スターバックスのトップバーテンダーに聞く、今大人気のコーヒーカクテルの魅力

スターバックスのトップバーテンダーに聞く、今大人気のコーヒーカクテルの魅力

心を豊かにさせる飲み物として、日々の生活の中で幅広く親しまれているコーヒーとお酒。
実は今、これらを掛け合わせた“コーヒーカクテル”が世界中で人気を博しています。
その人気の背景や魅力、オススメのカクテルなどを、コーヒーカクテルのホットスポットでもある「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京 アリビアーモ™ バー」でチーフバーテンダーを務める大渕修一さんに聞いてみました。

大渕修一さんプロフィール
Japan Coffee In Good Spirits 2013、2015 優勝
アリビアーモ™ バーのチーフバーテンダーとして、バーの管理・運営、人材育成や技術協力などを担当。また、コーヒーカクテルの第一人者の一人として、イベントやセミナーに登壇するなど、社外での啓蒙活動も積極的に行う。

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック

なぜコーヒーカクテルが今盛り上がっている?

– まずは、そもそも大渕さんはなぜコーヒーカクテルに注力するようになった理由を聞いても良いですか?
大渕(敬称略):最初に入社したレストランでカフェ配属になり、コーヒーの世界を学びました。その後、西麻布でバーテンダーとして、ミクソロジー(従来の材料に捉われずに最新技術を駆使しながらカクテルを創作するスタイル)を学んだのですが、その経験のなかで、バリスタの世界にミクソロジーの流れが入ったら絶対に面白いと思っていました。
そんな中、偶然にも初開催されたCoffee In Good Spirits(コーヒーカクテルの大会)で、当時思っていた世界観を披露したところ、優勝することが出来ました。
それをきっかけに、コーヒー×アルコールの可能性を多くの方に伝えたいと思うようになったのです。

大渕修一さん

大渕さんは若手トップバーテンダーの一人としてバー業界でもよく知られる存在

– ではなぜ今、コーヒーカクテルは盛り上がっているのでしょうか?
大渕:あらゆる食材や調理方法などを積極的に取り入れてきたバーテンダーにとって、お酒と同じ嗜好品であるコーヒーに注目するのは必然の流れでした。
その結果、定番カクテルの人気ランキング「The World’s Best selling Classics (Drinks Internartional発表)」では、(王道コーヒーカクテルである)エスプレッソマティーニが4年連続でベスト10にランクインするほど、世界では空前のエスプレッソマティーニブームとなっています。
そのビッグウェーブが日本にも上陸しつつあるわけです。

– ではスターバックスでのコーヒーカクテルの盛り上がり具合についてはいかがでしょうか?
大渕:SNSなどを見て、ピンポイントでコーヒーカクテルを求める方も増えてきていますね。
ただ、コーヒーカクテルを飲みに来るというより、スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京での体験を求める人が圧倒的に多いです。だからこそ、コーヒーの新しい飲み方としてコーヒーカクテルを知らない方にご提案する機会も多く、結果的に、その認知度が上がっているという印象がありますね。

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京ではコーヒーをとおして特別な体験ができる

コーヒーカクテルの魅力、イチ押しのカクテルとは?

– そんなコーヒーカクテルの魅力は、どんなところにあるのでしょうか?
大渕:日本人はコーヒーを非常に多く飲む国民性です。そんな生活に寄り添うコーヒーの新しい飲み方は、広い層に受け入れられるポテンシャルを秘めています。
カフェタイム~夜までシーンを気にせず、どの時間でも気軽に楽しめるのはコーヒーカクテルの魅力だと言えますね。
カフェでもコーヒーカクテルを提供するところが増えてきていますし、同じくバーでもコーヒーカクテルを提供するところが増えてきています。
カフェとバーの業界がお互い理解し合い、歩み寄ってきている気がしますね。

アリビアーモバー内観

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京の3F、アリビアーモバーでは朝〜夜までコーヒーカクテルのほか様々なカクテルを楽しめる

– 大渕さんは普段、どんなことにこだわりながらカクテルを創作しているのでしょうか?
大渕:まずはコーヒー自体の品質や個性をしっかり紐解き、産地からテロワール(土壌、気候、地形などに由来する特徴)、生産処理から焙煎度合いまで、そのコーヒーから感じ取ったものを分解して、チャート化します。それぞれの味やフレーバーに相性の良いアルコールや食材をかけ合わせ、シナジーを導き出しながらカクテルとして仕上げていっていますね。

– 大渕さんイチ押しのコーヒーカクテルを教えてもらっても良いですか?
大渕:スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京でお楽しみいただけるカクテルの中から、まず一つ目は「スターバックス リザーブ エスプレッソ マティーニ」。
ウォッカ・エスプレッソ・シロップというシンプルなレシピだからこそ、コーヒーのクオリティーとバーテンダーの技術をダイレクトに感じることが出来ます。また、季節ごとに変わるロースタリーで焙煎した高品質なコーヒー3種からお好みのコーヒーを選び、その日の気分に合わせて楽しむことが出来るのですよ。

スターバックス リザーブ エスプレッソ マティーニ

定番コーヒーカクテルでもあるエスプレッソマティーニはスターバックスでも人気だという

そしてもう一つが「コールドブリュー ジン トニック」。
「コーヒー=苦くて飲みごたえがある」というイメージから真逆のアプローチで、スッキリ爽やかなカクテルの代表格であるジントニックをツイスト(アレンジ)したコーヒーカクテルです。コーヒーが“フルーツ”であることを再確認できる一杯ですね。

– 最後に、コーヒーカクテルの楽しみ方について何かアドバイスなどあればお願いします。
大渕:昨今は高品質のディカフェも生まれていますし、抽出方法によってはカフェインがグッと抑えられるものもあります。
バーテンダーやバリスタに相談しながら、好きなタイミングで肩を張らずに楽しんでほしいですね。

– インタビューへのご協力、ありがとうございました!

スポンサーリンク

多様なシーンで楽しめるコーヒーカクテル

お酒好きの方はもちろん、コーヒー好きの方も楽しめるのがコーヒーカクテルです。
コーヒーと言ってもエスプレッソからラテまで様々な飲み方があるように、それとお酒が組み合わさったコーヒーカクテルには、甘みが引き立つものから苦みがしっかりしたもの、フルーティーなものやクリーミーなものなど、様々な味わいのカクテルがあります。
そして、インタビューにもあったように、カフェとバー双方でコーヒーカクテルを味わえるお店が増えており、多様なシーンで飲み手が自由に楽しめるのは大きな魅力と言えます。

まだ未体験の方、まずは一度コーヒーカクテルを味わってみては?

【スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京】
住所:東京都目黒区青葉台2-19-23
営業:7:00-23:00 (LO 22:30、不定休)
HP:https://www.starbucks.co.jp/roastery/
当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 日本一のバーテンダーに聞く - 何を考えながらカクテルを生み出しているのか? 日本一のバーテンダーに聞く、ゼロから最高のカクテルが生まれるまで…
  2. 「東京 インターナショナル バーショー 2019」レポート 〜 今年もジン熱がすごかった 「東京 インターナショナル バーショー 2019」レポート 〜 …
  3. あるものを加えるだけでジン&トニックが美味しく、しかもSNS映えするようになる! “あるもの”を加えるだけでジン&トニックが美味しく変化…
  4. リキュールの名門「ボルス」監修の缶カクテルが登場!ファミリーマートで2/11から販売スタート リキュールの名門「ボルス」監修の缶カクテルが登場!ファミリーマー…
  5. カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場! カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TA…
  6. 今世界的にブームのカクテル「ネグローニ」特徴、レシピ、魅力をご紹介 今世界的にブームのカクテル「ネグローニ」特徴、レシピ、魅力をご紹…
  7. ALTOS BANDERA Competition 人気のテキーラ「オルメカ・アルトス」のカクテルコンペが開催!優勝…
  8. 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった… 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外で…

おすすめ記事

クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作 クラフトジンの王道・シップスミスのコミュニティ「Swan Lab」が始動!独自のカクテルブックを制作

クラフトジンの魅力といえば、個性あふれる味わいはもちろんのこと、クラフトならではのカルチャーに触れな…

割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説

ハイボールやジン&トニックなど、カジュアルにお酒を味わう上で欠かせないのが割材。バーの世界では“…

造り手に聞く - レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話 造り手に聞く – レストラン蒸溜所で造られる日本初のジン「NUMBER EIGHT GIN」開発秘話

近年、国産クラフトジンが大きな盛り上がりを見せる中、レストラン内で造られる日本初のジンとして、その独…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP