テキーラをカジュアルに楽しめる!美味しいカクテル「バタンガ」をご存じ?

テキーラをカジュアルに楽しもう!美味しいカクテル「バタンガ」をご存じ?

ウイスキーやジンなどと同じく、アルコール度数が40%前後のテキーラ。
度数の高さは飲み方の幅広さでもあり、ストレートはもちろん、ソーダ割りやカクテルなど様々な飲み方で楽しめるのは、テキーラの大きな魅力でもあります。

今回ご紹介するのは、テキーラの人気カクテルの一つ「バタンガ」。
近年はアメリカを中心に、世界的にテキーラが大人気となっていることもあり、テキーラカクテルの人気も上昇しているのですが、その中でもバタンガは、日本人の体質にも合ったオススメのカクテルです。
その特徴とレシピなど、基本的な情報を簡単にご紹介します。

テキーラとコーラ、塩で作る、グビグビいけちゃうカクテル「バタンガ」

テキーラカクテルと聞くと、アルコール度数が強めのカクテルばかりをイメージする方も少なくなさそうですが、そんなことはありません。
今回ご紹介する「バタンガ」は、比較的度数が低く、カジュアルに楽しめるテキーラカクテルです。
そのレシピは、テキーラとライムジュース、それにコーラ、そしてアクセントとして塩を使用するのが特徴的。テキーラと塩は相性が良く、マルガリータやパロマなど、代表的なカクテルにも使用されています。
テキーラとコーラの甘くスパイシーで爽快な口当たりが、塩によって引き締まり、より爽やかな味わいとなります。
飲み手をあまり選ばず、いつ何時でも飲んでいられるその味わいが魅力の一杯です。

バタンガ

バタンガ

そんなバタンガは、テキーラの産地メキシコで誕生した、現地でも大人気の飲み方。
多くの造り手が集まるハリスコ州テキーラ村にある老舗バー「La Capilla De Don Javier」で、1937年に、オーナーのハビエルさんによって考案されました。
同店は、世界中のテキーララバーが訪れる有名店。作る際に、バースプーンではなく、ライムを切ったナイフでまぜるスタイルがなんとも特徴的で、テキーララバーの間ではよく知られています。

バタンガのレシピと作り方

次に、バタンガのレシピと作り方をご紹介します。

【レシピ】
テキーラ(ブランコorレポサド) 60ml / ライムジュース 30ml / コーラ 100ml / 塩ひとつまみ (※レシピ参考:アサヒビール)

【作り方】
グラスにひとつまみの塩を入れ、氷、テキーラとライムジュース、コーラを加え、そっとかき混ぜる。

【アルコール度数】
12%前後

以上がバタンガの作り方。
本家の作り方では、塩はグラスに中に加えるのではなく、縁にあしらいます(いわゆるスノースタイル)。
しかし、こちらのレシピのように、直接グラスに入れるバーも多く、自宅で試す際は、この手法の方が気軽で良いでしょう。
また、レシピ通りではなく、テキーラの分量を少し減らすことで、より気軽に楽しめるようになるため、こちらもおすすめです。

abv+の野村空人さんが創作した自家製コーラを使ったバタンガ

abv+の野村空人さんが創作した自家製コーラを使ったバタンガ、このように趣向を凝らしたバタンガも少なくない

まずは飲んでみては?

日本ではまだまだ知られていないバタンガですが、度数の低さと程よい甘さが感じられるフレッシュで爽快な味わいは、日本人の体質にも合っていると言えます。
その飲み口の良さから、1杯目のお酒としてもぴったりで、ついついグビグビいきたくなる、そんなカクテルです。
バーでも自宅でも、ぜひ一度、バタンガを楽しんでみてください。

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. メスカルってどんなお酒?その特徴とテキーラとの違いをざっくりご紹介! メスカルってどんなお酒?その特徴とテキーラとの違いをざっくりご紹…
  2. 海外では当たり前の文化?テキーラ×アートを「⻘参道アートフェア」で体験してみよう 海外では当たり前の文化?テキーラ×アートを「⻘参道アートフェア」…
  3. サンフランシスコ生まれの大人気カクテル「“トミーズ”マルガリータ」とは サンフランシスコ生まれの大人気カクテル「“トミーズ”マルガリータ…
  4. 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅…
  5. テキーラだけの特徴 他のお酒にはない!テキーラだけに存在するある特徴とは?
  6. 味も違う?シルバー、レポサド、アネホなどテキーラのクラスを簡単比較 味も違う?シルバー、レポサド、アネホなどテキーラのクラス分けを簡…
  7. 動画でテキーラを知ろう!テキーラ情報を発信する動画チャンネルをご紹介 動画でテキーラを知ろう!テキーラ情報を発信する動画チャンネルをご…
  8. テキーラの原料「アガベ」の深刻な不足問題 テキーラの危機!原料のアガベ不足が深刻に、価格も急騰…今後どうな…

おすすめ記事

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 - アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 – アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは?

青く輝く美しいボトルで知られる『ボンベイ・サファイア』は、日本でも人気のジンですが…その蒸溜所の様子…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP