一部終売で話題のウイスキー「竹鶴ピュアモルト」がリニューアル!数量限定で3/31から販売

一部終売で話題のウイスキー「竹鶴ピュアモルト」がリニューアル!数量限定で3/31から販売

「17年」「21年」「25年」といった計3つの年代別銘柄の終売が決まったことで大きなニュースとなっていた、ニッカウヰスキーの看板ブランド「竹鶴」。
その中で唯一今後も販売されることとなっていた「竹鶴ピュアモルト」のリニューアルが発表され、ラベルデザインも新たに2020年3月31日(火)〜数量限定で発売されることに!

今回は“新”竹鶴について、リリース情報を元に簡単にご紹介!
一体どんなリニューアルとなったのでしょうか?

余市原酒の比率を高めた“新”竹鶴ピュアモルト

国内外でのあまりに人気ぶりに、一部銘柄が終売となるほど“原酒不足”が大きな問題となっているジャパニーズウイスキー。
ニッカウヰスキーも例外ではなく、「余市」「宮城峡」といったシングルモルトブランドの他、「竹鶴」も出荷調整を行なっていましたが、ウイスキーは熟成に長い年月を要することもあり、需要に対して供給が追いつかず、今年の年初に年数表記(ヴィンテージ)の竹鶴の終売が報じられました。
とはいえブランド自体が終売となるわけではなく、年数表記のない(ノンヴィンテージ)「竹鶴ピュアモルト」は、リニューアルのうえ、継続して販売されることとなっていました。

竹鶴といえば、甘さと華やかさが特徴の宮城峡蒸溜所のモルト原酒をベースに、香ばしさとリッチでコクのある余市蒸溜所の原酒のみをブレンドして造られる“ブレンデッドモルトウイスキー”。
年数表記のないピュアモルトは、熟成年数にとらわれずに様々な特性の原酒を使用し、絶妙なブレンドで仕上げた一本。バニラのような甘い香りとフルーティーでリッチな香りが調和した、複雑かつコクのある味わいが特徴です。

今回のリニューアルでは、アルコール度数など基本的なスペックは変わりませんが、余市の原酒の使用比率を高めることで、コクや香ばしいピートの余韻を付与させたそう。
また、ラベルデザインは黒から明るいベージュに刷新。デザインもより洗練され、竹鶴らしい高級感が増す見た目となりました。
リニューアル後も限りある原酒を有効活用するべく出荷調整が続けるようで、年間数量を22,000ケース(1ケース=700ml12本、約26万本分)に限定して販売するとのことです。

新しい「竹鶴ピュアモルト」のボトル

新しい「竹鶴ピュアモルト」のデザイン、ラベルの色が大胆に変更され、全体的に洗練された印象

ちなみにニッカウヰスキーは2017年以降、2015年比で約180%の原酒増産を行っているとのこと。
また、2019年から2021年にかけて約65億円の設備投資を行い、余市・宮城峡の両蒸溜所で設備を増強することで供給力アップを図るようです。

ひょっとすると、今後年数表記の銘柄の復活もあり得るかもしれません。
とはいえまずは、新しい「竹鶴ピュアモルト」を味わってみては?

「竹鶴ピュアモルト」詳細

アルコール分:43%
容量:700ml
発売日:2020年3月31日 (火)
発売地域:全国
価格:オープン価格 *参考小売価格:4,000円(税別)
販売数量:年間22,000ケース(1ケース=700ml×12本)

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 秩父蒸溜所レポート!イチローズモルトは“魅力的な人たち”が造っていた 秩父蒸溜所レポート!イチローズモルトは“魅力的な人たち”が造って…
  2. トワイスアップ、どんな飲み方? ウイスキーにおすすめ?「トワイスアップ」とはどんな飲み方?
  3. 世界一のウイスキーは? スコッチ、バーボンなど部門別に見る、世界一売れているウイスキーの…
  4. ハイボールとは? なぜウイスキーソーダだけハイボールなのか?名前の由来は?
  5. グレンモーレンジィ・アスター2017 あのアスターが復活!グレンモーレンジィ・アスター2017が限定発…
  6. ウイスキー蒸留所発・クラフトジンまとめ ウイスキー蒸留所が手がけるクラフトジンまとめ【全8銘柄】
  7. 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISKY&SPIRITS FESTIVAL 2019」が12/8に開催! 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISK…
  8. 世界のバーで人気のスコッチウイスキーランキング-TOP 10 [2020年版] 世界のバーで人気のスコッチウイスキーランキング-TOP10 [2…

おすすめ記事

トップバーテンダーが手がける“クラフト・ジントニック”のための蒸溜所プロジェクトが始動!

シンプルなカクテルながら、その爽やかな香りと洗練された口当たりに、バーで味わうジン&トニックに癒され…

造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売! 造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売!

この度、洋酒専門の酒販店・株式会社千雅とLiquorPage(当メディア)は、国産ジンが造り手が一つ…

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP