約30種ものスコットランド・ジンが日本橋のジン専門店をジャック?期間限定バーが登場!

約30種ものスコットランド産ジンが日本橋のジン専門店をジャック?期間限定バーが登場!

神田にあるジン専門の酒販店「Global GIN Gallery」
そして日本橋の水天宮前に6月に誕生した「Global GIN & TONIC Gallery」
これら2店舗を運営するグローバルグロサリー社が、スコットランド国際開発庁の後援のもと、世界的に注目を集めているスコットランドのクラフトジンにフォーカスしたポップアップバーを、8/1から8/31までの期間限定でオープンします。

当記事ではこのポップアップバーについてご紹介!

「Global GIN & TONIC Gallery」改め「Scottish GIN gallery」とは

Scottish GIN galleryの会場となるGlobal GIN & TONIC Galleryの外観

Scottish GIN galleryの会場となるGlobal GIN & TONIC Galleryの外観。

今回のご紹介するスコットランドのポップアップバーが登場するのは水天宮前の「Global GIN & TONIC Gallery」内。
通常は120種のジンを扱う“ジントニック専門店”として営業していますが、8/1〜8/31の期間のみ「Scottish GIN gallery」に名前を改め、扱うのは約30種のスコットランド産ジンのみに変更。
他のお酒はもちろん、他国のジンも扱わない“スコットランド・ジンの専門店”として営業するとのことです。

ラインナップの大半は6月に初めて輸入されたもので、なかには流通開始したばかりのものも。
それらのジンを、プレミアムトニックウォーターとして名高いフィーバーツリーで作るジントニックで味わうことができます。
ジントニックは、いちごやブルーベリー、オレンジ、ローズマリーなどの各ジンに合うガーニッシュが添えられたグラスと、トニックが別添えで提供され、自分で割りながらカジュアルに楽しめます。

そうしたジントニックだけでなく、期間中のみ4種のジンが飲み比べできる「テイスティングセット」も用意されており、ジンそのものの味も堪能できます。

Scottish GIN galleryでは約30種のスコットランドのジンだけを扱う。

Scottish GIN galleryでは約30種のスコットランドのジンだけを扱う。

Global GIN & TONIC Galleryについてはこちらの記事でも紹介しています。
クラフト・ジントニックの専門店「Global GIN & TONIC Gallery」が面白い!

世界から注目を浴びるスコットランドのジン

スコットランドといえば、ウイスキーの伝統の産地としても名高く、世界に名だたるウイスキーが多く造られています。
近年ジンも盛んに造られるようになっており、ウイスキー造りで培った技術を活かし、質が高く個性豊かなジンを多く世に送り出しています。

その中でも、今回のポップアップバーのラインナップの一つである「アイル・オブ・ハリスジン」は、注目の一本。
このジンが造られるのは、ハリスツイードで有名なハリス島。スコットランド北西部に位置する同島は、海など自然の美しさが魅力ですが、近年島の経済が危機に瀕していました。
そんな島の活性化に繋げるべく、2015年に誕生したのがアイル・オブ・ハリス蒸溜所。
住民たちによって設立された蒸溜所ということで“ソーシャル・ディスティラリー”として話題になっており、生産されるジンの質も高いことから日本でも人気を集めています。

“ソーシャル・ディスティラリー”としても話題のアイル・オブ・ハリス蒸溜所。

“ソーシャル・ディスティラリー”としても話題のアイル・オブ・ハリス蒸溜所。

このような、ストーリー性があり質が高いジンがスコットランドにはたくさんあるのです。

8/1〜8/31の期間中のみカフェメニューも登場し、ランチタイムから営業!

会場となるGlobal GIN & TONIC Galleryの通常の営業時間は18:00-23:00ですが、8/1〜8/31の期間中のみ11:00から営業するとのこと。
また、11時から17時まではカフェメニューとして、ジンに使われる素材から作った「ジンティー」や、スコットランド産の食材を使ったシーフードサンドなども提供されます。
なお、カフェメニューに使われているスコットランド産の食材は、販売もされるようです。

店舗情報

SCOTTISH GIN GALLERY (スコティッシュ・ジン・ギャラリー)
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2丁目1-9 日本橋Tビル1階 (MAP)

電話   : 03-6260-9303
営業時間 : 11:00-23:00 (8月中の営業時間)
店休日  : 不定休
URL   : http://www.gin-gallery.com
Facebook: https://www.facebook.com/GlobalGTGallery/

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. クラフトジン・KOVAL オーガニック・クラフトジン「コーヴァル」の魅力を徹底解説
  2. 暑い日にぴったり!“バジル”を使ったオススメのジンカクテル2つのご紹介 暑い日にぴったり!“バジル”を使ったオススメのジンカクテル2つの…
  3. クラフトジン・おすすめの飲み方 家飲みでもイケる!クラフトジンおすすめの飲み方まとめ
  4. “今飲んでおきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選 “今味わっておきたい”世界が注目するジン・カクテル 5選
  5. クラフトジン・季の美とは 季の美 〜 日本・京都発クラフトジンの特徴を徹底解説!
  6. ジンは二日酔いしにくいお酒? ジンは二日酔いしにくいお酒?その魅力は香りだけじゃない
  7. スターバーテンダーが監修!簡単に自宅で本格ジンカクテルを作れるキットが発売! スターバーテンダーが監修!簡単に自宅で本格ジンカクテルを作れるキ…
  8. ジン・その魅力とは カクテルやロック、多様な飲み方に対応できる「ジン」の魅力

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP