ハイボールの起源とされるスコッチ「デュワーズ」はなぜ若い世代に人気?

ハイボールの起源とされるスコッチ「デュワーズ」はなぜ若年層に人気?

ウイスキーの一つの楽しみ方として、カジュアルにもフォーマルにも楽しめるハイボール。チョイスするウイスキーによって、異なる仕上がりとなることは魅力の一つですが、数あるウイスキーの中でも「ハイボールの起源」とされるブランドがあるのはご存知でしょうか?
その名は「デュワーズ」。
世界的にも、そしてここ日本でも大人気のスコッチウイスキーブランドですが、特に若年層の間で人気が高いとされています。
そこで今回は、ブランドの特徴に触れながら、人気の理由を探っていきます。

デュワーズとは?

1846年にスコットランドの地で、ジョン・デュワーが創業した「デュワーズ」。彼の息子らがその意思を継ぎ、ビクトリア女王の時代から現在まで英国王室御用達を受ける他、品評会での受賞歴が1000を超えるなど、代表的なスコッチブランドへと成長しています。
ハイボールの起源については諸説ありますが、1905年に発行されたThe World紙によれば、1891年にジョンの息子トミーが提唱したのが始まりだとされています。実際にデュワーズは1890年代からハイボールのプロモーションを行なっており、その文化の普及に重要な役割を果たしたと言えます。
そんなデュワーズですが、ここ日本でもかなりの人気が。デュワーズの輸入を行うバカルディ ジャパン社によれば、2012年からの6年間で売れ行きはなんと13倍に。今やスコッチウイスキーとしては3番目の売り上げを誇るブランドなのです。

日本で展開されているデュワーズのシリーズ

日本で展開されているデュワーズのシリーズ

人気の理由とは?

昨今、ウイスキーの楽しむ若年層が増えてきていますが、デュワーズは、ウイスキーカテゴリーの平均に比べ、20〜30代の購買層が多いのだとか。
実は同ブランドは、そうした層が楽しめるイベントを盛んに行なっており、昨年3月にTRUNK (HOTEL)で開催された「SCOTCH EGG CLUB」では若手トップバーテンダーが15人も集結。カジュアル&スタイリッシュなバーラウンジで、それぞれオリジナルカクテルを創作し、若年層を中心に多くのカクテルラバーが来場していました。

SCOTCH EGG CLUB

SCOTCH EGG CLUBの様子

また、今年の8月には「Dewar’s Highball Crossing Festival」を開催。銀座のど真ん中で、アーティストが奏でる心地よい音楽を聴きながら、“チル”にハイボールを楽しめるとあって、こちらも若い方を中心に多くの方が来場していました。

Dewar's Highball Crossing Festival

Dewar’s Highball Crossing Festivalの様子

こうした今の風潮にマッチした取り組みは、若年層人気の理由の一つと言えるでしょう。

キャッチャーさと分かりやすさ

一方でデュワーズは、バカルディ ジャパン社によればハイボール用ウイスキーとして、バーテンダーからの支持がNo.1なのだとか。営業後などにデュワーズのハイボールを嗜むバーテンダーは少なくなく、その厚い支持の一端が垣間見えます。
また、今年はデュワーズハイボール誕生100周年となる記念の年。それに際し「100年ハイボール」というプロモーションが大々的に行われています。
そうしたキャッチーさや、プロからの支持という分かりやすさもまた、若年層人気の後押しとなっているのでしょう。

2019年はデュワーズハイボール誕生100周年

2019年はデュワーズハイボール誕生100周年

スコッチといえば、ジョニーウォーカーやバランタインといったブランドも人気ですが、それらとはまた少し異なる独自の世界観を有するデュワーズ。
それがイベントやプロモーションなどを通じて発信されており、共感を生んでいる、だからこそ若い層から支持を得ているのだと考えられます。

さて、今回ご紹介したデュワーズ、日本では定番商品のホワイトラベルの他、12年や15年、それにハイエンド商品である25年など計5つがラインナップされています。
詳しくはAmazonをチェックしてみて下さい。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 人気旅行ガイド本とのコラボ!サントリー発「シングルモルトの歩き方」が発売 人気旅行ガイド本とのコラボ!サントリー発「シングルモルトの歩き方…
  2. ピートとは? ウイスキーでよく聞く「ピート」の正体とは?意味と役割を解説
  3. 「愛せよ、さもなくば憎めよ」熱狂的なファンを持つウイスキー「ラフロイグ」の特徴と魅力 愛せよ、さもなくば憎めよ…熱狂的なファンを持つウイスキー「ラフロ…
  4. 日本最大のウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル2019 in 東京」が11/16-11/17に開催! 日本最大のウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル2019 …
  5. オークションで「サントリー・山崎50年」が約3,250万円で落札 オークションで「サントリー・山崎50年」が約3,250万円で落札…
  6. サントリーから新ウイスキーブランド「碧Ao」が発売!5大産地の原酒をブレンド サントリーから新ウイスキーブランド「碧Ao」が発売!5大産地の原…
  7. ローランドモルトを知る シングルモルト入門〜「ローランドモルト」を簡単解説!
  8. ウイスキーの12年の意味 実は間違えやすい?ウイスキーの12年などの年数表記の意味

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP