秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る

秋田の銘酒“山本”の造り手がクラフトジン「ナイトトラベラー」を発売!その全貌に迫る

美の国秋田といえば、全国的な人気集める日本酒を多く輩出する酒処。
そんな秋田の中でも、特に人気がある日本酒ブランドの一つ「山本」などを手がけるのが山本酒造店です。

この度、その山本酒造店がなんとジンをリリース!
「ナイトトラベラー」の名で、初回限定セットが8月末に発売されています。
今回はこちらのジンについて、開発者であり蔵元の山本友文さんに話を伺いながら、誕生までのストーリーや特徴などご紹介します。

商品協力:山本酒造店

ジン好きが高じて一念発起、日本酒の延長線上にあるジン

秋田名物・ハタハタでも有名な港町、八峰町で明治34年から酒造りを行う山本酒造店が手がけた「ナイトトラベラー」。
開発者の山本さんによれば、ジンの製造を考え始めたのは2017年春頃。なぜ日本酒の造り手がジンの製造に興味が湧いたのか、その理由については「私がジンをベースにしたカクテルが大好きだったから。バーに自社商品があれば嬉しいなとも思っていた」のだとか。
さらにもう一つ、山本酒造店はジンのベースとなり得る粕取焼酎も手がけていました。
ジンはベースとなるお酒(スピリッツ)に、ジュニパーベリーなどのボタニカルを加えて蒸溜し、香りづけされたお酒。自社で粕取り焼酎を手がけていたことで、それを土台に独自のジンを造ることができたのです。
そうしてジンの製造を決意すると、山本さんはジンの本場イギリスの世界的な造り手のもとや国産ジンの製造現場を訪問。ジンの製造に関する情報を収集をしたのちに、三宅製作所の銅製のポットスチルを新たに導入し、ジンの開発をスタートさせました。

ナイトトラベラーのボトル

ボタニカルの漬け込み時間にこだわることで、質の高い香りを抽出

まず土台となるベーススピリッツには、日本酒造りで発生した酒粕を用いた粕取焼酎「レインボー」の原酒を採用。それをポットスチルで蒸溜した上で、ボタニカルの抽出に最適とされる60度に調整。それに漬け込まれるボタニカルには、地元八峰町産の桔梗やカミツレ(カモミール)、秋田産の杉の葉、檜山茶、リンゴなど、秋田ならではの素材を採用。さらには品質最優先で仕入れたという海外産のジンの軸となるボタニカルもプラスし、合計20種類以上のボタニカルを使用することとなりました。
そしてその抽出方法も特徴的です。
ジンは一般的には、ベーススピリッツにボタニカルを漬け込む時間は1日前後とされていますが、専門家のアドバイスも受けながら、漬け込み時間を1週間〜2週間に決定。個々の香りの特性も踏まえながら1週間と2週間漬け込む素材で分けたそうです。
それらをポットスチルで蒸溜し、香りを抽出すると、仕上げに柑橘系のボタニカルを漬け込むことで香りを上乗せ。アルコール45度でボトリングし、「ナイトトラベラー」が完成しました。

ナイトトラベラーのジン&トニック

ナイトトラベラーのジン&トニック

“夜の旅人”をイメージした「ナイトトラベラー」初回シリーズはグラスとトニックがセットに

「分かりやすいシンプルなものではなく、沢山のボタニカルが重なったオーケストラのようなもの」を目指したという山本さん。それを実現させるベく、採算は度外視したのだとか。
そうして完成したジンは、羽田空港にある架空のバーで最終便を待つ“夜の旅人”をイメージし「ナイトトラベラー」と命名。
その仕上がりについては、すでに反響があり手応えを感じていると言い、まずは「自宅で楽しめる新たなアルコール飲料として定着してもらえればいいなと思います。今後は、日本酒の居酒屋での定番化、そして海外の拘りのあるバーで取り扱ってもらうことを目指します」と今後を見据えているそう。

日本酒の名手が手がけ、日本酒造りの副産物から誕生した、いわば“日本酒の延長線上”にあるともいえるナイトトラベラー。
ベース由来のフルーティーな吟醸香がありながら、ミントのような清涼感も感じさせる香り、そして繊細かつ柔らかな口当たりは、ジンに不慣れな方や日本酒ラバーにもぴったり。
まずは500mlのボトルとブランドのロゴが入ったグラスのほか、フィーバーツリーのトニックウォーター2本がセットになった初回シリーズ3000セットを8月末に発売。今後、業務用として720mlのボトルを10月下旬ごろに発売するとのことです。

ナイトトラベラーとグラスのセット

ナイトトラベラーとグラスのセット、この他フィーバーツリーのトニックウォーター2本が付く

「ナイトトラベラー」詳細

容量:500ml
アルコール度数:45度
価格:4,364円(税抜)
販売:山本酒造店の特約店で販売
ボタニカル:ジュニパーベリー、コリアンダー、シナモン、レモン・オレンジピール、ペパーミント、カシス、(以下、秋田産)桔梗、カミツレ、秋田杉の葉、檜山茶、リンゴ、セリなど合計20種類以上

※初回3000セットはグラスとフィーバーツリー・プレミアムインディアントニックウォーター2本セット(10月下旬に720mlボトルを発売予定)

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. バーテンダー開発の漬け込みキットで誰でも簡単に自家製フレーバージン&ウォッカの作製が可能に バーテンダー開発の漬け込み酒キット!誰でも簡単にフレーバージン&…
  2. クラフトジン・おすすめの飲み方 家飲みでもイケる!クラフトジンおすすめの飲み方まとめ
  3. クラフトジン専門店・東京 東京でクラフトジンを味わうならココ!私がオススメする2つの名店を…
  4. ジン好きが厳選!初心者でも楽しめる“国産クラフトジン”おすすめ4選 ジン専門家が厳選!初心者でも楽しめる“国産クラフトジン”おすすめ…
  5. ジントニックブーム 今年はジントニックが流行る!?NEWスタイル・ジントニックの魅力…
  6. “クラフトジン”徹底解説 〜 本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由 “クラフトジン”徹底解説 〜 クラフトの本当の意味と、これまでの…
  7. 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?TOP5を発表! 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?閲覧数ラン…
  8. 【北海道・東北版】クラフトジン全ブランド一覧 〜 12ブランドの特徴を紹介 【北海道・東北版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 12ブラン…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP