美味しいジン&トニックを飲もう!オススメのクラフトジン厳選6選

美味しいジン&トニックを飲もう!オススメのクラフトジン厳選6選

今、ジン&トニックが大きく進化していることはご存じでしょうか?
ジン&トニックといえば、ジンをトニックウォーターで割っただけのシンプルなカクテル。
実はそのベースとなるジンの業界が、様々な香りを持つ個性豊かなクラフトジンの急増など、今世界的に大きく盛り上がっており、その最もポピュラーの飲み方の一つであるジン&トニックもまた多様化しているのです。
フルーティーなものやスパイシーなもの、ハーバルなものなど、どのジンをチョイスするかによって、ジン&トニックの仕上がりも大きく変化します。
そこで今回は、美味しいジン&トニックを楽しんでもらうべく、オススメのクラフトジンブランドを6つピックアップ。いずれも比較的有名なブランドですが、それぞれ特徴が異なるため、飲み比べを楽しめるはずです

1. シップスミス

シップスミスのジン&トニック

2009年、長らく元気をなくしていた“ジンの聖地”ロンドンで、200年ぶりに誕生した新たな蒸溜所、シップスミス蒸溜所で造られるジンがこちら。
19世紀ごろ確立されたロンドンドライジンの伝統的な製法とレシピを現代に甦らせたこのジンの登場によって、聖地としてのロンドンに活気が戻り、クラフトジンのムーブメントがヨーロッパ中に波及したとされています。
そんなシップスミスの特徴は、ジュニパーベリーを軸としたエレガントな香りと力強い味わい。シンプルながらも洗練されており、ライムやレモンを加えず、ただトニックで割るだけで、ハイレベルなジン&トニックを楽しむことができます。
まずは味わっておきたい王道のジン&トニックです。

2. フォーピラーズ

フォーピラーズのジン&トニック

近年、凄まじい勢いでクラフトジンの産地として成長しているオーストラリア。そんな同国を代表するブランドが「フォーピラーズ」です。
酒類メディアDrinks Internationalが世界のトップバーを対象に調査し、発表したジンのトレンドランキングでは、3位にランクインするなど、日本はもちろん世界的にその名は知れ渡っています。
フォーピラーズの特徴は、香り付けのボタニカルの軸としてフレッシュなオレンジを使用していること。一般的には乾燥させたピールを使用するところ、フレッシュの、しかも実ごと使用することで、オレンジの甘く華やかな香りをしっかり感じられます。
また、アニスやカルダモンなどのスパイシーな香りも感じられ、シップスミスより少々甘くスパイシーなジン&トニックを楽しむことができます。

3. ジン マーレ

ジン マーレのジン&トニック

ジンの世界的産地であるスペインが誇る人気ブランド「ジン マーレ」。
洗練されたスタイリッシュなボトルに記された「メディタレーニアンジン(地中海ジン)」というワードのとおり、オリーブを軸に、バジル、タイム、ローズマリーなど地中海産のハーブ類をふんだんに使用しているのがこのジンの最大の特徴です。
オリーブを多用していることあり、数あるジンの中でもとりわけオイリーな口当たりは独特で、また、ハーブの香りを強く感じるそのスタイルは唯一無二とも言えます。
ジン&トニックとして味わってもその特徴は崩れず、ハーバルなジン&トニックを味わいたい方に特におすすめのジンです。

4. ジーヴァイン ジン フロレゾン

ジーヴァイン ジン フロレゾン

フランスといえばワインの一大産地ですが、そのアイデンティティをジンに反映させたブランドが「ジーヴァイン ジン フロレゾン」です。
ジンはベースとなるお酒(スピリッツ)に、香り付けのボタニカルを加え蒸溜することで完成しますが、一般的にはベースのお酒は穀物や糖蜜が原料となります。しかしこちらのジンでは、フランスらしくブドウが原料のスピリッツを使用し、ボタニカルにはその花も使用。それにより、柔らかい口当たりとなり、フルーティーかつフローラルな香りはこのジンならではの特徴です。
とりわけ繊細で華やかなジン&トニックとなることから、ジン初心者の方にもオススメです。

5. オピア

オピアのジン&トニック

「東から西へ旅するスパイス」というコンセプトのもと、古代のスパイス航路に基づいて使用ボタニカルが選ばれたイギリス産のジン「オピア」。
オリエンタルなボトルデザインが特徴的ですが、そのイメージ通り、ジンの中でもとりわけスパイシーが香りが特徴のジンです。
カレーのような香りとも例えられるこのジンのトニック割りは、他のブランドをベースとしたジン&トニックとは一線を画しており、スパイスをふんだんに使った料理との相性もバッチリ。
好みは分かれがちですが、好きな人にはバチっとハマる、飲むスパイスとも言えるジンがオピアです。

6. SAKURAO GIN ORIGINAL / 桜尾ジン オリジナル

SAKURAOのボトル

最後に日本のジンをご紹介。
広島のSAKURAO DISTILLERYで造られる「SAKURAO GIN」。そのスタンダード商品が「ORIGINAL」です。
近年、焼酎をベースに使用したり、日本ならではの製法で造られる国産クラフトジンが急増していますが、SAKURAO GINは、あくまでロンドンドライジンの伝統的な製法で製造。香り付けのボタニカルも、スタンダードな素材を軸としながらも、お茶やゆずなどを使用することで個性をプラス。
ロンドンドライジンに日本のエッセンスを加えたジンは、海外でも評価が高く、購入しやすい価格帯であることから人気となっています。
そもそもこちらのジンは「ジン&トニックで美味しいジン」を目標に製造されており、国産ジンの中では特にジン&トニックにオススメしたい銘柄です。
クラシックなジン&トニックとしての骨格がありながら、どこか日本らしさも感じるジン&トニック、是非味わってみては?

美味しいジン&トニックにおすすめのトニックウォーターはこちらでご紹介!
そのまま飲んでも美味しい!ジン&トニックにオススメのトニックウォーター4選
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 「パトロン」カクテルコンペティション優勝者、中村充宏氏に聞く① …
  2. ジン・その魅力とは カクテルやロック、多様な飲み方に対応できる「ジン」の魅力
  3. 仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教える美味しい飲み方 仏産ブドウのジン「ジーヴァイン フロレゾン」の魅力と、プロが教え…
  4. ジャパニーズクラフトジン「ROKU」 〜 開発者に聞く誕生までのストーリーと込められた思い ジャパニーズクラフトジン「ROKU」 〜 開発者に聞く、誕生まで…
  5. 冬にぴったり!「ジンのお湯割り」のススメ 冬にぴったり!「ジンのお湯割り」のススメ
  6. 日本酒の名手と創りあげた特別なジン『OSUZU GIN KYOTO - 松本日出彦 Remix』が発売!造り手が語る思いとテーマとは? 日本酒の名手と創りあげた特別なジン『OSUZU GIN KYOT…
  7. 東京・蔵前にジンの蒸溜所がオープン!エシカル・スピリッツ社が「東京リバーサイド蒸溜所」を開設 東京・蔵前にジンの蒸溜所がオープン!エシカル・スピリッツ社が「東…
  8. 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 &…

おすすめ記事

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 - アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』前編 – アンバサダーが語るボタニカルへのこだわりとは?

青く輝く美しいボトルで知られる『ボンベイ・サファイア』は、日本でも人気のジンですが…その蒸溜所の様子…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP