動画でジンの飲み方、カクテルについて学ぼう!プロが発信する動画チャンネルをご紹介

動画でジンの飲み方、カクテルについて学ぼう!プロが発信する動画チャンネルをご紹介

今をときめく人気のお酒・ジンといえば、カクテルなどその飲み方にも大きな関心を寄せられています。
そんなジンの楽しみ方について、動画で学ぶことができたら良いと思いませんか?

ここ最近、バーテンダーなどプロによるカクテルやお酒の動画チャンネルが増えており、系列サイトのLiquorPage CLUBでは、いくつかそうした動画チャンネルをいくつかご紹介しています。
今回はその中から、ジンのカクテルや飲み方を学ぶためにぴったりな動画チャンネル及び動画をご紹介します!

スポンサーリンク

「ザ・ボタニスト」おうちカクテル動画

ザ・ボタニスト

スコッチの聖地ともされるアイラ島のウイスキー蒸溜所、ブルックラディで造られるジン「ザ・ボタニスト」。
ウイスキーラバーにとりわけ高い人気を誇る造り手が手がけるジンは、アイラ島に自生するボタニカルをふんだんに使用した“島のテロワール”が表現されており、今や世界的に知られています。
輸入元であるレミーコアントロージャパンのYouTubeチャンネルでは、ブルックラディ蒸溜所の動画が多数配信されており、その中にはザ・ボタニストの動画もあります。
このジンの動画では、著名なバーテンダーがザ・ボタニストを使用した「おうちカクテル」を紹介しており、実際のメイキングの様子をご覧になれます。
いずれも身近な素材でできるカクテルであり、家でジンを楽しみたい方にはぴったりです。

動画チャンネルページはコチラ
ザ・ボタニスト(レミーコアントロージャパン)

BAR TIMES

BAR TIMESチャンネル

日本を代表するバー業界のWEBメディア「BAR TIMES」が運営するYouTubeチャンネルです。
こちらのチャンネルでは、国内外のトップバーテンダーが出演し、カクテルをメイキングする動画を中心に配信。その中にはジンを使用したクラシックカクテルやミクソロジーカクテルも数多くあります。
トッププロによるカクテルメイキングは、そのレシピや見た目の創造性の高さはさることながら、美しい所作も見ていて楽しいポイントの一つです。
また、おうちカクテル専門チャンネルとして「BAR TIMES HOME」も運営しており、家飲み勢にはこちらもオススメです。

動画チャンネルページはコチラ
BAR TIMES

Cocktail Bar Nemanja

Cocktail Bar Nemanja

日本を代表するバーテンダーの一人、北條智之さんがオーナーのバー「Cocktail Bar Nemanja/ネマニャ(横浜)」のYouTubeチャンネルです。
こちらの動画では、お店で楽しめるシグネチャーカクテルの動画などを中心に配信。北條さんはドイツのクラフトジン「フェルディナンズ」のアンバサダーでもあり、ノンアルコールジン「NEMA」も手がけているため、これらを使用したカクテルの動画も配信されています。
創造性に溢れるカクテル動画は、見ているだけでも楽しませてくれます。

動画チャンネルページはコチラ
Cocktail Bar Nemanja

「ザ・ボタニスト座談会」by LiquorPage CLUB

ザ・ボタニスト座談会

LiquorPage CLUBのYouTubeチャンネルでは、zoomを使用した“オンライン座談会”の様子を配信しています。
毎回異なるテーマで、著名なバーテンダーなど3名をゲストに、テーマのお酒についての情報発信やおうちカクテルの実践などを収録。30〜60分前後の長編動画ですので、お酒を飲みながらゆっくりご覧になるのがオススメです。
その中でも前述した「ザ・ボタニスト」の座談会動画では、鹿山博康さん(Bar Benfiddich/新宿)、竹田英和さん(Bar霞町嵐/西麻布)、高橋理さん(BAR JUNIPER Trinity/大阪)といったザ・ボタニストにゆかりのあるバーテンダーをゲストに、ブランドの特徴や魅力を語っていただき、実際にカクテルも作っていただいています。

スポンサーリンク

「フィーバーツリー座談会」by LiquorPage CLUB

フィーバーツリー座談会

プレミアムミキサーの王道であるイギリス発のブランド「フィーバーツリー」もオンライン座談会で取り上げています。
ジンがテーマではないものの、トニックウォーターはジンを語る上で欠かせない素材であり、その知識があった方がジンも幅広い楽しみ方ができるでしょう。
当回では、日本でブランドアンバサダーを務める深水稔大さんの他、小栗絵里加さん(Algernon Sinfonia/赤坂)、山本圭介さん(Newjack/横浜)がゲスト出演。トニックを軸としたフィーバーツリーのブランド情報や、それらを使ったカクテルを実際に作っていただいています。
ジンをベースとしたカクテルもいくつか紹介されている他、基本はおうちカクテルであるため、プロの方だけでなく、家飲み派の方にもオススメです。

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kizashi」の魅力とは? 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kiza…
  2. ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと…
  3. なぜボンベイ・サファイアは“ジンを知る”上で重要なブランドなのか? なぜボンベイ・サファイアは“ジンを知る”上で重要なブランドなのか…
  4. クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説してみた クラフトジンとは?特徴〜飲み方までお酒初心者でも分かるように解説…
  5. あの高名なシャンパーニュとコラボ!「季の美 エディション G 京都ドライジン シャンパーニュ樽貯蔵」を発売! あの高名なシャンパーニュとコラボ!「季の美 エディション G 京…
  6. 国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ 国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ
  7. 尾鈴山蒸留所が手がけるクラフトジン「OSUZU GIN」が発売!造り手が語る特徴とこだわり 尾鈴山蒸留所が手がけるクラフトジン「OSUZU GIN」が発売!…
  8. 季のTEA(KI NO TEA)・特徴と魅力 季の美のお茶香る限定クラフトジン「季のTEA」の魅力に迫る

おすすめ記事

世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kizashi」の魅力とは? 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kizashi」の魅力とは?

国産クラフトジンが続々と登場し、ジンが大きな盛り上がりを見せる中、その相棒ともいうべくトニックウォー…

パティシエらと作る「ユウキ丸 2021迎春おせち」が300食限定で予約受付中 パティシエらと作る「ユウキ丸 2021迎春おせち」が300食限定で予約受付中!

新型コロナウイルス感染拡大問題など、社会を動かす様々な出来事があった2020年も後半に差し掛かり、あ…

トニックがない場合どうする?ジンを家でもっと気軽に楽しむ方法 トニックがない場合どうする?ジンを家でもっと気軽に楽しむ方法

今、国内外で大注目となっているお酒、ジン。クラフトジンの台頭もあり大きな盛り上がりを見せています…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP