世界五大ウイスキーとは?特徴をざっくり説明…実は日本も?

世界五大ウイスキー

ウイスキーといえば、スコッチやバーボンなど、スコットランド産、アメリカ産のウイスキーが有名ですね。
実はウイスキーには、世界的な産地をまとめた「世界五大ウイスキー」なるものがあります。

本記事では、この世界五大ウイスキーに含まれる産地とそれぞれの特徴についてざっくり説明していきます。
特徴について押さえておくと、購入する際やメニューを選ぶ際に役立つので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

日本も含まれる!世界五大ウイスキーの産地とは?

ウイスキーは主に北半球の国々で作られています。
それでは、五大ウイスキーに含まれる産地を見ていきましょう。

  • スコットランド:スコッチウイスキー
  • アイルランド:アイリッシュウイスキー
  • アメリカ:アメリカンウイスキー(バーボン)
  • カナダ:カナディアンウイスキー
  • 日本:ジャパニーズウイスキー

実は日本のウイスキーも、世界五大ウイスキーに含まれるのですね。

それでは各産地の特徴について見ていきましょう。

スコットランドウイスキーの特徴

シングルモルトウイスキーの本場で、日本でよく見かけるマッカランやグレンフィディックなどの産地です。
様々なシングルモルトをブレンドして作られたブレンデッドウイスキーも、かなり盛んに作られています。

ピートと呼ばれる泥炭を焚くことで、スコッチ独特のスモーキーな味わいがあります。

味や香りに関しては、
ブレンデッドウイスキーは、穏やかでほんのり甘い優しい飲み口です。
シングルモルトは、甘いものから辛いものまで、銘柄による個性が強烈に出ます。

シングルモルトとブレンデッドウイスキーの違いはこちらで解説しています。

有名なスコッチウイスキー

ブレンデッドウイスキー:ジョニーウォーカー、バランタイン、シーバスリーガル、デュワーズ
シングルモルト:グレンリヴェット、ラフロイグ、グレンモーレンジィ、タリスカー

アイリッシュウイスキーの特徴

スコットランドの隣国、アイルランドで作られるウイスキーです。
スコットランドと比べると銘柄数が少なく、日本ではあまりメジャーではないかもしれません。

しかし、五大ウイスキーの中では最も歴史が長く、一説によるとウイスキー生誕の地とも言われています。
長年下火状態にありましたが、近年復活を遂げ、今注目の分野でもあります。

味わいはスコッチに似ているのですが、ややスッキリしていて飲みやすい傾向にあります。

有名なアイリッシュウイスキー

ジェムソン、ブッシュミルズ、タラモア・デュー、カネマラ

アメリカンウイスキーの特徴

アメリカ産のウイスキーといえば、何と言ってもバーボンが有名です。
他の産地とは異なり、主原料はトウモロコシで、樽熟成は新しい樽で行わなければならない、という決まりがあります。

そのため味わいは独特で、木を焼いたような香ばしさとバニラのような甘みを同時に感じることができます。
味が強烈に感じる方もいるため、初心者など慣れてない方はハイボールなど割って飲むのがおすすめです。

ちなみにアメリカンウイスキーの代表銘柄であるジャックダニエルは、実はバーボンではありません。
詳しくはこちらをご参考ください。

有名なアメリカンウイスキー

ジャックダニエル、ジムビーム、フォアローゼス、ワイルドターキー

カナディアンウイスキーの特徴

アメリカのお隣りカナダで作られるウイスキーは、アメリカのバーボンなどとは質の異なるウイスキーを作り出します。

味わいは、五大ウイスキーの中で最もライトで、クセが少ないのが特徴です。
そのため、カクテル用としても多く用いられ、有名なウイスキーカクテル「マンハッタン」にも使われています。

有名なカナディアンウイスキー

カナディアンクラブ(通称:CC)、クラウンローヤル

ジャパニーズウイスキーの特徴

ここ日本で作られるウイスキーは、はじめはスコッチを手本に作られたので、質もスコッチに似ています。
日本のウイスキーの世界的評価は高く、WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)やISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)などの権威あるコンテストで、何度も世界一に輝いています。

スコッチ同様、シングルモルトウイスキー、ブレンデットウイスキーともに盛んに作られています。

味わいは、かなり繊細で上品な甘さを感じることができます。
五大ウイスキーの中では最も複雑な味わいがします。

有名なジャパニーズウイスキー

ブレンデッド:角、トリス、響、富士山麓
シングルモルト:山崎、白州、余市、竹鶴、イチローズモルト

※竹鶴とイチローズモルトの一部には、ヴァッデッドモルト(ブレンデッドモルト)に分類されるものもあります。

スポンサーリンク

まとめ

五大ウイスキーの特徴についてお分りいただけたでしょうか?
あくまでざっくりの説明だったので、細かいポイントやわかりづらいポイントはあえて端折っています。

より細かくは今後記事にしていくので、今しばらくお待ちください。

ちなみに、ウイスキー初心者の方には、スコッチかジャパニーズが飲みやすい&手に入りやすくおすすめです。

それでは以上、「世界五大ウイスキーとは?特徴をざっくり説明…実は日本も?」でした。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 8500名がウイスキーを楽しむ!ウイスキーフェスフェスティバル 2019 in 東京・レポート 8500名がウイスキーを楽しむ!ウイスキーフェスフェスティバル …
  2. なぜウイスキーは樽熟成させるのか。 そもそもなぜウイスキーは樽で熟成させるのか?
  3. 2018 リカマンウイビアメッセ in KYOTO ウイスキー、クラフトビールが京都に集結!「リカマンウイビアメッセ…
  4. Amazonは実は巨大なウイスキー販売店 実は超巨大な販売店!ウイスキーを買うなら「Amazon」がオスス…
  5. 憧れの高級スコッチ「ローヤルサルート」が一新!ブレンデッドモルトなど新銘柄が登場 憧れの高級スコッチ「ローヤルサルート」が一新!ブレンデッドモルト…
  6. 世界一のウイスキーは? スコッチ、バーボンなど部門別に見る、世界一売れているウイスキーの…
  7. 世界最強のピーテッドウイスキー「オクトモア」の新エディション「09.3 アイラ・バーレイ」が数量限定! 世界最強のピーテッドウイスキー「オクトモア」の新エディション「0…
  8. バーボンの定義とは バーボンウイスキーの定義解説〜他のウイスキーとの違いを知る

おすすめ記事

焼酎の名門「尾鈴山蒸留所」がウイスキー造りを開始!造り手にインタビュー 造り手に聞く – 焼酎の名門が尾鈴山蒸留所で始めたウイスキー造りとは

黒木本店といえば「百年の孤独」や「㐂六(きろく)」などを手がける宮崎屈指の焼酎の造り手。別屋の尾鈴山…

沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」の開発者に聞く、誕生ストーリーとジンに込めたこだわり 沖縄発トロピカルなジン「ORI-GiN 1848」~ 開発者に聞く、誕生ストーリーとジンに込めたこだわり

決して流通量が多くないジンでありながらも、バーテンダーなどプロから特に高い評価を得ている沖縄のジンが…

世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売

本来焼酎はバーでも楽しめるもの。改めてそう思わせてくれるような焼酎が登場します。国内外に複数…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP