ(フルーツなどを漬け込んだラム)などが使用されました。
“WONDERMENT(驚きあるもの、感動すべきもの)”がコンセプトのお店に立つバーテンダーだけあって、驚きの素材が見事に活かされていました。

西山圭氏

アルトス・バンデラをメイキングする西山圭氏。

今後優勝者2名は、同コンペティションの世界大会にあたる「タオナ ソサエティ 2018」に日本代表として臨みます。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。WEB制作面で酒類イベントに携わることも多い。

関連記事

  1. おすすめのレポサドテキーラ おすすめのテキーラ厳選6選【レポサド編】
  2. 「テキーララウンジ@イセタン メンズ」で大好評!トップバーテンダーらによる15カクテルを一挙ご紹介 「テキーララウンジ@イセタン メンズ」で大好評!トップバーテンダ…
  3. ドンフリオはなぜ人気? プレミアムテキーラの金字塔「ドンフリオ」人気のワケと魅力とは
  4. Why shake? バーテンダーはなぜカクテルを作る際にシェイクするのか?
  5. テキーラの「12年」を見ないワケ 12年物のテキーラは存在しない?長期熟成のテキーラが少ないワケ
  6. ジントニックブーム 今年はジントニックが流行る!?NEWスタイル・ジントニックの魅力…
  7. テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」 テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」でHOTな情報を手に…
  8. テキーラ好きはモテる? イメージ急上昇中?「テキーラ好き」はモテるのか!?体験談から語る…

おすすめ記事

日本のクラフトジン・25ブランドまとめ【2018年12月最新版】 日本のクラフトジン・全28ブランドまとめ【2019年1月最新版】

世界的なクラフトジンブームにより、近年、日本でもクラフトジンが盛んに造られるようになりました。…

世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10 世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10

日本はもちろん、世界中で様々なカクテルが楽しまれています。「世界のバーでは今どんなカクテルが人気…

クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた

クラフトビールやクラフトコーヒーなど、様々な“クラフト”に注目が集まる中、クラフトジンも注目され始め…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP