世界的な賞を総ナメにしたウイスキー「KAVALAN」から待望のロープライス商品が登場!

世界的な賞を総ナメにしたウイスキー「KAVALAN」から待望のロープライス商品が登場!

世界的なウイスキーブームの中で、ここ数年、存在感を強めている台湾のウイスキー「KAVALAN(カバラン)」
産地的なハンデを負いながらも、2008年のリリース以降、世界的な賞を総ナメにし、最高峰のウイスキーブランドとしての地位を確立しつつあります。

そのカバランから、待望のロープライス・アイテム「ディスティラリーセレクト」が、9/3よりリリースされます!
当記事では、 この新商品についてご紹介。

高価格帯の銘柄が多いため、高級ウイスキーのイメージが浸透していたカバランですが、カジュアルな価格帯の銘柄が登場することで、より気軽に味わえるようになります。

スポンサーリンク

台湾が誇る最高峰のウイスキー「KAVALAN(カバラン)」とは

2008年に誕生したカバランを手がけるのは、台湾で飲料事業を中心に事業を展開している「金車(King Car)」
同社が、台湾・北東部の山岳地、宜蘭県(ギーラン)に創設した蒸留所で造られており、ウイスキーの産地としては非常に珍しい亜熱帯地域で造られています。

カバランが登場するまで、ウイスキーは、スコットランドに代表されるように冷涼な地域が産地として好ましいとされ、暖かい地域はウイスキー造りに向かないとされてきました。
そうしたハンデを抱えながらも、金車社の30年に及ぶ飲料事業で培った知見と、ウイスキー業界の伝説的なコンサルタントであるジム・スワン博士を招くなど本場スコットランドの技術を融合させることで、独特のトロピカルフレーバーを持つ高品質のシングルモルト・ウイスキーの生産に成功。
これまでの常識を覆して世界中で高評価を獲得し、IWSCやワールドウイスキーアワード(WWA)での最高賞など、数多くの世界的な賞を受賞しています。

カバランの蒸留所。ウイスキーの産地としては異様な南国の景色が広がっている。©︎リードオフジャパン株式会社

カバランの蒸留所。ウイスキーの産地としては異様な南国の景色が広がっている。©︎リードオフジャパン株式会社

待望のロープライス商品「カバラン ディスティラリーセレクト」

今や世界を代表するプレミアムウイスキーとなったカバランですが、人気の「ソリストシリーズ」に代表されるように、2万円以上の高額な銘柄が多いのが一つの特徴。
エントリークラスの「コンサートマスター」でも1万円弱と、決して気軽に味わえるウイスキーではありませんでした。

そうした中で発売された「ディスティラリーセレクト」は、これまでのカバランシリーズで最もロープライスとなる商品で、その価格は希望小売価格で4,500円。なんと5,000円を切ります。

もちろんカバランとしての品質は維持されており、中身はシングルモルト。今や日本でも有名になりつつある金車社のチーフブレンダー、イアン・チャン氏が開発を手がけています。
メーカー曰く「柔らかくかつコクのある口当たりでクリーミー、バニラやトロピカルフルーツの香りが広がる一品」に仕上がっているのだとか。

カバラン特有のトロピカルフレーバーを継承した、カジュアルに楽しめるシングルモルトといったところで、気軽にハイボールなどでも楽しめそうです。

スポンサーリンク

カバラン ディスティラリーセレクト 商品概要

原産国: 台湾

内容量: 700ml

アルコール度数: 40%
希望小売価格: 4,500円(税別)

発売日: 2018年9月3日(月)
輸入元:リードオフジャパン株式会社

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった… 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外で…
  2. ウイスキー各種を比較 シングルモルト、バーボン、ライなど…ウイスキー9種の違いを比較解…
  3. 初心者向けシングルモルトまとめ シングルモルト入門・初心者におすすめの定番モルト銘柄8選
  4. リカーマウンテン・銀座777 約1000種のウイスキー・スピリッツが試飲可!酒専門店「銀座77…
  5. なぜウイスキーハイボールはソーダで割ってるだけなのに美味しい? なぜウイスキーハイボールはソーダで割ってるだけなのに美味しい?
  6. ウイスキー・カロリーと糖質 ウイスキーが低カロリーで糖質ゼロってホント?
  7. 年数表記のないウイスキー 12年などの年数表記がないウイスキーが増えているワケ
  8. スコッチ・スペイサイドやアイラなど6つの産地 スコッチウイスキー入門・6つの産地別特徴まとめ

おすすめ記事

焼酎の名門「尾鈴山蒸留所」がウイスキー造りを開始!造り手にインタビュー 造り手に聞く – 焼酎の名門が尾鈴山蒸留所で始めたウイスキー造りとは

黒木本店といえば「百年の孤独」や「㐂六(きろく)」などを手がける宮崎屈指の焼酎の造り手。別屋の尾鈴山…

沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」の開発者に聞く、誕生ストーリーとジンに込めたこだわり 沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」~ 開発者に聞く、誕生ストーリーとジンに込めたこだわり

決して流通量が多くないジンでありながらも、バーテンダーなどプロから特に高い評価を得ている沖縄のジンが…

世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売

本来焼酎はバーでも楽しめるもの。改めてそう思わせてくれるような焼酎が登場します。国内外に複数…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP