焼酎の飲み方講座【お湯割り編】美味しくなる割合とベストな作り方

焼酎の飲み方講座【お湯割り編】美味しくなる割合とベストな作り方

世の中のあらゆるお酒には、カクテル含めあらゆる飲み方が存在します。
その中でも“定番”と呼ばれるような飲み方は、多くの人から“合う”とお墨付きをもらった飲み方でもあります。

焼酎の場合においては、お湯割りはまさに定番と呼べる飲み方。
お湯で割っただけのシンプルかつ気軽にできる飲み方ですが、実は美味しく味わうためにはいくつかのルールがあります。
そこで当記事では、焼酎のお湯割りについて、割合や手順など、誰でもできるベストな作り方をご紹介!

スポンサーリンク

お湯が先!割合はロクヨン!焼酎のベストな作り方

焼酎のお湯割りは、特別な技術や道具を必要とせず、簡単に誰でも簡単に作ることができます。
必要なのはお湯と焼酎だけ。マドラーもいりません。

ざっくりと作り方は以下のとおり。

  1. グラスにお湯を注ぐ
  2. 焼酎を注ぐ
  3. 完成

たったこれだけです。
ただし、美味しく味わうためには、もう少しだけこだわる必要があります。

焼酎のお湯割り

「お湯が先」は鉄則!温度は80度前後のお湯を

まず焼酎のお湯割りを原則として、お湯は先に入れましょう。
他の飲み方は、お酒を先に入れることが多いのですが、お湯割りは逆。
なぜなら、焼酎を先に入れてしまうと、うまく混ざらないだけでなく、温度の関係で味わいに角が出てしまうため。
逆にお湯を先に入れてあげることで、対流が起き、かき混ぜなくても自然と焼酎とお湯が混ざります。

ちなみに、お湯の温度は80度前後にすると、焼酎で割った時の温度がちょうどよくなります。
もちろんアツアツが好みの方は、沸騰したお湯でも問題はありません。

お湯

焼酎とお湯はロクヨンが黄金比

次は割合について。
様々なお酒の飲み方・割り方で黄金比が存在しますが、お湯割りの場合は「焼酎6:4お湯」が、「ロクヨン」とも呼ばれ黄金比とされています。
元々焼酎はアルコール度数が25度前後と、割って飲むのが一般的な蒸留酒の中では、度数がそれほど高くはないため、6:4ぐらいの方が焼酎自体の味わいも残り、バランスが良いのです。

もちろん少し薄めが好きな方は、5:5ぐらいで作ってみても良いでしょう。
ちなみにロクヨンは、水割りでもベストな割合とされています。

そもそも焼酎をお湯割りにするメリットとは?

麦焼酎のお湯割り

「お湯を先に、割合はロクヨンで」このとおりに作るだけで、まろやかなお湯割りに仕上がります。
このまろやかさこそがお湯割りの魅力。
お湯を使うことで香りがふくよかに引き立ち、味わいがまろやかになるのです。しかもアルコール度数が15度前後に下がるので飲みやすくもなります。

お湯割りの良さはそれだけではありません。
温かいことで、良い意味でお酒の回りが早く、自分の酔い具合を把握しやすいことも魅力の一つです。
冷たいお酒だと回りが遅く、酔い具合がわかりにくいため、いきなり酔い感じることも少なくないのですが、お湯割りはその点では悪酔いしにくい飲み方と言えます。

スポンサーリンク

少しこだわるなら「前割り」も試してみて

最後に、もっとお湯割りにこだわりたい方向けに、とっておきの方法をご紹介しておきます。
それは「前割り」という方法。
前割りとは、文字の通りで、焼酎と水を前もって割っておくこと。
1〜7日前から焼酎と水を何らかの容器に混ぜ、寝かせることで味が馴染み、より一層まろやかになります。
それを50度前後になるように温めることで、美味しいお湯割りができるのです。

ただ単に前もって割っておくだけなので、それほど面倒ではなく、誰でもできる飲み方でもあります。
美味しいお湯割りを求める方は、こちらも試してみては?

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / GINfest.TOKYO運営メンバー] 豊富な現場経験や長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。WEB制作面で酒類イベントに携わることも多い。

関連記事

  1. 泡盛とは? 泡盛と焼酎の違いは何か?を分かりやすく説明!
  2. 本格焼酎・ソーダ割りのすすめ 夏にもぴったり!「本格焼酎のソーダ割り」のすすめ
  3. キンミヤ焼酎・その魅力とは ホッピーの定番焼酎「キンミヤ」はなぜ人気?その魅力に迫る
  4. 米焼酎と日本酒って何が違うの?その違いを簡単解説! 米焼酎と日本酒って何が違うの?その違いを簡単かつ丁寧に解説!
  5. 森伊蔵、魔王、村尾 3Mと呼ばれる森伊蔵、魔王、村尾は本当においしいのか?
  6. 黒麹・白麹・黄麹、特徴と違い 芋焼酎の黒麹・黄麹・白麹…それぞれの特徴や違いを簡単解説
  7. 黒糖焼酎とは 初心者向け!黒糖焼酎とはどんなお酒?がざっくりわかる記事
  8. 黒霧島?白霧島? 黒霧島に白霧島、なぜ焼酎は名前に色がつくのか?

おすすめ記事

日本のクラフトジン・25ブランドまとめ【2018年12月最新版】 日本のクラフトジン・全27ブランドまとめ【2019年1月最新版】

世界的なクラフトジンブームにより、近年、日本でもクラフトジンが盛んに造られるようになりました。…

世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10 世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10

日本はもちろん、世界中で様々なカクテルが楽しまれています。「世界のバーでは今どんなカクテルが人気…

クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた

クラフトビールやクラフトコーヒーなど、様々な“クラフト”に注目が集まる中、クラフトジンも注目され始め…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP