“今味わっておきたい”世界が注目するウイスキーカクテル 5選

“今味わっておきたい”世界が注目するウイスキーカクテル 5選

数あるカクテルのカテゴリーの中でも、今最も元気なカテゴリーの一つが「ウイスキーカクテル」だということはご存じでしょうか?

ジャパニーズウイスキーが大きな注目を浴びるなど、ウイスキーそのものが世界的に大きなムーブメントとなっている昨今。
それを使ったカクテルもまた、英Drinks Internationalが発表する世界のバーでの人気カクテルランキング「The World’s Bestselling Classics」の最新版に9つもランクインするなど、大注目のカテゴリーなのです。

そこで今回は、数あるウイスキーカクテルの中から、上記ランキングにもランクインする今HOTなカクテルを5つピックアップ!
それぞれ簡単な情報とレシピを添えてご紹介します。

「The World’s Bestselling Classics」のTOP50はこちらでご紹介!
世界のバーで人気のカクテル・ランキング TOP50 [2020年版] 〜 レシピ付きでご紹介

1. オールドファッションド / Old Fashioned

オールドファッションド

まず一つ目は、100年以上の歴史を持つアメリカ生まれの代表的なクラシックカクテル「オールドファッションド」。
近年のウイスキーカクテル人気を最も象徴しているともされており、前述の人気カクテルランキングでは、マティーニやダイキリなど数多くの王道カクテルを差し置いて、なんと直近の6年連続で1位に選出。
そんなオールドファッションドは、ウイスキーの味わいを全面的に活かしたカクテルで、基本的にはアメリカンウイスキーで作るのが王道レシピ。
世界的には今やバーの顔とも言えるカクテルで、お店による味わいの違いを楽しむバーラバーも多いようです。

【レシピ】
ウイスキー45ml、角砂糖1個、アロマティックビターズ1dash、オレンジ、レモン、チェリー

2. ウイスキサワー / Whisky Sour

ウイスキサワー

こちらもウイスキーのクラシックカクテルとして名高い「ウイスキーサワー」。諸説あるものの、伝説的なバーテンダーとして知られるジェリー・トーマスが1862年に著書にて公開したのが始まりとされています。
カクテルにおける“サワー”とは、レモンなどの酸味を活かしたカクテルの総称。ウイスキーサワーは、その中でも今特に人気を集めており、前述の人気ランキングでは、最新版となる2020版で5位を記録。
こちらもアメリカンウイスキーをベースとするのが一般的で、まろやかさを出すべく卵白を使うレシピもあります。

【レシピ】
ウイスキー45ml、レモンジュース20ml、砂糖1tsp、オレンジ、チェリー

3. ペニシリン / Penicillin

ペニシリン

2005年の生まれの新時代を代表するウイスキーカクテル「ペニシリン」。
現在NYの超人気バー「Attaboy」を経営するバーテンダー、サム・ロスさんが考案したカクテルで、前述のランキングの2020版では18位にランクインした今アツいカクテルの一つです。
穏やかな特徴を持つスコッチウイスキーと、スモーキーフレーバーが特徴的なアイラウイスキーを使用する斬新なレシピによる、ユニークな味わいのカクテルです。

【レシピ】
(ブレンデッド)スコッチウイスキー60ml、ハニージンジャーシロップ22.5ml、レモンジュース22.5ml、(シングルモルト)アイラウイスキー7.5ml

4. ブールヴァルディエ / Boulevardier

ブールヴァルディエ

Bar Liquid Ruby(新宿)で提供されているブールヴァルディエ

フランスで100年前に生まれたという歴史を持ちながら、近年人気が急上昇しているウイスキーカクテル「ブールヴァルディエ」。ランキングの2020版では15位を記録。
そのレシピは、ジンの王道カクテル「ネグローニ 」の“バーボンウイスキー版”といったところ。
ジンのそれより、バーボンの甘さが引き立つどっしりダイナミックな味わいが特徴で、ハーブ様の華やかな香りが心地よいカクテルです。

【レシピ】
バーボンウイスキー1/3、カンパリ1/3、スイートベルモット1/3

5. アイリッシュコーヒー / Irish Coffe

アイリッシュコーヒー

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京でも提供されているアイリッシュコーヒー

最後にご紹介するのは、1940年代にアイルランドの空港で生まれたコーヒーカクテル「アイリッシュコーヒー 」。
実は今バーシーンでは、ウイスキーの他、コーヒーカクテルも注目を浴びており、2つの大きなトレンドが合わさっているのがこのカクテルで、前述のランキングの2020版では、ホットカクテルとして唯一ランクイン。(49位)
甘さと苦さが絶妙に調和するコクのある味わいで、寒い冬はもちろんのこと、季節問わずコーヒー代わりの一杯として、心落ち着かせたいときに飲みたいカクテルです。

【レシピ】
アイリッシュウイスキー30ml、砂糖1tsp、ホットコーヒー適量、生クリーム適量
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG …
  2. 白州蒸留所・見学レポート 白州蒸留所に行ってきた【見学レポート】
  3. そのまま飲んでも美味しい!ジン&トニックにオススメのトニックウォーター4選 そのまま飲んでも美味しい!ジン&トニックにオススメのト…
  4. 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」…
  5. クラフトジンと相性抜群!プレミアム・トニックウォーターおすすめ6銘柄まとめ クラフトジンと相性抜群!プレミアム・トニックウォーターおすすめ6…
  6. ウイスキーに飲み慣れる ウイスキー初心者がウイスキーに飲み慣れるようになるには…
  7. “今味わっておきたい”世界で人気を集めるテキーラカクテル 5選 “今味わっておきたい”世界で人気を集めるテキーラカクテル 5選
  8. 「パトロン」カクテルコンペ優勝者、中村充宏氏に聞く② 〜 バーテンダーとしてのストーリー、コンペで勝ち続ける理由 「パトロン」カクテルコンペティション優勝者、中村充宏氏に聞く② …

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP