バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選

バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選

バーは本来、レストランなどと同じように知識を持たずとも楽しめる場所であり、カウンター越しに立つバーテンダーに身を委ねても良い場所です。
とはいえバー未経験者や不慣れな方の中には「少しぐらいの予備知識は欲しい」と思う方もいるでしょう。
そこで今回は、これだけ覚えておけば安心できるであろう、バーで人気のド定番クラシックカクテルを10個ご紹介!度数やレシピなど簡単な特徴もご紹介します。

1. ドライ・マティーニ

ドライ・マティーニ

“カクテルの王様”と喩えられるジンの王道カクテルの一つ。ジンとドライ・ベルモット(香草を加えたワイン)で作るシンプルなカクテルで、アルコール度数は30度前後。その名のとおりキリリとドライな味わいが特徴です。日本においてはバーの顔ともされているカクテルです。

2. ネグローニ

ネグローニ

ネグローニは、ジンの他、イタリアが世界に誇るリキュールであるカンパリと、スイート・ベルモットで作られるイタリア発祥のカクテル。ハーブの香りと、甘さとほろ苦さが絶妙に絡み合っています。世界のトップバーでは全カクテルの中で2番目に人気のあるカクテルです。アルコール度数は25度前後。

世界のバーでの人気カクテルランキングはこちら
世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10

3. ギムレット

ギムレット

ジンのカクテルとして根強い人気を誇るギムレットは、ジンの他、ライムジュース、砂糖というとてもシンプルなレシピで作られるカクテル。アルコール度数は30度前後とやや高めですが、柑橘系のさっぱりした味わいが魅力です。

4. ダイキリ

ダイキリ

ラムのクラシックカクテルとしておそらく最も有名なダイキリ。ラムとレモンジュースで構成され、シャープながらも多少の甘みも感じさせるアルコール30度前後のカクテルです。文豪ヘミングウェイが愛したとされるシャーベット状の“フローズン・ダイキリ”も有名です。

5. モヒート

モヒート

今やバーでなくとも多くの飲食店で味わえるようになったモヒート。ミントの葉とソーダを加えることで与えられる清涼感はこのカクテルならではのものです。アルコール度数は15度前後が一般的。

6. マルガリータ

マルガリータ

テキーラの王道カクテルであり、アメリカを筆頭に世界的な人気を博すマルガリータ。テキーラとコアントロー(オレンジの皮のリキュール)、ライム、塩はそれぞれ相性が抜群。甘さも感じさせるさっぱり系の味わいで、グラスの縁の塩がそれらを引き立たせてくれます。アルコール度数は25度前後。フローズン・マルガリータも人気です。

7. パローマ

パローマ

テキーラの産地メキシコでは最もポピュラーな飲み方であるパローマ。グレープフルーツジュースとソーダ、そして塩で作られる、太陽の下で味わいたいとても爽やかな味わいのカクテルです。アルコール度数は10度前後で、今回ピックアップしたカクテルの中では最も飲みやすいと言えます。

8. コスモポリタン

コスモポリタン

ウォッカ・カクテルとしてとりわけ高い人気を誇るコスモポリタン。ホワイト・キュラソー(オレンジの皮のリキュール)の他、クランベリー&ライムジュースで作る美しい見た目のカクテルです。飲みやすい味わいですが、アルコール25度前後と決して度数は低くありません。

9. オールド・ファッションド

オールド・ファッションド

ウイスキーベースのカクテルの中でも特に有名なオールド・ファッションド。世界のトップバーではあらゆるカクテルの中で最も人気の高いカクテルとされ、バーの顔ともされています。ウイスキーの他、カクテルの隠し味としてしばしば用いられる苦味酒ビターズと砂糖で作る、シンプルながらも味わい深いカクテルです。アルコール度数は40度前後と高めですが、一度は味わっておきたいカクテルの一つです。

10. マンハッタン

マンハッタン

マティーニがカクテルの王様ならマンハッタンは女王様。ウイスキーの定番カクテルとして日本でもとても有名なクラシックカクテルです。スイート・ベルモットとビタースを加え、チェリーを沈める見た目も女性的なカクテルですが、度数は30度前後と高めです。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 和と洋の良さをあわせ持つ新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特徴に迫る 和と洋の良さが合わさる新時代の泡盛「尚」、その誕生ストーリーと特…
  2. 「東京カクテル 7 デイズ 2019」レポート 〜 最先端のクラフトカクテルをカジュアルに体験 「東京カクテル 7 デイズ 2019」レポート 〜 最先端のカク…
  3. 代の職人と50名のバーテンダーがコラボ!カクテルと人生のレシピ本「SMITHBOOK」が発売! 25名の現代の職人と50名のバーテンダーによる“カクテルと人生の…
  4. 日本一のバーテンダーに聞く - 何を考えながらカクテルを生み出しているのか? 日本一のバーテンダーに聞く、ゼロから最高のカクテルが生まれるまで…
  5. ウイスキー界のスターバーテンダーに聞く「進化系ハイボール」オススメ4つをご紹介 ウイスキー界のスターバーテンダーに聞く「進化系ハイボール」オスス…
  6. RTS・自宅で簡単カクテル 自宅でカンタンにあのカクテルが?「RTS」のすすめ
  7. プレミアムトニックウォーター「フィーバーツリー」が世界的人気を集めるワケ プレミアムトニックウォーター「フィーバーツリー」が世界的人気を集…
  8. ウォッカベースカクテル バーで飲みたい「ウォッカ」を使った代表的なカクテル8選!

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP