今流行りのお酒「ジン」…カクテル以外の美味しい飲み方とは?

ジンのカクテル以外での飲み方とは

今ジンが世界的なブームとなり、日本でも流行し始めているのはご存じでしょうか?
ここ最近ではテレビなど一般メディアでも、取り上げられるようになり、ウイスキーのように今後さらなるブームが期待されます。

そのジンといえば「ジントニック」や「マティーニ」といった超有名カクテルに使用されていることから、「カクテルのお酒」とみなされることもしばしば。
そのため、カクテル以外でのジンの飲み方についてはあまり知られていません。

今のジンブームの中で、家でも気軽にジンを味わいたいという人も増えていることでしょう。
そこで本記事ではカクテルを除く、ジンの美味しい飲み方をご紹介していきます。

【トップ画像撮影店舗:カクテルワークス神保町店】

スポンサーリンク

ジンは「カクテルのお酒」のイメージが強いが…他の飲み方とは

冒頭で述べたようにジンは「カクテルのお酒」とイメージしている人は多いと思います。
カクテルの帝王と呼ばれる「マティーニ」や、誰もが一度は味わったことがある「ジントニック」それにギムレットや気軽なものだとジンライムなど、ジンを使用したカクテルは数え切れないほどあります
例えばカクテルのレシピ本でも、一番ページ数が多いのがジンという状態です。

そのためカクテル用のイメージが強く、他の飲み方があまり知られていないのです。

カクテル用として汎用性が高いのはバーテンダーとしてはありがたいかもしれませんが、そうでない一般の人からするとカクテルは気軽に作れるものではありませんし、家でカクテルとなると少々ハードルが高く感じてしまいます。

しかし実は、ジンはもっと気軽に味わえます
例えばウイスキーと同じように、実はジンもロックやストレートなど、そのまま味わっても美味しいお酒なのです

(左から)コーヴァル、ジークフリート、モンキー47はいずれもここ数年リリースされたジン

実はジンもそのまま飲んでも美味しいお酒。@good meals shop渋谷店

ジンがロックやストレートなどそのまま飲んでも美味しい理由

ジンをロックやストレートといったようにそのままで味わうと言われても、あまりピンとこないかもしれません。
「それ本当に美味しいの?」と思う人も少なくないかもしれません。

しかし、筆者が思うにジンはむしろウイスキーや焼酎などよりジンの方がそのまま飲んで美味しいお酒だと感じています。
その理由は「ジンの香り高さ」にあります。

ジンについては、そもそもどういったお酒なのかすらあまり知られていないのですが、ジンはあらゆるお酒の中で最も香り高いお酒と言えるでしょう。
ジンはベースとなるスピリッツに、ハーブや果皮、スパイスなどの「ボタニカル」をいくつか加え風味づけされたお酒。
使用されるボタニカルは、例えば香水に使用されたり、ハーブティーやアロマオイルに使用されたり、はたまた料理の香味づけに使用されたりと、香りの良さで有名なものばかりです。

ジンに使用されるボタニカル

上から時計回りに、カルダモン、コリアンダーシード、ジュニパーベリー、アンジェリカルート。これらはジンによく使用される。

このことからジンは「飲む香水」とも言われており、とりわけ香り高いお酒なのです。

香りをかんじる嗅覚は第二の味覚とも言われており、香り=味ともされています。(鼻をつまむと味を感じないのはこれが理由)
要するに香りが良いジンは、そもそも味もよく、ロックやストレートといったようにそのまま飲んで美味しくないわけがないのです。

冷やすとより飲みやすくなる

筆者イチオシの飲み方は常温のストレートですが、氷を入れたロックやキンキンに冷えたストレートなどの方が味が締まり、アルコールの刺激も感じにくくなるため飲みやすくなります

キンキンに冷やす場合、家の(冷蔵庫ではなく)冷凍庫で冷やすのがおすすめ。
冷凍庫に入れてもジンのアルコール度数の関係で凍ることがなく、トロリとした状態のジンになります。

これをそのまま飲むのも中々美味しいです。

トニック割りやソーダ割り、トワイスアップなどの飲み方もおすすめ

ここまでロックやストレートといったジンを割らずに味わう飲み方をおすすめしましたが、ジンはアルコール度数が40度以上と高いお酒です。
さすがにそのままではきついと感じる人も多いでしょう。

その場合、王道ですがトニックウォーター割り(ジントニック)やソーダ割りがおすすめ。
割ることによってアルコール度数が10度前後に下がり、また、トニックウォーターやソーダで割るだけなので、家でも気軽に実践できる飲み方です。

自分で作るジントニックはきっと美味しいはずです。

もしジン本来の味をもっとしっかり味わいたいのであれば、トワイスアップという飲み方がおすすめ。
これはお酒1:水1、つまりお酒と水が半々の飲み方で、水を加えることでアルコール度数は20度前後に下がりますが、ジン本来を味を崩さない飲み方です。
ウイスキーテイスティングなどで必ず用いられる本格的な飲み方ながら、ただ水を加えるだけなので簡単に実践できます。

スポンサーリンク

まとめ

最後にざっくりとまとめると…

  • ジンは「飲む香水」とも言われる、とりわけ香り高いお酒。
  • なのでロックやストレートなどそのまま飲んでも美味しい。
  • とはいえ度数が高いのでトニック割り、ソーダ割り、トワイスアップもおすすめ。

カクテル以外の飲み方、つまりは自宅での飲み方があまり知られていないジンですが、他のお酒同様そのまま飲んでも美味しいお酒です。
さらにいうと、いかなるお酒に正解の飲み方は存在しないため、飲み方は人それぞれ自由です。
どんな奇抜な飲み方でも本人が良いと思うなら、それで良いと思います。

今後さらなるブームが期待されるジン。
ぜひ色々な飲み方を試してみてください。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. クラフトジンが流行る理由 世界で話題のクラフトジンが日本でも流行る3つの理由
  2. ジャパニーズクラフトジン・特徴と魅力 流行りのお酒「ジャパニーズクラフトジン」特徴から“魅力”をひも解…
  3. 日本の心をもった英国のクラフトジン「こころ」が日本に上陸!その魅力に迫る 日本の森の素材を活かした英国産クラフトジン「こころ」が発売!その…
  4. GINfest. TOKYO 2018 国内外のジンが大集合!絶好のロケーションでジンを楽しめる「GIN…
  5. “タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の可能性に迫る “タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の…
  6. 沖縄クラフトジン「MIZUHO」 沖縄発トロピカルなクラフトジン「MIZUHO」が数量限定発売!そ…
  7. クラフトジンの流行にはウイスキーブームが関係している?
  8. ジンの製造工程 ジンの基礎講座〜ドライジンの製造工程を簡単に解説!

おすすめ記事

テキーラとウイスキーなど他のお酒は何が違う?4つのポイントを簡単解説 テキーラとウイスキーなど他のお酒は何が違う?4つのポイントを簡単解説

「そもそもテキーラとウイスキーとか他のお酒って何が違うの?」多くの人が一度は味わったことがあるテ…

あるものを加えるだけでジン&トニックが美味しく、しかもSNS映えするようになる! “あるもの”を加えるだけでジン&トニックが美味しく変化!しかもSNS映えするように…

近年、クラフトのムーブメントによって日本でも注目を浴びるようになったジン。そんなジンといえば、ジ…

海外から豪華ゲストが来日!東京・大阪・名古屋でテキーラ&メスカルの祭典を10月に開催! 海外から豪華ゲストが来日!テキーラ&メスカルの祭典が東京・大阪・名古屋で10月に開催!

テキーラやメスカルなど様々なアガベスピリッツが、メキシコを中心に造られ、世界中で親しまれるようになっ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP