クラフトビールを原料に造られた日本初のジン「KAGUA GIN」

クラフトビールを原料に造られた日本初のジン「KAGUA GIN」

ビールとジンといえば、ともにクラフトのカルチャーが盛り上がっているお酒ですが、それらの魅力を堪能できるジンが登場しました。

日本各地でクラフトジンが造られるようになってきている中で、クラフトビールの造り手・Far Yeast Brewing(ファーイーストブリューイング)と日本酒・焼酎などを手がける喜多屋のタッグによって誕生したクラフトジン「KAGUA GIN」。
5月末に発売されたこのブランド、実はクラフトビールを原料として使用した日本初のジンなのです。
今回は、そんなKAGUA GINの開発経緯やその製法、特徴について簡単にご紹介します。

馨和 KAGUA セゾンをベースに採用したジン

2011年に創業し、純粋なビール会社として「Far Yeast」や「馨和 KAGUA」を手がけ、日本国内だけでなく20か国に輸出も行ってきた「Far Yeast Brewing」。
そして、およそ200年前に福岡の地で創業し、IWC(International Wine Challenge)で日本酒部門最高賞を受賞するなど、世界から評価される日本酒と焼酎を手がけてきた「喜多屋」。
これら2つの造り手はかねてより親交があり、お互いのお酒造りをリスペクトしていたのだといいます。

そんな両者が新たに挑戦するべくお酒として注目していたのがジン。素材選びに比較的自由が効くジンは、自分たちならではのお酒を造ることができます。
そうしてFar Yeast Brewingが、ジンの製造に必要な蒸溜設備を持つ喜多屋に共同開発を持ちかけたことからプロジェクトがスタート。
実は喜多屋も、ジンの開発を検討していたところだったのだとか。

KAGUA GIN

開発に際しては「馨和 KAGUAの良さを最大限生かしたジン」として、KAGUA愛飲者に満足してもらえるような味わいを目標に据え、喜多屋の蒸溜設備を用いて製造。
ジンは、ベースとなるお酒にボタニカルを加え蒸溜することでできるお酒です。一般的には、ベースにはニュートラルなスピリッツが用いられますが、KAGUA GINは極めて珍しいビールをベースを採用。しかも贅沢にも馨和 KAGUA セゾンのみをそのままの状態で使用しています。
それにジュニパーベリーとゆずといったボタニカルを加え、喜多屋独自の技術である減圧蒸溜(気圧を下げて蒸溜する方法、一般的には繊細で華やかな香りの抽出に特化)の技術によって香りを閉じ込めています。
(実は喜多屋は、日本で初めて焼酎に減圧蒸溜を用いたパイオニアなのだとか!)

ビールらしさがしっかり残る独自のフレーバー

馨和 KAGUA セゾンは、“和が馨(かお)る”をコンセプトに、和のハーブであるゆずと山椒を使用した瓶内二次発酵のクラフトビール。
そのベースの味わいを活かすべく、ジュニパーベリーとゆずのみという極めてシンプルなボタニカルレシピで造られたKAGUA GINは、ゆずが主体ながらもビールのホップのような涼しげなハーブの香りが特徴的。その後味にもハーバルさ苦味とともに残り、ビールがベースにあることをしっかりと感じさせる、今までにないタイプの国産ジンだと言えます。

KAGUA GIN

ジン好きはもちろんのこと、ビール好きも試す価値ありの一本です。

商品詳細

KAGUA GIN
KAGUA GIN(カグア ジン)
容量:500ml
アルコール度数:45%
価格:参考上代 4,500円(税別)
ボタニカル: ジュニパーベリー、ゆず
製造:株式会社喜多屋

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 自分好みにブレンドやカスタマイズできる国産クラフトジン「TATEYAMA GIN」をご存じ? 自分好みにブレンドやカスタマイズできる国産クラフトジン「TATE…
  2. クラフトドッグズノーズ クラフトジン&ビールで作る「クラフト・ドッグズノーズ」という飲み…
  3. ジンラバー必見!インスタLIVE配信イベント「ジンフェスティバルTV’21」が6/12-13に開催! ジンラバー必見!インスタLIVE配信イベント「ジンフェスティバル…
  4. クラフトジン岡山・徹底解説 クラフトジン岡山〜話題の国産ジンの特徴・魅力を徹底解説!
  5. トップバーテンダーとのコラボが実現!「まさひろオキナワジン バーテンダーズバッチ2019」が発売 トップバーテンダーとのコラボが実現!「まさひろオキナワジン バー…
  6. 日本でも人気のほんのり甘いジン「ヘイマンズ オールドトムジン」の特徴に迫る! 日本でも人気のほんのり甘いジン「ヘイマンズ オールドトムジン」の…
  7. ジンのボタニカルの抽出・蒸留方法 ジンの基礎講座〜ボタニカルの抽出・蒸留方法とは?
  8. 秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る 秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP