スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた

スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた

世界的なウイスキーブームの中で、昔から変わらず突出した存在感を放つスコッチ。
スコットランドで造られることからそう呼ばれるウイスキーは、長い歴史と伝統を持ちながらも、風味のタイプなど多様性に富み、新規参入が盛んであるなど、懐の深さも持ち合わせています。

そんなスコッチを品質を下支えする「定義」は一体どんなものなのでしょうか?
当記事では、スコッチと名乗るために満たさなければいけない定義について、簡単かつ丁寧にまとめていきます。

さすがは伝統国とあって、その定義は他国のウイスキーに比べやや厳しく定められています。

スポンサーリンク

スコッチ・ウイスキーの定義

スコッチ・ウイスキーの定義は、英国の法律で以下のように定められています。

  1. 水、酵母、大麦麦芽(モルト)およびその他の穀物を原料とすること
  2. スコットランドの蒸留所で糖化と発酵、蒸留を行う
  3. アルコール度数94.8%以下で蒸留
  4. 容量700リットル以下のオーク樽に詰める
  5. スコットランド国内の保税倉庫で3年以上熟成させる
  6. 水と(色調整のための)スピリットカラメル以外の添加は不可
  7. アルコール度数40%以上で瓶詰めする

少し分かりにくい部分があったと思うので、ウイスキー初心者の方でもわかるように簡単に補足していきます。

スコッチの定義を分かりやすく読み解く

上で記したスコッチを定義づける7つの規定を、ひとつずつ見ていきましょう。

1. 水、酵母、大麦麦芽(モルト)およびその他の穀物を原料とすること

どの国のウイスキーも、基本的には大麦麦芽やトウモロコシなどの穀物を原料としています。
それを水と酵母を使ってアルコール発酵させています。

大麦麦芽(モルト)の写真。

大麦麦芽(モルト)の写真。シングルモルトなどのモルトウイスキーは大麦麦芽のみを原料とする。

2. スコットランドの蒸留所で糖化と発酵、蒸留を行う

糖化、発酵、蒸留とはウイスキーの製造工程。
それらをスコットランド内で行わなければなりません。
要するに「スコットランド内でウイスキーを造ること」ということです。

3. アルコール度数94.8%以下で蒸留

ウイスキーは蒸留という技術によってアルコール度数を高めています。
その際の度数を、94.8%以下にしなければならないということ。他国のウイスキーにも同じような規定があります。

ちなみに、多くのウイスキーは67%前後に蒸留され、その後度数調整をへて、樽に詰めて熟成されます。

4. 容量700リットル以下のオーク樽に詰める

ウイスキーの熟成に使用される樽は、180〜500リットル前後が一般的です。
スコッチの熟成で最もポピュラーなバレル(バーボンの熟成に使った古樽)という種類の樽は、容量が180リットルです。

他国のウイスキーでは稀に大きなサイズの樽で熟成されることがあります。

一番手前の樽がバーボン樽(約180リットル)

一番手前の樽がバーボン樽(約180リットル)

5. スコットランド国内の保税倉庫で3年以上熟成させる

スコッチの定義において、最も重要な部分と言えます。

保税倉庫とは、樽熟成を行う熟成庫のことで、スコッチと名乗るためには、最低でも3年以上スコットランド国内で熟成させなければなりません。
つまり、スコッチの名がついたウイスキーは、たとえ年数表記がない商品でも最低3年以上は熟成されている、ということです。

日本やカナダなど他国では、熟成場所や熟成年数に決まりがないケースも多く見られます。

6. 水と(色調整のための)スピリットカラメル以外の添加は不可

一般的に、アルコール度数の調整をするために、瓶詰め前に水が加えられます。
また、一部ウイスキーでは色の調整のためにカラメルが加えられます。

7. アルコール度数40%以上で瓶詰めする

スコッチの多くはアルコール63.5%前後で樽に詰め熟成されます。
その後出荷にあたって瓶詰めを行う際、前述したように水を加え度数の調整を行うのですが、スコッチの場合、アルコール40%以上になるように調整しなければなりません。

ちなみに、日本のウイスキーの定義では瓶詰めアルコール度数については決まりがありません。

スポンサーリンク

厳しい定義によって品質が下支えされているスコッチ

このように、原料や産地だけでなく、製造方法まで厳しく定められているスコッチ。
伝統国として、昔から変わらず世界中から支持されるウイスキーの影には、厳しい定義があり、それによって品質が下支えされているのです。

ちなみに、アメリカのバーボン・ウイスキーも細かく定義されていることで知られていますが、スコッチのそれとは少し異なり、スコッチとバーボンの味わいが全く異なる理由が垣間見えます。
ぜひこちらもインプットしてみてください。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. 世界五大ウイスキー 世界五大ウイスキーとは?特徴をざっくり説明…実は日本も?
  2. Amazonは実は巨大なウイスキー販売店 実は超巨大な販売店!ウイスキーを買うなら「Amazon」がオスス…
  3. アイラモルトを知る シングルモルト入門〜「アイラモルト」を簡単解説!
  4. カバラン・ウイスキーとは カバラン 〜 世界的な評価を得た台湾のウイスキーの魅力とは
  5. 2017年にもっとも飲まれたウイスキーランキングTOP100を一挙紹介!by「HIDEOUT CLUB」 2017年にもっとも飲まれたウイスキーランキングTOP100を一…
  6. ストレートであるべき? ウイスキーはやっぱりストレート飲むのがおすすめ?
  7. 私のウイスキーのツマミ 私の家飲みウイスキーのツマミ 〜 5つに厳選してご紹介
  8. 初心者向けシングルモルトまとめ シングルモルト入門・初心者におすすめの定番モルト銘柄8選

おすすめ記事

バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選 バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選

バーは本来、レストランなどと同じように知識を持たずとも楽しめる場所であり、カウンター越しに立つバーテ…

世界で最も値段が高いバーボンは?高額バーボンランキング TOP5 世界で最も値段が高いバーボンは?高額バーボンランキング TOP5

あらゆるお酒の中でも高級酒が多く存在することで知られるウイスキー。時折、目を疑うような価格で取引され…

“タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の可能性に迫る “タガメ”を用いたジンが登場!誕生背景とジンの素材としての昆虫の可能性に迫る

昆虫食のスペシャリストチームとして知られるANTCICADA(アントシカダ)と、アルケミエ ジンなど…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP