クラフトジンを飲む前に知っておきたい、その台頭を支えた伝説的なジンたち

クラフトジンを飲む前に知っておきたい、その台頭を支えた伝説的なジンたち

近年何かと“クラフト”に注目が集まる中で、ジンもまた“クラフトジン”が世界的にもてはやされるようになっています。
日本も含め、ここ数年で数え切れないほどのクラフトジンとされるブランドが登場していますが、大きなムーブメントの裏には、その土台を創った伝説的な英国ジンの存在があります。
いずれも世界的なシェアを誇る大きなブランドで、ご存じの方も多いかもしれませんが、それらへの理解なくして、クラフトジンとは何かを知ることはできません。
そこで今回は、クラフトジンのムーブメントへと繋がるジンの歴史を創った英国のジンブランド5つをご紹介します。

ゴードン

ゴードン

1769年にアレキサンダー・ゴードンが創業した「ゴードン」。
ジンクレイズ(ジンの暗黒時代)後のロンドンで、ジンの汚名を返上すべく努力を重ねることで質の高いジンを生み出すことに成功。また、ジンがまだ匿名に売られていた時代に、信頼性を高めるべくボトルにブランド名を記して売り出した初めてのジンともされています。
そうした功績が認められ、ジンとしては初めて英国王室御用達の認可を取得するなど、業界の発展やジンの地位向上に大きく貢献。現在も、(グローバルブランドとしては)世界で最も売り上げるブランドとして、ジンの普及に貢献しています。

ビーフィーター

ビーフィーター

1820年に薬剤師だったジェームズ・バローの手によって産声をあげた「ビーフィーター」は、ロンドン塔の近衛兵・ヨーマンウォーターズの愛称がブランド名となっており、ラベルに描かれた兵士の姿はブランドのシンボルとなっています。他ブランドが拠点を移転させる中、創業以降ロンドンの地で造り続け、ジンの聖地がロンドンであることをアピールしてきました。
その味わいはバランスに優れ、クラフトジンが持てはやされる今もなお、ジンの王道として多くのバーでカクテル作りを支えています。

タンカレー ナンバーテン

タンカレー ナンバーテン

「タンカレー」は、1830年にチャールズ・タンカレーが創業しました。
2000年に発売された「ナンバーテン」は、小型蒸溜器タイニーテンを使用した少量生産のプレミアムジン。そのエレガントな味わいは発売後すぐに人気となり、プレミアムなお酒としてのジンを世界に広めました。
また、シェイカー型のそのボトルは、ジンがバーカルチャーを支える重要なお酒であることをアピールしています。

ボンベイ・サファイア

ボンベイ・サファイアのボトル

1761年創業のウォーリントン・ドライ・ジンを前身とする「ボンベイ」ブランドのフラッグシップ「ボンベイ・サファイア」。
1987年、ジン業界全体が深刻な低迷時期にあった中で誕生したこの銘柄は、鮮やかなブルーのボトルに身を包み、当時古臭いとも見られていたジンのイメージを覆すことに成功。また、使用するボタニカルを公開しないことが当たり前だった時代に、それを公開し、10種のボタニカルは全てボトルの側面にデザインとして施しました。そうしてジンが「ボタニカルの酒」であることを世間に知らしめました。
革新的なボンベイ・サファイアの登場は、低迷期を脱したキッカケともされているなど、ジン業界に大きな変化をもたらしたハイライトの一つです。

ヘンドリックス

ヘンドリックス

スコットランドで誕生した「ヘンドリックス」は、ジンのもつ可能性を知らしめたブランドです。
1999年に発売されたこのブランドは、通常の香りづけのボタニカルの他に、バラとキュウリのエキスを加えるという斬新な手法で造られています。当時はどちらの素材もジンでの使用例はほぼないに等しく、素材選びに自由が効くジンの可能性に、飲み手だけでなく、造り手も気づかされました。
クラフトジンの大きな特徴の一つとして、ユニークなボタニカルの使用が挙げられますが、その流れを作ったのがヘンドリックスだったのです。
語りたくなるユニークな特徴、そしてその華やかな味わいから瞬く間にヒットし、高級なジンでありながらも今や世界で6番目に売れているブランドへと成長しています。

まとめ

こうした先駆者たちがジンの歴史を作り、また、革新を起こしてジンの新たな可能性を知らしめました。
それらが強固な土台となり、英国におけるクラフトジンのパイオニアとされる「シップスミス」や、47種ものボタニカルを使用した「モンキー47」、地元の素材に特化した「ザ・ボタニスト」など、今現在クラフトジンとして人気を集めるブランドの誕生を後押ししました。これらのブランドなしにクラフトジンの台頭はありえなかったと言っても過言ではないでしょう。
クラフトジンが持てはやされる今だからこそ「そもそもジンとは何なのか」味わいながら確かめてみては?

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. クラフトジン専門店・東京 東京でクラフトジンを味わうならココ!私がオススメする2つの名店を…
  2. クラフトジン・ヘンドリックス ヘンドリックス…クラフトジンのパイオニア的銘柄を徹底解剖
  3. 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISKY&SPIRITS FESTIVAL 2019」が12/8に開催! 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISK…
  4. ジンベースカクテル バーで飲みたい「ジン」を使った代表的なカクテル8選!
  5. ローンウルフのジントニック缶が発売!その中身が本格的すぎる! ローンウルフのジントニック缶が発売!その中身が本格的すぎる!
  6. 造り手に聞く – 「酒食堂 虎ノ門蒸留所」と「COMMON ジン」の誕生秘話 造り手に聞く – 東京産のジン「COMMON」と「虎ノ門蒸留所」…
  7. 季のTEA(KI NO TEA)・特徴と魅力 季の美のお茶香る限定クラフトジン「季のTEA」の魅力に迫る
  8. ボトルデザインで選ぶクラフトジン厳選7選 ついつい見惚れてしまう!ボトルデザインで選ぶクラフトジン厳選7選…

おすすめ記事

トップバーテンダーが手がける“クラフト・ジントニック”のための蒸溜所プロジェクトが始動!

シンプルなカクテルながら、その爽やかな香りと洗練された口当たりに、バーで味わうジン&トニックに癒され…

造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売! 造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売!

この度、洋酒専門の酒販店・株式会社千雅とLiquorPage(当メディア)は、国産ジンが造り手が一つ…

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP