日本酒の「熱燗は酔いやすい」は本当か?

熱燗は酔う?

「熱燗は酔いやすい」
お酒をよく飲まれる方なら一度は聞いたことがあると思います。

実際にそう感じた方も少なくないかもしれません。

お酒が強い方は気にならない問題かもしれませんが、それほど強くない方にとってはとても気になる問題ですよね。

そこで本記事では、実際のところ熱燗は酔いやすいのかどうか、さらには冷酒だとどうなのか、について迫っていきます。

参考記事:秋津壽男“どっち?”の健康学「春の晴天時に冷たいビールは要注意 “熱燗におでん”が最高の組み合わせ」

なぜ熱燗は酔いやすく感じるのか?

まず、「熱燗は酔いやすいは本当なの?」という疑問について…
これについては、やはり酔いを感じやすい傾向にあるようです。
筆者もまさにその一人です。

では熱燗ではなぜ酔いを感じやすいのか?
それは温かいお酒を飲むことにより、体の中が温められ、胃の中でのアルコールの吸収を早めているからと言われています。

人間は温かい方がより活動的になり、代謝も良くなります。
代謝が良くなると、内臓も活動的になりますから、お酒のアルコールの吸収が早くなるわけです。

アルコールの吸収が早まることで、酔いやすく感じるわけですが、言い換えれば、自分自身で酔いの加減が分かる、ということです。
良い加減が分かることで自分で適量をコントロールしやすくなります。

冷酒は酔いを感じにくいが…

日本酒の冷酒

熱燗とは対照的に、冷酒の場合、酔いは感じにくくなります。
こちらは体が中が冷えることにより、アルコールの吸収が遅くなるというわけですね。

しかし、吸収が遅いとはといっても、分解しなければいけないアルコールの総量は変わりません
後からしっかり酔いはやってくるわけです。
さらに、キンキンに冷えたお酒はおいしく感じるので、ついつい飲み過ぎてしまう傾向があります。

つまり冷酒は、酔い具合を自覚しにくいため、悪い酔いを招きやすくなるということです。
さらには、飲みすぎてしまってアルコールの分解が追いつかなくると、二日酔いの元にもなります。

まだまだ飲めると勘違いして、酔いを自覚した頃には急激に酔いが回り始めて、結果的には記憶をなくしている…
なんて経験ありませんか?
(筆者は何度も何度もあります…)

これは、冷たいお酒の飲み過ぎが原因かもしれませんね。

しかしながら、何も冷酒や冷えたお酒がいけないわけではありません
確かに熱燗と比べると悪酔いを招きやすいのかもしれませんが、悪酔いのそもそもの原因は「飲みすぎ」です。

お酒はゆっくり適量を飲むのが一番

熱燗にしろ冷酒にしろ、飲みすぎては悪酔いしてしまいます。
それを防ぐには、ゆっくりと飲むように心がけるのが良いですね。

酔いを感じにくい冷酒でも、ゆっくり飲めば、酔い具合を知ることができますし、適量をコントロールしやすくなります
結果的に飲み過ぎを防げるので、悪酔いや二日酔いを防ぐことにも繋がります。

それから、お水などのチェイサーと一緒に飲むようにすると良いですね。
そして食事もしっかり摂りながら飲むと、口寂しさがなくなるので飲むペースを抑えることができます。

これは広く言われていることですが、結局は、お酒は適量を楽しむのが一番ということですね。

まとめ

まとめると…

  • 熱燗は酔いやすいがコントロールしやすい
  • 冷酒は酔いを感じにくくコントロールしにくい

ということです。

ただ、繰り返しになりますが、冷酒がいけないわけではありません。
そもそも、日本酒のみならず冷えているお酒の方が多いですから、冷たいお酒NGでは無理がありますね。
それらをゆっくり適量を飲めばいいのです。

ちなみに…
筆者は、ついつい飲みすぎてしまう傾向があったのですが、飲みに行く前に「二日酔いの辛い思い出」をイメージするようにしてから、飲み過ぎはなくなりつつあります。。
(それから飲酒サポート系のサプリは欠かせませんね)

みなさんも、お酒と上手に付き合いながら楽しめると良いですね。

それではこの辺で。
以上、「日本酒の「熱燗は酔いやすい」は本当か?」でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 酒米を比較 山田錦に五百万石…日本酒に使われる主な酒米をざっくり説明
  2. 日本酒をガチで学びたい方必見!書籍「日本酒の基」が本格的すぎる 日本酒をガチで学びたい方必見!書籍「日本酒の基」が本格的すぎる
  3. 末廣酒造・酒蔵見学 福島随一の酒蔵「末廣酒造」に行ってきた!写真付きでレポート
  4. 吟醸、純米、純米吟醸 日本酒の「吟醸」とか「純米吟醸」ってどういう意味?
  5. 日本酒・水がとても重要 日本酒の最も重要な原料は実は米ではなく水?
  6. 日本酒版パーカーポイント あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表
  7. 日本酒の歴史 〜 いつどのように誕生したのか起源をまとめてみた 日本酒の歴史 〜 いつどのように誕生したのか起源をまとめてみた
  8. 二日酔い対策・ウチワサボテン 二日酔い対策に「ウチワサボテン」が効くって本当?

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP