長濱蒸留所のニューメイク第4弾「ヘビリーピーテッド」が限定発売!

長濱蒸留所ニューメイク「ヘビリーピーテッド」

今後期待のクラフトウイスキーの作り手である長濱蒸留所。
これまでノンピーテッドやピーテッドなど計3つのニューメイク(ニューポット)をリリースしてきましたが、どうやら最新作である第4弾を11月20日(月)に限定リリースするようです。
第4弾はこれまでの中では最もピートレベルが高い「ヘビリーピーテッド

本記事ではリリース文を元に、気にあるフェノール値なども詳細をご紹介していきます。

前回のニューメイクについてはこちらの記事でご紹介しています。
長濱蒸留所がニューメイク第3弾「ピーテッド」を新発売!

長濱蒸留所の第4弾ニューメイク(ニューポット)のフェノール値は45ppm!

2016年に操業開始したばかりの長濱蒸留所は、当然のことながらウイスキーはまだ熟成中で、オフィシャルボトルのリリースは数年先になるとみられています。
そのため、これまでニューメイク(ニューポット)を数量限定にてリリースしているのですが、今回リリースする第4弾では、よりピートを炊き込んだヘビリーピーテッド麦芽を100%使用。
気になるフェノール値は45ppmにもなります。
前作のニューメイク(20ppm)からフェノール値は倍以上になり、長濱蒸留所のニューメイクとしては最もピーティであるのはもちろんのこと、(ニューメイクではありますが)国内のウイスキー全体で見てもピートレベルはかなり高いと言えるでしょう。

ちなみに45ppmというと、とりわけピーティなことで知られるラフロイグやアードベッグのフェノール値と同等程度
このニューメイクが長濱蒸留所のウイスキーとしてどのように使われ、どのようなウイスキーになるのか楽しみなところです。

長濱蒸留所ニューメイク(ニューポット)「ヘビリーピーテッド」の詳細情報

以下リリース文より。

商品名 :NAGAHAMA DISTILLERY NEW MAKE Alc.59 HEAVILY PEATED
容量 :500ml
原材料 :モルト
アルコール:59%
希望小売価格:4,600円+税

長濱蒸溜所が送る、蒸溜したてのモルトウイスキーの原型であるニューポットをそのまま瓶詰めした「NEW MAKE Alc.59」シリーズ。第1弾のノンピート、第2弾のライトピート、第3弾のピーテッドに続き、このたび第4弾として「ヘビリーピーテッド」をリリースいたします。
フェノール値45ppmと長濱蒸溜所史上、最も高いピートレベルを誇るモルトを全量使用して仕込みを行っており、今までのNEW MAKEと同様、長濱蒸溜所らしいモルティーな風味とほのかな甘みに加えて、非常にピーティーな香りが加わった原酒に仕上がりました。

長濱蒸留所の基本情報

長濱蒸留所は、滋賀県長浜市に昨年11月にオープンしたばかりの新生蒸留所で、ウイスキーの蒸留所としては国内最小規模とされる、正真正銘のマイクロディスティラリーです。

元々は「長濱浪漫ビール」というクラフトビールを手がけるブリュワリーで、蒸留所は同ブリュワリー内に併設されています。
ビール造りで培ったノウハウや設備を生かした格好で、マッシュタンや発酵槽はビール造りで使用しているものを共用。
ポットスチルは新たに調達した、ひょうたんのようなアランビック型のものを使用しており、このユニークなポットスチルが長濱蒸留所の特徴です。

ホヤ社のひょうたん型のポットスチルを採用

長濱蒸留所のポットスチルは、ポルトガルのホヤ社のひょうたんのような形をしたアランビック型のポットスチル。
全2基あり、初留釜が1000ℓ、再留釜が500ℓとかなり小型のポットスチルとなっています。
加熱方法はスチームによる間接方式。
このポットスチルからできるニューメイク(ニューポット)は、酒質がリッチになるとされています。


国内ではおそらく長濱蒸留所が唯一と思われるホヤ社のアランビック型ポットスチルですが、海外ではストラスアーンやエデンミル、ドーノッホにロッホユーといったマイクロディスティラリーが採用しています。
長濱蒸留所も含めたいずれにも共通しているのが、挑戦的な蒸留所であること

ウシュクベーハと呼ばれる超短期熟成のスピリッツをリリースしてみたり、長濱蒸留所でもニューメイクを自分で熟成させるミニ樽セットなどユニークなものがリリースされています。(現在は終売)

いずれにせよ、今後が楽しみな蒸留所であることは間違いありません。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 世界一のウイスキーは? スコッチ、バーボンなど部門別に見る、世界一売れているウイスキーの…
  2. 秩父蒸溜所レポート!イチローズモルトは“魅力的な人たち”が造っていた 秩父蒸溜所レポート!イチローズモルトは“魅力的な人たち”が造って…
  3. 8500名がウイスキーを楽しむ!ウイスキーフェスフェスティバル 2019 in 東京・レポート 8500名がウイスキーを楽しむ!ウイスキーフェスフェスティバル …
  4. 世界五大ウイスキー 世界五大ウイスキーとは?特徴をざっくり説明…実は日本も?
  5. 今、世界的にウイスキーカクテルが流行中!人気ランキングTOPはあのウイスキーカクテル? 今、世界的にウイスキーカクテルが流行中!人気ランキングTOPはあ…
  6. 南国・沖縄で初開催!「沖縄ウイスキー&スピリッツフェスティバル 2019」レポート 南国・沖縄で初開催!「沖縄ウイスキー&スピリッツフェス…
  7. アイランズモルトを知る シングルモルト入門〜「アイランズモルト」を簡単解説!
  8. 白州蒸留所・見学レポート 白州蒸留所に行ってきた【見学レポート】

おすすめ記事

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP