Amazonで人気のジン・クラフトジンランキングTOP12 [2021-8月版]

Amazonで人気のジン・クラフトジンランキングTOP12 [2021-8月版]

“クラフトジン”が近年注目を集めていることをご存じの方は多いはず…
そんな中で日本人はどんなジンを好んで買っているのか、気になりませんか?

今回は数ある指標の中から、日本でも有数のジンの品揃えを誇るAmazonの「売れ筋ランキング(※)」を参考に、上位12銘柄をそれぞれ簡単な解説付きでご紹介。 (※2021年8/16の12時時点のランキング)
有名なクラフトジンはもちろん、リーズナブルなジンも多くランクインしているため、家飲み用のジンを探してみるのも良いかもしれません。

最新の売れ筋ランキングはこちらでチェック!
Amazon ジンの売れ筋ランキング

12位 ザ・ボタニスト


産地:スコットランド
値段:3,992円

スコッチの聖地・アイラ島の名手「ブルックラディ蒸溜所」が2011年にリリースした「ザ・ボタニスト」。
ウイスキー蒸溜所が手がけるジンとしてはパイオニア的なブランドであり、日本でも高い人気を誇ります。
ジンの定番ボタニカルのほか、アイラ島で手摘みされた22種のボタニカルを使用しているのが最大の特徴で、島の個性をジンをとおして表現。繊細なハーブの香りが活きたジンです。

11位 エンプレス 1908


産地:カナダ
値段:3,915円

個性豊かなジンが多く造られているカナダで生まれた「エンプレス 1908」。
同国の「ヴィクトリア蒸溜所」と、老舗ホテル「ザ・フェアモント・エンプレス・ホテル」が共同で開発したブランドで、そのホテルの名と創業年に因んだ名がつけられています。
なんといっても特徴はその液体の色。鮮やかなブルーの液体は、天然のバタフライピー(花の一種)由来のもので、その成分の影響によってトニックウォーターを注ぐと薄紫色に変化するという、視覚的にも楽しめることから近年人気のブランドです。

10位 サントリー ドライジンエクストラ キングサイズ (1800ml)


産地:日本
値段:2,052円

ジャパニーズクラフトジン「ROKU」や「翠」で知られるサントリー社ですが、1936年よりジンの製造を手がけています。
その中でも「ドライジン」は歴史が長いブランド。ジンの王道ボタニカル7種類を使って造られており、派手さこそないもののジンとしてのバランスに優れた一本です。
通常のジンおよそ3本分の量でありながら2,000円で購入できてしまうことも、人気の理由と言えるでしょう。

9位 サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU


産地:日本
値段:4,177円

日本を代表する酒類メーカーのサントリーが2017年に発売した「ROKU」。
日本はもちろん、すでに海外でも人気を集めており、クラフトジンの定番ブランドの一つと言って良いでしょう。
桜の花や玉露、ゆずなど、日本の四季を彩る6つの和素材を使用しており、和の爽やかさと日本らしい繊細な口当たり、そしてバランスが秀逸な一本です。
ジン&トニックはもちろん、ソーダ割りや水割りなどでも楽しむことができ、和食にも合わせやすいジンです。

8位 ボンベイ・サファイア 色が変わるボタニカルグラスセット


産地:イングランド
値段:2,253円

世界で3番目に売れているジンブランド「ボンベイ」の主力銘柄として、日本でも幅広い層から人気を得ている「ボンベイ・サファイア」。
世界4大ジンの一角にも数えられ、その中でもクリアで繊細な香り・味わいを有しており、比較的軽やかなボディで飲み手を選ばない傾向にあるジンと言えます。
こちらのグラスセットは、通常のボトル商品と比較すると少し値段は上がるものの、ロゴがデザインされた限定グラスはやはり人気なようです。

7位 季の美 京都ドライジン


産地:日本(京都)
値段:4,528円

日本におけるクラフトジンのパイオニアであり、世界的な賞を複数受賞するなど今や世界でも有数のジンブランドである「季の美」。
京都らしさにこだわり、米が原料のスピリッツをベースに、地元の玉露やゆず、生姜、山椒など日本人に馴染み深い和の素材を使用。さらに日本で唯一江戸時代から続く唐紙屋による文様をボトルにデザインするなど、細部にまで京都のエッセンスを取り入れています。
ゆずや茶の香りをしっかり感じさせながらも、ジンとしてのバランスもしっかり考慮された逸品で、水割りやお湯割りなどもオススメです。

6位 SAKURAO GIN ORIGINAL


産地:日本(広島)
値段:2,090円

広島から世界に羽ばたくジン「SAKURAO GIN」が季の美やROKUを抑え6位にランクイン。
広島の名産品であるレモンや緑茶などの地元の素材を使いながらも、あえて世界の主流であるロンドンドライジンのスタイルで製造。
そのバランスの良さから、ジン&トニックを筆頭に様々な飲み方に対応でき、ジンラバーからの評価も高い一本です。
質の高さに相反して手頃な値段であることも、人気の理由であることも間違いありません。

5位 ボンベイ・ドライジン


産地:イングランド
値段:1,166円

前述した「ボンベイ・サファイア」よりリーズナブルな値段で展開される姉妹銘柄「ボンベイ・ドライジン」。
8つのボタニカルを使用し「ボンベイ・サファイア」と同じ製法で製造。「“究極のジントニック”のためのドライジン」というキャッチコピーの通り、ジンの王道をゆくドライな味わいで、飲み方の汎用性が高い銘柄です。

4位 ウヰルキンソン ジン (47.5%)


産地:日本
値段:999円

日本独自のジンブランドとして長らく愛されてきた「ウヰルキンソン ジン」はやはりAmazonでも人気。
こちらのブランドはアルコール37%と47.5%の2種類が販売されていますが、Amazonではより飲み方の汎用性が高い47.5%の方が人気なようです。
同じ「ウヰルキンソン」ブランドのトニックウォーターを使ったジン&トニックなら低コストで、毎日の晩酌にもちょうど良いかもしれません。

3位 ビーフィーター ジン 47度


産地:イングランド
値段:1,057円

日本で流通するジンの中では広く一般に知られる一方で、バーで欠かせないブランドの一つとして長らくバーシーンを支えてきた「ビーフィーター」。
ロンドンドライジンの代表格でもあるこちらのジンも、アルコール40%と47%の2種類で展開されているのですが、やはりこちらも度数が高い方が人気なようです。
度数が高い方が、絶妙なバランスで構成されるシトラス、ハーブ、スパイスの香りと味わいが割材を加えても崩れにくく、バーでもよく使用されています。

2位 サントリー ジャパニーズジン 翠(SUI)


産地:日本
値段:1,503円

昨年春の発売以降、爆発的なスピードで成長をとげた「翠」がジャパニーズジンの中ではトップとなる2位を記録。
同じくサントリーから発売されている「ROKU」のリーズナブル版にあたり、ゆずと緑茶、生姜の風味が活きた繊細な味わいが特徴で、日本の食事とも合わせやすいように造られています。
ジンの定番の割材であるトニックウォーターの普及がまだ十分とは言えない日本にあって、ソーダで割っても美味しいように設計されており、気軽に楽しめるの人気の理由と言えるでしょう。

1位 ボンベイ・サファイア


産地:イングランド
値段:1,813円

5位にグラスセットがランクインした「ボンベイ・サファイア」が1位という結果に。
ジン業界に数々の変革をもたらし、クラフトジンの台頭の基盤を築いたこちらのジンには、スタイリッシュで洗練されたイメージがあり、ビギナーがまず購入する一本として選ばれやすい傾向にあります。
トニックで割るだけでも十分に美味しいですが、ライムやレモンの他、近年人気のグレープフルーツやオレンジを加えたジン&トニックとして味わってみるのもオススメです。

こちらの記事もおすすめ!
国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ
ジン好きが選ぶ、まず味わっておきたい「定番クラフトジン」6選

全国のバーテンダーの人となりを知ろう!
バーテンダーへの8つの質問

ジン・クラフトジンを買うならAmazonがおすすめ!

⇒Amazonのジンストア

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる? たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味し…
  2. ボトルデザインで選ぶクラフトジン厳選7選 ついつい見惚れてしまう!ボトルデザインで選ぶクラフトジン厳選7選…
  3. ボンベイ・サファイアの限定ボトル「ボンベイ・サファイア サンセット」が6/15に発売!3つの素材を新たに使用 ボンベイ・サファイアの限定ボトル「ボンベイ・サファイア サンセッ…
  4. 季の美・ネイビーストレングス ALLGINボトル 季の美・ネイビーストレングスのALLGINボトルが発売!
  5. 歴史から紐解く、“ジン”と“感染症”の意外な関係とは? 歴史から紐解く、“ジン”と“感染症”の意外な関係とは?
  6. ジンBARと国産ジンの造り手がコラボ!健康に着目したクラフトジン「”99” SiCX feat.YASO」が発売 ジンBARと国産ジンの造り手がコラボ!健康に着目したクラフトジン…
  7. コロナ禍で発生した余剰ビールをジンとして再生!「REVIVE」が9/1に発売! コロナ禍で発生した余剰ビールをジンとして再生!「REVIVE」が…
  8. 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランド…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP