スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた

スコッチ・ウイスキーの定義を簡単かつ丁寧にまとめてみた

世界的なウイスキーブームの中で、昔から変わらず突出した存在感を放つスコッチ。
スコットランドで造られることからそう呼ばれるウイスキーは、長い歴史と伝統を持ちながらも、風味のタイプなど多様性に富み、新規参入が盛んであるなど、懐の深さも持ち合わせています。

そんなスコッチを品質を下支えする「定義」は一体どんなものなのでしょうか?
当記事では、スコッチと名乗るために満たさなければいけない定義について、簡単かつ丁寧にまとめていきます。

さすがは伝統国とあって、その定義は他国のウイスキーに比べやや厳しく定められています。

スコッチ・ウイスキーの定義

スコッチ・ウイスキーの定義は、英国の法律で以下のように定められています。

  1. 水、酵母、大麦麦芽(モルト)およびその他の穀物を原料とすること
  2. スコットランドの蒸留所で糖化と発酵、蒸留を行う
  3. アルコール度数94.8%以下で蒸留
  4. 容量700リットル以下のオーク樽に詰める
  5. スコットランド国内の保税倉庫で3年以上熟成させる
  6. 水と(色調整のための)スピリットカラメル以外の添加は不可
  7. アルコール度数40%以上で瓶詰めする

少し分かりにくい部分があったと思うので、ウイスキー初心者の方でもわかるように簡単に補足していきます。

スコッチの定義を分かりやすく読み解く

上で記したスコッチを定義づける7つの規定を、ひとつずつ見ていきましょう。

1. 水、酵母、大麦麦芽(モルト)およびその他の穀物を原料とすること

どの国のウイスキーも、基本的には大麦麦芽やトウモロコシなどの穀物を原料としています。
それを水と酵母を使ってアルコール発酵させています。

大麦麦芽(モルト)の写真。

大麦麦芽(モルト)の写真。シングルモルトなどのモルトウイスキーは大麦麦芽のみを原料とする。

2. スコットランドの蒸留所で糖化と発酵、蒸留を行う

糖化、発酵、蒸留とはウイスキーの製造工程。
それらをスコットランド内で行わなければなりません。
要するに「スコットランド内でウイスキーを造ること」ということです。

3. アルコール度数94.8%以下で蒸留

ウイスキーは蒸留という技術によってアルコール度数を高めています。
その際の度数を、94.8%以下にしなければならないということ。他国のウイスキーにも同じような規定があります。

ちなみに、多くのウイスキーは67%前後に蒸留され、その後度数調整をへて、樽に詰めて熟成されます。

4. 容量700リットル以下のオーク樽に詰める

ウイスキーの熟成に使用される樽は、180〜500リットル前後が一般的です。
スコッチの熟成で最もポピュラーなバレル(バーボンの熟成に使った古樽)という種類の樽は、容量が180リットルです。

他国のウイスキーでは稀に大きなサイズの樽で熟成されることがあります。

一番手前の樽がバーボン樽(約180リットル)

一番手前の樽がバーボン樽(約180リットル)

5. スコットランド国内の保税倉庫で3年以上熟成させる

スコッチの定義において、最も重要な部分と言えます。

保税倉庫とは、樽熟成を行う熟成庫のことで、スコッチと名乗るためには、最低でも3年以上スコットランド国内で熟成させなければなりません。
つまり、スコッチの名がついたウイスキーは、たとえ年数表記がない商品でも最低3年以上は熟成されている、ということです。

日本やカナダなど他国では、熟成場所や熟成年数に決まりがないケースも多く見られます。

6. 水と(色調整のための)スピリットカラメル以外の添加は不可

一般的に、アルコール度数の調整をするために、瓶詰め前に水が加えられます。
また、一部ウイスキーでは色の調整のためにカラメルが加えられます。

7. アルコール度数40%以上で瓶詰めする

スコッチの多くはアルコール63.5%前後で樽に詰め熟成されます。
その後出荷にあたって瓶詰めを行う際、前述したように水を加え度数の調整を行うのですが、スコッチの場合、アルコール40%以上になるように調整しなければなりません。

ちなみに、日本のウイスキーの定義では瓶詰めアルコール度数については決まりがありません。

厳しい定義によって品質が下支えされているスコッチ

このように、原料や産地だけでなく、製造方法まで厳しく定められているスコッチ。
伝統国として、昔から変わらず世界中から支持されるウイスキーの影には、厳しい定義があり、それによって品質が下支えされているのです。

ちなみに、アメリカのバーボン・ウイスキーも細かく定義されていることで知られていますが、スコッチのそれとは少し異なり、スコッチとバーボンの味わいが全く異なる理由が垣間見えます。
ぜひこちらもインプットしてみてください。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. スペイサイドモルトを知る シングルモルト入門〜「スペイサイドモルト」を簡単解説!
  2. 大人気ウイスキー「マッカラン」の限定シリーズ「クラシックカット」がついに日本上陸! 大人気ウイスキー「マッカラン」の限定シリーズ「クラシックカット」…
  3. 2018 リカマンウイビアメッセ in KYOTO ウイスキー、クラフトビールが京都に集結!「リカマンウイビアメッセ…
  4. バーで飲みたいウイスキーカクテル ウイスキーカクテル 〜 バーで飲みたい本格カクテル8選
  5. 初の二日間開催!国内最大級の祭典「Whisky Festival in 東京」が11/24-25に開催! 初の二日間開催!国内最大級のウイスキー祭「Whisky Fest…
  6. グレンモーレンジィ・アスター2017 あのアスターが復活!グレンモーレンジィ・アスター2017が限定発…
  7. 蒸溜所併設のダイニングバー!「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」がオープン! 蒸溜所併設のダイニングバー!「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」が…
  8. ハイランドモルトを知る シングルモルト入門〜「ハイランドモルト」を簡単解説!

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP