世界で話題のクラフトジンが日本でも流行る3つの理由

クラフトジンが流行る理由

今世界中で流行している、大注目のクラフトジン。
まだ日本では馴染みの薄い分野ですが、流行の波は確実に押し寄せつつあります。

このクラフトジンは今後さらに大きな流行になり、他国同様に日本でも大きな流行になると筆者は考えています。
筆者がそう考える理由を、本記事では解説していきます。
まだクラフトジンについてご存知ない方でもわかるように、簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

そもそもクラフトジンとは?

クラフトジンの先駆け「ヘンドリクス」

クラフトジンとは、簡単に言うと少量生産でこだわりを持って作られたジンのことを言います。

大手メーカーなどが作る従来的なジンとは異なり、とても小さな蒸留所で作られることも多く、ジン最大の特徴であるハーブや果皮などのボタニカルにおいても、従来的なボタニカルだけでなく産地特有のものやオーガニックのものを用いる銘柄などもあり、個性的で味わい深いジンが多いのが特徴です。
ビールでいうところのクラフトビールのような位置付けで、値段は通常のジンよりも少し高くなりますが、そのぶん贅沢でリッチなお酒となっています。
言い換えるとクラフトジンとはプレミアムジンでもあると言えます。

このクラフトジンは、イギリスやスコットランドが発端となり今や世界中で流行しています。
そしてここ日本でも、少しずつその兆しが見えてきる注目の分野なのです。

クラフトジンについてはコチラでより詳しく解説しています。
日本でも流行必至!クラフトジンとはどんなジンなのか?

クラフトジンが日本でも流行ると言い切れる3つの理由

クラフトジンについて理解できたところで、これが日本でも流行る理由について解説していきましょう。

1. プレミアムクラスでも値段が安い

まず1つめは、ウイスキーやテキーラなど他のプレミアムクラスの酒類ど比べて値段が安いことです。

例えばウイスキーならプレミアムクラスともなるとたちまち1万円以上しますが、クラフトジンは、プレミアムクラスのジンだとしてもだいたい5,000円前後で購入できます。

値段が安い理由はジンならでは製造方法が関係しています。
基本的にジンは、他の酒類のような熟成を必要としません。(あえて熟成させるジンもあります)
いくらプレミアムクラスのクラフトジンといえどもそれは一緒です。

それに対してプレミアムなウイスキーやテキーラ、それにワインにしても長期間の熟成を要します。
この熟成のコストが値段に反映されて高額になるのですが、ジンには熟成がないぶん値段が安くなるのですね。

つまりクラフトジンは、他のプレミアムクラスの酒類に比べて価格面で優位にある、ということです、

2. 日本での洋酒に対するハードルが下がっている

2つ目の理由は、若年層を中心にお酒の趣向の多様化が進んでいることです。

ウイスキーやワイン、クラフトビールが流行るなど、若年層を中心にお酒の趣向が多様化しています。
特にウイスキーやワイン、流行りつつあるプレミアムテキーラなど、特に洋酒部門においてその様相が強く見られます。

これはつまり、洋酒に対するハードルが下がっているからです。
これはネットとSNSの普及による当然の流れで、これまで専門誌やバーでしか知りえなかった「敷居が高い」とされていたお酒を簡単に知ることができるようになり、感度の高い若年層とマッチしたからだと考えています。

これまで避けられがちだった洋酒が、今や身近なものになっているのですね。
こういった土台がある今の日本で、クラフトジンが受け入れられるのは当然とも言えます。

3. おしゃれなボトルがSNSとの相性が良い

最後3つ目は、クラフトジンにはSNS映えするオシャレなボトルの銘柄が多いことです。
一見するとお酒のボトルとは思えない、まるで香水やアロマディフューザーのようなファッショナブルなボトルのクラフトジンも少なくありません。
良くも悪くも「お酒っぽさ」が抜けないウイスキーやワインのボトルとは違い、見た目だけで話題になる可能性があるのです。

特に近年リリースされた「コーヴァル」や「ジェネラス」などは明らかにインスタジェニックなボトルで、この中身が日本ではまだ主流とは言えない「ジン」ともなると話題性は抜群です。
これらを踏まえると、クラフトジンがお酒が好きなSNSユーザーの支持を集めることは想像に難しくありません。

近年はインスタグラムなどのSNSが発端となって流行るものはたくさんあります。
おしゃれなクラフトジンは、その要素を満たしているわけです。

スポンサーリンク

まとめ

クラフトジンが流行る理由、お分りいただけたでしょうか?

最後にまとめると…
クラフトジンが日本でも流行る理由は、

①値段が安い
②洋酒全般が受け入れられやすくなっている
③ボトルがオシャレでSNSとの相性が良い

の3つが主な理由です。

すでにAmazonでもクラフトジンの特集が組まれていて、比較的簡単に購入することができます。
気になった方はぜひ一度、味わって見てください。

それではこの辺で。
以上「世界で話題のクラフトジンが日本でも流行る3つの理由」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. ジンの製造工程 ジンの基礎講座〜ドライジンの製造工程を簡単に解説!
  2. ビール好き必見のクラフトジン「フレッシュホップジン」 ビール好き必見!NZ産の“あのホップ”を使ったクラフトジンがある…
  3. 新シリーズ発表ににじみ出た「モンキー47」が世界中で人気を集めるワケ 新シリーズ発表ににじみ出た「モンキー47」が世界中で人気を集める…
  4. クラフトジン・おすすめの飲み方 家飲みでもイケる!クラフトジンおすすめの飲み方まとめ
  5. ジン大全 ジンを徹底的に学べるバイブル「ジン大全」が発売!
  6. ジントニックブーム 今年はジントニックが流行る!?NEWスタイル・ジントニックの魅力…
  7. 日本のクラフトジンに焼酎や柚子などが使用されてるのはなぜ?そもそもアリ? 日本のクラフトジンに焼酎や柚子などが使用されてるのはなぜ?そもそ…
  8. ジンのカクテル以外での飲み方とは 今流行りのお酒「ジン」…カクテル以外の美味しい飲み方とは?

おすすめ記事

オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る

テキーラの最大消費国・アメリカでは、有名セレブらがプロデュースするブランドが話題になるなど「セレブの…

5千〜1万円のちょっぴり高級なテキーラを5銘柄厳選してみた 5千〜1万円のちょっぴり高級なテキーラを5銘柄厳選してみた

アメリカなどを中心に、実はテキーラは「セレブの酒」とも言われており、ラグジュアリーなテキーラ銘柄も多…

バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選 バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選

バーは本来、レストランなどと同じように知識を持たずとも楽しめる場所であり、カウンター越しに立つバーテ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP