私の家飲みウイスキーのツマミ 〜 5つに厳選してご紹介

私のウイスキーのツマミ

もう10年以上ウイスキー好きとして、自宅でもウイスキーを嗜んできた筆者ですが、近年ウイスキー人口が増えたこともあり、知人からウイスキーについての質問を受けることが多くなりました。
その多くが「おすすめのウイスキーは?」という定番の質問なのですが、同じく多く聞かれるのが「ウイスキーのツマミ、何が良い?」という質問。

お酒にツマミはつきものですから、最近ウイスキーを飲み始めた人からすると、やはりどのようなツマミが合うのか気になるのでしょう。
そこで本記事では、ウイスキー好きの筆者が自宅でウイスキーを飲む際にツマミとして用いるものをご紹介していきます。

おそらく「え?」と思うような、少々意外なツマミもありますが、参考になれば嬉しいです。

私が家でウイスキーを飲む際によく合わせるツマミを5つご紹介

まず、先に断りを入れておくと、筆者は飲むと完全に箸が止まるタイプです。
おそらくみなさんが想像してる以上に、食べなくなります。
そのため基本的にツマミもあまり食べないのですが、「何をツマミにするか?」には自分なりに強いこだわりがあります
それらを5つに絞り、ご紹介していきます。

1. ビターチョコ

ウイスキーのツマミの定番といえば「チョコ」

やはりチョコはウイスキーと合います
ジャパニーズウイスキーはもちろん、バーボンや多くのスコッチなど、甘みをしっかり感じるタイプには特に合います。
そもそもウイスキーは、樽熟成によってバニラの香味を伴うものが多いため、チョコと合わないワケがないのです。(チョコとバニラはよくある組み合わせ)

ただ、チョコであればなんでも良いというワケではなく、個人的にはウイスキーが持つ甘みを上回って欲しくないため、やや甘みが抑えられたビターチョコをツマミとすることが多いです。
他にはアーモンド入りのチョコをコンビニで買ってくることもあります。

2. ミックスナッツ

ミックスナッツもウイスキーのツマミの定番。
「ナッティー(ナッツのような)」と言われるウイスキーが多くあることからもわかるように、ナッツとウイスキーもよく合います

ミックスナッツといえば、塩味付きと無塩タイプがありますが、筆者は基本的に無塩タイプのものをチョイスしています。
あまり塩味が強いと、ウイスキーの繊細な味わいを感じにくくなってしまうからです。

ちなみに、他にもちょっとしたこだわりがあり、バーボンを飲むときだけは“ジャイアントコーンだけ”をツマミにします。
バーボンがトウモロコシからできているというのもありますが、なんとなくジャイアントコーンはアメリカ気分が増し、満足感も高まる気がするのでこれのみをツマミとします。完全になんとなくです。

3. 焼き海苔

海苔も、最近よくウイスキーのツマミに用います。
韓国海苔でも味付け海苔でもなく、おにぎりに使われる普通の焼き海苔です。

かなり意外かもしれませんが、どのタイプのウイスキーを飲むときにも海苔をツマミにするわけではありません。
基本的にはアイラ島のシングルモルトやタリスカーなど、海の塩っぽさが特徴のウイスキーを飲むときだけです。

それらのウイスキーの塩っぽさと、海苔の磯っぽい感じが絶妙にマッチするからです。

ツマミとしては変わりダネかもしれませんが、おそらく他のツマミに比べてかなり低カロリーでしょうし、カロリーや糖質を気にしている人もこれなら良いかもしれません。
焼き海苔、おすすめです(笑)

4. スモークチキンなど燻製食品

上記3つに比べて頻度は多くないですが、スモークチキンなどの燻製食品もよくツマミとして用います。

どちらかというと、スモーキーなタイプのウイスキーやハイボールにするときに多用します。
食欲を満たすのが目的ではないため、スモークチキンの場合、食べたい分だけ一口サイズに切って食べます。

スモークチキンの他には、スモークチーズやスモークサーモンなどが主な選択肢です。

5. Amazon Music Unlimited

もはやツマミの範疇かはわかりませんが、飲むとあまり食べなくなる筆者として「音楽こそ最高のツマミ」だと思っています。
基本的にウイスキーをじっくり味わう際には、何かしらの音楽をかけています。

かける音楽にも多少こだわりがあり、スコッチなど多くのウイスキーを嗜む際はジャズ系かピアノ系の音楽をよくかけますが、バーボンの時だけは、かなり昔のアメリカのロックンロール(チャックベリーとか)やポップ(フランクシナトラとか)をかけます。これも気分の問題です。

ちなみに音楽は、最近は主に「Amazon Music Unlimited」にてプレイリストを探して聴いています。
いわゆる定額の音楽聴き放題サービスで、ちょうど今30日間の無料体験を試している最中なのですが、(筆者がAmazonのプライム会員であるため)Apple Musicより200円安く済むのと、低音がキレイで音質が筆者好みなので、Amazon Music Unlimitedに鞍替えをする予定です。

まとめ

以上が筆者が家でウイスキーを飲む際に、よくツマミとして用いるものです。

最後にざっくりまとめると…

  • 甘みが特徴のウイスキーには、チョコかナッツ
  • 塩っぽさやスモーキーさが特徴のウイスキーには、海苔か燻製食品
  • 鉄板はAmazon Music Unlimited

このように海苔や、そもそも食品ではない音楽など、ややイレギュラーなものも含まれていますが、いずれもツマミとしてかなり気軽にウイスキーに合わせられるものです。
ぜひ「お?これは…」と思ったものがあれば、試してみてください。

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった… 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外で…
  2. 日本限定の希少銘柄!「ザ・グレンリベット シングルカスク 2020」2種が3/30〜数量限定発売! 日本限定の希少銘柄!「ザ・グレンリベット シングルカスク 202…
  3. 大人気スコッチ・バランタインの新商品「バレルスムース」が発売!オススメの飲み方はオリジナルの…? 大人気スコッチ・バランタインの新商品「バレルスムース」が発売!オ…
  4. 世界ウイスキー売上ランキング ウイスキー世界売り上げランキングTOP20
  5. Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)に開催!国内最大級のウイスキーの祭典! Whisky Festival 2018 in大阪が6/3(日)…
  6. ウイスキー界のスターバーテンダーに聞く「進化系ハイボール」オススメ4つをご紹介 ウイスキー界のスターバーテンダーに聞く「進化系ハイボール」オスス…
  7. なぜ人気?熱狂的なファンを有するアイラ島のウイスキー「ブルックラディ」 なぜ人気?熱狂的なファンを有するアイラ島のウイスキー「ブルックラ…
  8. グレンモーレンジィ・アスター2017 あのアスターが復活!グレンモーレンジィ・アスター2017が限定発…

おすすめ記事

広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催! 広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催!

水の都として世界的に知られるイタリアのベネチア市、そして中国地方最大の都市・広島市が友好協力関係にあ…

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP