ビールの原料「麦芽」とはそもそもどんなもの?

麦芽とは?

みなさんビールの原料についてはご存知でしょうか?

CMなどでも、よく「大麦麦芽が〇〇」や「〇〇麦芽を使用!」などと宣伝されているので、「麦芽なるものから作られている」とそれとなく知っている方は多いと思われます。

ここで素朴な疑問…

なぜ単純に麦ではなく「麦芽」なのでしょうか?
そもそも麦と麦芽って何か違うのか

というわけで本記事では、ビールの原料「麦芽」について、一体どんなものなのかをわかりやすく説明していきます。

麦芽とは大麦ちょっとだけ芽を出させたモノ

麦芽は麦と何が違うのか?

麦芽とは、大まかに言うと麦で間違いはありません。
具体的に麦の穂についている種(稲でいうとコメですね)を少しだけ発芽させた状態のものを言います。
麦芽という名前のとおり「芽が出た麦」ということです。
ちなみに麦芽は英語だと、malt(モルト)と言います。

↓こちらが麦芽です。

Grünmalz.jpg
By Peter SchillSelf-photographed, CC BY-SA 2.0 de, Link

麦芽の作り方

収穫した大麦の種を、まずは水に浸し、ちょっと芽が出て麦芽になった段階で水から出して乾燥・焙煎させます。
乾燥させ水分を飛ばすことで、成長が止まるので麦芽の状態をキープできます。

このように麦芽を作るには手間がかかります。
ではなぜ、そのままの麦ではなく、敢えて手間のかかる麦芽にするのでしょうか?

ちなみに、ビールに使用される麦は二条大麦という品種で、麦茶などに使用される多くの麦は六条大麦という品種です。

わざわざ麦芽にする必要があるのか?

手間をかけてまで、麦芽を使用する理由…
それは、麦芽の状態でないと、うまくお酒が作れない(発酵をさせにくい)からです。

発酵とは、糖分をアルコールに変えることです。
酵母菌が糖分を食べて、それをアルコールに分解して外に出すことで、原料がお酒に生まれ変わります。

実は麦やコメなどの穀物には、この発酵に必要な糖分が十分には含まれていません。
これらの穀物の主成分は、ご存知デンプンなのですね。

しかしデンプンには、麦やコメが持つ酵素によって自らを糖分に分解することができるという特性があります。(糖化といいます)
このデンプンの糖化は、麦芽の状態の方がスムーズにより多くの糖分を生み出せるのです。

つまり、麦芽にすることで糖分を生み出しやすくし、発酵させやすくしているんですね。

ちなみに日本酒や焼酎でもコメや麦を使用しますが、これらの場合は、麹と呼ばれる菌を使用することで糖化させています。
なので、コメにしろ麦にしろ芽をだす必要はありません。
発酵については、こちらの記事で詳しく解説しています。
そもそも発酵とは何か?をお酒初心者向けに簡単解説!

ウイスキーもビールと同じく麦芽から作られている

グラスに注がれたウイスキーとボトル

ご存知の方もいるかもしれませんが、ウイスキーの主原料も麦芽(モルト)です。

ウイスキーもビール同様、二条大麦の麦芽をほとんどビールと同じ工程で発酵させています。
出来上がったものを蒸留させて、蒸留からできたものを今度は樽で熟成させて、ようやくウイスキーとして世に送り出されます。

勘づいた方もいらっしゃると思いますが、ウイスキーを蒸留させる前のモノは要するにビールです。
つまりは、ざっくりいうとビールを蒸留させるとウイスキーになるということです。

ビールとウイスキーは兄弟と捉えると覚えやすいかもしれませんね。

ただ、ビールとウイスキーとでは味が全然違いますね。
そう考えると蒸留や熟成の力はすごいですね。

蒸留についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
ウイスキーや焼酎でよく聞く「蒸留」とは何か?を簡単解説!

まとめ

麦芽について、おわかりいただけたでしょうか?

麦芽とは、大麦の芽を少しだけ出させたもので、それを使用することでビールを作りやすくしている、ということです。
ビールにわざわざ麦芽を使用しているのにはしっかりと理由があったのですね。

これらは必要不可欠な知識ではありませんが、知っておくとお酒が少し楽しくなりますよ。

それでは今回はこの辺で。
以上、ビールの原料「麦芽」とはそもそもどんなもの?でした。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATCH THE SUNSET」が8/29〜31に開催! コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATC…
  2. アメリカで大流行するクラフトなお酒たち クラフトビールにクラフトウイスキー…アメリカではクラフトなお酒が…
  3. ビールに使用される3種の酵母 ビールの下面発酵酵母・上面発酵酵母・野生酵母をざっくり解説
  4. クラフトビール、冷やしすぎ? クラフトビール、冷やし過ぎていませんか?
  5. ピルスナーやペールエールなど主なビールタイプ ピルスナーやペールエール、IPAにスタウトなど…ビールタイプを簡…
  6. 蒸溜所併設のダイニングバー!「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」がオープン! 蒸溜所併設のダイニングバー!「常陸野ブルーイング 東京蒸溜所」が…
  7. 黒ビールと淡色ビール・色が違う理由 黒ビールに淡色ビール…ビールの色合いが違うワケとは?
  8. ラガーとエール ビールのラガーとエールの違いとは?をわかりやすく説明!

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP