日本酒の「熱燗は酔いやすい」は本当か?

熱燗は酔う?

「熱燗は酔いやすい」
お酒をよく飲まれる方なら一度は聞いたことがあると思います。

実際にそう感じた方も少なくないかもしれません。

お酒が強い方は気にならない問題かもしれませんが、それほど強くない方にとってはとても気になる問題ですよね。

そこで本記事では、実際のところ熱燗は酔いやすいのかどうか、さらには冷酒だとどうなのか、について迫っていきます。

参考記事:秋津壽男“どっち?”の健康学「春の晴天時に冷たいビールは要注意 “熱燗におでん”が最高の組み合わせ」

なぜ熱燗は酔いやすく感じるのか?

まず、「熱燗は酔いやすいは本当なの?」という疑問について…
これについては、やはり酔いを感じやすい傾向にあるようです。
筆者もまさにその一人です。

では熱燗ではなぜ酔いを感じやすいのか?
それは温かいお酒を飲むことにより、体の中が温められ、胃の中でのアルコールの吸収を早めているからと言われています。

人間は温かい方がより活動的になり、代謝も良くなります。
代謝が良くなると、内臓も活動的になりますから、お酒のアルコールの吸収が早くなるわけです。

アルコールの吸収が早まることで、酔いやすく感じるわけですが、言い換えれば、自分自身で酔いの加減が分かる、ということです。
良い加減が分かることで自分で適量をコントロールしやすくなります。

冷酒は酔いを感じにくいが…

日本酒の冷酒

熱燗とは対照的に、冷酒の場合、酔いは感じにくくなります。
こちらは体が中が冷えることにより、アルコールの吸収が遅くなるというわけですね。

しかし、吸収が遅いとはといっても、分解しなければいけないアルコールの総量は変わりません
後からしっかり酔いはやってくるわけです。
さらに、キンキンに冷えたお酒はおいしく感じるので、ついつい飲み過ぎてしまう傾向があります。

つまり冷酒は、酔い具合を自覚しにくいため、悪い酔いを招きやすくなるということです。
さらには、飲みすぎてしまってアルコールの分解が追いつかなくると、二日酔いの元にもなります。

まだまだ飲めると勘違いして、酔いを自覚した頃には急激に酔いが回り始めて、結果的には記憶をなくしている…
なんて経験ありませんか?
(筆者は何度も何度もあります…)

これは、冷たいお酒の飲み過ぎが原因かもしれませんね。

しかしながら、何も冷酒や冷えたお酒がいけないわけではありません
確かに熱燗と比べると悪酔いを招きやすいのかもしれませんが、悪酔いのそもそもの原因は「飲みすぎ」です。

お酒はゆっくり適量を飲むのが一番

熱燗にしろ冷酒にしろ、飲みすぎては悪酔いしてしまいます。
それを防ぐには、ゆっくりと飲むように心がけるのが良いですね。

酔いを感じにくい冷酒でも、ゆっくり飲めば、酔い具合を知ることができますし、適量をコントロールしやすくなります
結果的に飲み過ぎを防げるので、悪酔いや二日酔いを防ぐことにも繋がります。

それから、お水などのチェイサーと一緒に飲むようにすると良いですね。
そして食事もしっかり摂りながら飲むと、口寂しさがなくなるので飲むペースを抑えることができます。

これは広く言われていることですが、結局は、お酒は適量を楽しむのが一番ということですね。

まとめ

まとめると…

  • 熱燗は酔いやすいがコントロールしやすい
  • 冷酒は酔いを感じにくくコントロールしにくい

ということです。

ただ、繰り返しになりますが、冷酒がいけないわけではありません。
そもそも、日本酒のみならず冷えているお酒の方が多いですから、冷たいお酒NGでは無理がありますね。
それらをゆっくり適量を飲めばいいのです。

ちなみに…
筆者は、ついつい飲みすぎてしまう傾向があったのですが、飲みに行く前に「二日酔いの辛い思い出」をイメージするようにしてから、飲み過ぎはなくなりつつあります。。
(それから飲酒サポート系のサプリは欠かせませんね)

みなさんも、お酒と上手に付き合いながら楽しめると良いですね。

それではこの辺で。
以上、「日本酒の「熱燗は酔いやすい」は本当か?」でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 醸造アルコール・その正体を知る 日本酒に使われる「醸造アルコール」の正体とは?
  2. 日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019 」の開催が決定!4/19-29の11日間 日本酒の祭典「CRAFT SAKE WEEK at ROPPON…
  3. 獺祭、人気のワケとは 獺祭はなぜ人気?日本酒初心者でもわかるように理由を解説
  4. 日本酒度とは? 日本酒の甘辛度合いが飲まずにわかる?「酒度」を簡単解説!
  5. 清酒と日本酒の違いを簡単解説!どちらが正しい呼び方なのか? 清酒と日本酒の違いを簡単解説!どちらが正しい呼び方なのか?
  6. 赤ワインと頭痛 赤ワインは本当に頭痛を引き起こしやすいのか?
  7. リーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発売! トップグラスメーカーのリーデルから“純米酒用”の日本酒グラスが発…
  8. 日本酒・グラスか徳利か 徳利とグラス、日本酒はどちらで飲むのがおすすめ?【家飲み編】

おすすめ記事

トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選

その道のトッププロがオススメするカクテル、飲んでみたくありませんか?アメリカを中心に、“美酒…

“クラフトジン”徹底解説 〜 本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由 “クラフトジン”徹底解説 〜 クラフトの本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由

あなたは“クラフトジン”の本当の意味、ご存じですか?昨今、日本を含め世界中で人気を集める“ク…

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP