サントリーから新ウイスキーブランド「碧Ao」が発売!5大産地の原酒をブレンド

サントリーから新ウイスキーブランド「碧Ao」が発売!5大産地の原酒をブレンド

日本のウイスキーの人気はとどまることを知らず、近年は販売休止や品薄状態などの話題も上がるようになりました。
そんな中、昨年、人気ウイスキーブランド「響」と「白州」の一部銘柄の販売休止を発表したサントリーから、今度は新たなウイスキーブランドが発売されます。

その名も、SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」(アオ)。
当記事では、このブランドについてご紹介していきます。

世界5大ウイスキーの産地すべての原酒を使った「碧Ao」

サントリースピリッツから発売される「碧Ao」は、2019年4月16日(火)から、全国で数量限定発売予定。
第1期(4月16日~夏)と、第2期(秋~冬)の2期に分けて出荷を予定しています。

同社にとって「知多」以来の新ブランドとなる「碧Ao」は、ビームサントリーと共同で開発。
サントリーグループといえば、世界5大ウイスキーの産地(スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本)全てに蒸留所を所有していることで知られます。この「碧Ao」の最大の特徴は、これらの全ての産地の原酒、それも自社製造の原酒のみを使用した、世界初のブレンデッドウイスキーであることです。

通常ブレンデッドウイスキーは、その産地のウイスキー、もしくはスコットランドなど原酒売買が盛んに行われている産地の原酒を使用する例がほとんど。
そうした事情から、他社産の原酒を使用することも多くあります。

「碧Ao」は、5大産地全てに自社蒸留所を有するサントリーグループだからこそできるウイスキーと言えます。それも、スコットランドのラフロイグ蒸留所や、アメリカのジム・ビーム蒸留所など、そのどれもが世界的に名の通った蒸留所であるからこそ、価値があるとも言えます。

世界最高峰のブレンド技術を活かした“ワールドウイスキー”

5大ウイスキーの産地は、歩んできた歴史や風土が異なることから、生み出されるウイスキーのタイプや味わいも変わってきます。それゆえ、これら5大産地の原酒をブレンドすることは、サントリー曰く「常識外」であると言います。
しかし同社は、これまでに「響」などで、世界最高峰の賞を何度も受賞しており、ブレンドの技術は世界でもトップクラス。それに加え、同社の「やってみなはれ」という創業以来のDNAにも支えられ、挑戦を決意したと言います。

そうして生み出された「碧Ao」は、同社らしく「調和」を根幹に置きながらも、5大ウイスキーが持つそれぞれの個性を活かすことをテーマとしています。
世界のウイスキーを日本でブレンドした“ワールドウイスキー”であり、新たなプレミアムブレンデッドウイスキーが「碧Ao」です。
1杯で、5大ウイスキーの個性を堪能できそうです。

詳細

SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」
商品名:

SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」

中味の特長:
甘く華やかな香りとまろやかな口当たりながら厚みのある味わいで、後に心地よいスモーキーさが感じられる、さまざまな表情を持ったウイスキーです。世界5大ウイスキーの個性が織り成す、複雑で豊かな香味の変化をお楽しみいただけます。

容量 / 希望小売価格 / アルコール度数:

700ml / 5,000円 / 43%

発売日:
2019年4月16日(火)
※2019年は、第1期(4月16日~夏)、第2期(秋~冬)の2期に分けての出荷を予定。

SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」ホームページ:

https://www.suntory.co.jp/whisky/ao/

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. バーボンの定義とは バーボンウイスキーの定義解説〜他のウイスキーとの違いを知る
  2. 北陸唯一のウイスキー蒸溜所が手がけるハイボール缶「富山スモーキーハイボール」が新発売 北陸唯一のウイスキー蒸溜所が手がけるハイボール缶「富山スモーキー…
  3. 大人気ウイスキー「マッカラン」の限定シリーズ「クラシックカット」がついに日本上陸! 大人気ウイスキー「マッカラン」の限定シリーズ「クラシックカット」…
  4. 入門向けバーボン・厳選5選 バーボンウイスキー入門・初心者にオススメのバーボン5選
  5. 日本のウイスキーの造り手、今いくつ?全国産メーカーをピックアップ 日本のウイスキーの造り手、今どれぐらい?全国産メーカーをリストア…
  6. 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった… 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外で…
  7. プロに聞く、初心者にもオススメのバーボンウイスキー厳選6選 プロに聞く、初心者にもオススメのバーボンウイスキー厳選6選
  8. ウイスキーの12年の意味 実は間違えやすい?ウイスキーの12年などの年数表記の意味

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP