国内外のジンが大集合!絶好のロケーションでジンを楽しめる「GINfest. TOKYO 2018」の開催が決定!

GINfest. TOKYO 2018

「今、多方面から注目を集めているお酒、ジン」

6/9(土)-6/10(日)の二日間、東京・天王洲の「天王洲Canal Side “T-LOTUS M”及びその周辺施設」にて、日本初のジン・フェスティバル「GINfest. TOKYO 2018」を開催します。
運河沿いの絶好のロケーションで、昼間からジンを楽しみ、ジンで繋がり合うための一大イベントです。

LiquorPageはGINfest.TOKYOの運営メンバーとして参画しています。
今後、当イベントとの連動コンテンツをお送りしていきます。

「GINfest.TOKYO 2018」とは?

GINfest.TOKYO 2018のバナー

GINfest.TOKYO 2018は、ジンを軸に「味わう、知る、繋がる」がコンセプトの日本初のジン・フェスティバル。
イベントをとおしてジンの魅力を「味わう」「知る」ことはもちろん、作り手やインポーター、そして来場者の方達を含む参加者全員がジンをとおして「繋がる」ことができます。

新国立競技場の設計者としても知られる隈研吾氏監修による美しい船上スペースをメイン会場に、天王洲の運河沿いの倉庫をリノベーションした空間や、200mにも及ぶボードウォークなどの周辺施設で開催されます。
当日は、作り手やインポーターの方々が立つブースにて、国産クラフトジンや海外のジンの飲み比べはもちろん、ボトルの購入も可能。会場内に登場する、ジンにフォーカスするバーや人気バーテンダーによるスペシャル・バーでジン&トニックなどのカクテルも堪能できます。

また、GINfest.TOKYO 2018は、アンティークやビンテージファッションなどの古いものをはじめ、コーヒーや温かいお食事など、魅力溢れる様々なお店が集結する「Tennoz Harbor Market」との同時開催。
両イベントとも「入場無料」なので、ジンやカクテルを片手にTennoz Harbor Marketもお楽しみいただけます。

会場である運河沿いの倉庫とボードウォーク、美しい船上のスペースの写真。

運河沿いの倉庫とボードウォーク、美しい船上のスペースが会場。

なぜジンのイベントなのか?…実は6/9はワールドジンデイ

20種近い国産クラフトジン

続々とリリースされている国産クラフトジンは、メディアにも取り上げられ話題となっている。

バルセロナ、ロンドン、ニューヨークに始まり世界を席巻するジンのムーブメント。
ジュニパーを軸に、その土地ならではのボタニカル(草根木皮)を使用した個性豊かな味わいやストーリー、作り手から飲み手までの距離が近い自由でフレンドリーな雰囲気や、美しいボトルデザインはジンの大きな魅力です。
ここ日本でもジン専門店の登場や、日本ならではのボタニカルを使用したクラフトジンのリリースが相次ぎ、大きな話題を集めています。

そんな今話題のジンですが、実は6月9日はワールドジンデイ(World Gin Day)と定められており、世界中でお祝いのイベントが開催されます。
ここ日本でもお祝いしつつ、ジンのカルチャーを発展させるべく企画されました。

GINfest.TOKYOで体験できるコンテンツ

  • 国内外のジンの試飲
  • 国内外のジンの購入
  • ジントニックやオリジナルカクテル
  • セミナーやワークショップ

GINfest. TOKYO 2018 – 概要

200mにも及ぶボードウォーク

■公式サイト

HP: https://www.ginfest.tokyo/
Facebook: https://www.facebook.com/ginfest.tokyo/

※詳細情報はHPに、最新情報はFacebookページに掲載されています。

Tennoz Harbor Market公式HP: https://www.tennozmarket.com/

■開催場所

天王洲 Canal Side “T-LOTUS M”及びその周辺施設
[東京都品川区東品川2-1先]

■開催日時
GINfest.TOKYO メイン会場 T-LOTUS M
6月9日(土) 13:00-20:00

6月10日(日) 13:00-18:00

同時開催 TENNOZ HARBOR MARKET メイン会場 B&C HALL
6月9日(土)11:00-20:00

6月10日(日) 11:00-18:00


※スペシャル・バーはB&C HALLに登場します。

■入場料
無料

※試飲については1銘柄100円相当で可能。会場内で試飲専用のドリンクチケットを販売予定です。

※カクテルやフードは有料です。

■運営

GINfest.TOKYO 2018 運営事務局


[運営メンバー]

・三浦武明 (株式会社フライングサーカス / 代表取締役)

・小針真悟 (LiquorPage / Owner)

・野村空人 (ABV + / Chief Consultant)

・齋藤恵太 (LIQUID WORKS / Founder, Producer, Bartender)

・セキネトモイキ (ドリンクディレクター [nokishita711 gin & cocktail labo.、The Roots of all evil.])
・米内口佳之 (株式会社フライングサーカス / ドリンクディレクター)

イベントに関するお問い合わせ先

GINfest.TOKYO 2018 運営事務局

Tel: 03-6805-1892 ((株)フライングサーカス“GOOD MEALS SHOP 渋谷本店”内)

Mail: info@craftgin.jp

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. Amazonで人気のジン・クラフトジンランキングTOP12 [2021-8月版] Amazonで人気のジン・クラフトジンランキングTOP12 [2…
  2. ローンウルフのジントニック缶が発売!その中身が本格的すぎる! ローンウルフのジントニック缶が発売!その中身が本格的すぎる!
  3. 世界のジン、売上TOP5 世界一売れているジンは?売上TOP5のジン銘柄を発表!
  4. クラフトジン・ヘンドリックス ヘンドリックス…クラフトジンのパイオニア的銘柄を徹底解剖
  5. クラフトジンと相性抜群!プレミアム・トニックウォーターおすすめ6銘柄まとめ クラフトジンと相性抜群!プレミアム・トニックウォーターおすすめ6…
  6. プレミアムトニックウォーター「フィーバーツリー」が世界的人気を集めるワケ プレミアムトニックウォーター「フィーバーツリー」が世界的人気を集…
  7. ピーチパインを使用したトロピカルな沖縄産ジン「ORI-GiN 1848」が発売! ピーチパインを使ったトロピカルな沖縄産ジン「ORI-GiN 18…
  8. 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISKY&SPIRITS FESTIVAL 2019」が12/8に開催! 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISK…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP