コロナ禍で発生した余剰ビールをジンとして再生!「REVIVE」が9/1に発売!

コロナ禍で発生した余剰ビールをジンとして再生!「REVIVE」が9/1に発売!

製造の自由度が比較的高いジンは、例えばコチラの記事【クラフトビールを原料に造られた日本初のジン「KAGUA GIN」】でも紹介しているようにビールを原料とすることもできます。
今回ご紹介するジン「REVIVE」も、ビールを原料として使用しているのですが、コチラはなんと、廃棄されるはずだったビールを再利用したエコなジンです。

新型コロナウイルスの猛威によって、飲食店が苦しむ中、樽生ビールなど多くのビールが余剰となってしまいました。
そうしたビールをジンの原料として再利用しようと考えたのが、バドワイザーなどを展開するアンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパンと、老舗日本酒メーカー“月桂冠” 、そして、エコなジンをシリーズ化し話題となったエシカル・スピリッツの3社。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で余剰となった約80,000杯分のビールを、ジンとして蘇らせた「REVIVE」が9/1(火)に発売されます。

バドワイザーを蒸留し、ジンのベースとして再利用

それぞれ異なるカテゴリーのお酒を展開する3社の協業によって始まった「REVIVE」のプロジェクト。
これまでに、廃棄分の酒粕を再利用したジン「LAST」シリーズを手がけるなど、エシカル・スピリッツは、ジンを通して独自のエコシステムを築いてきました。
そんな同メーカーが次に着目したのはビール。ジンは原料選びに比較的自由が効き、ビールを原料として使用することも可能です。さらにビールには賞味期限がありますが、蒸溜酒であるジンにはそれがありません。
そうして、コロナ禍で苦しむビール業界とタッグを組むと、さらにはそれをジンへと変える製造場所として、京都を拠点におく日本を代表する日本酒メーカー・月桂冠とも手を組み、3社共同でジンを開発。
バドワイザーは月桂冠にビールの提供を行い、エシカル・スピリッツが持つジン製造の技術によって「REVIVE」を完成させました。

REVIVE ジン

そんなREVIVEの特徴はビールの再利用に留まらず、その製造方法も特徴的です。
ビールはバドワイザーを2回蒸溜したものをベースに採用。そこに加えられるボタニカルは、ジュニパーベリーの他、2種類のホップとレモン。それを再度蒸溜して出来上がった原酒に、再びジュニパーベリーと、シナモン、そしてブナの木というユニークな素材を漬け込んで香りを抽出。最後に、蒸溜酒には出しえないコクやまろやかさを出すべく再びビールを少量加えてから瓶詰めされます。
一般的なジンは、ボタニカルを加えて再蒸溜して完成ですが、REVIVEはさらに漬け込みを行い香りを抽出しているのです。しかも最後にビールを添加という一手間もプラスされています。
製造を主導したエシカル・スピリッツの山口歩夢さんは、その仕上がりについて「ほんのりと甘く、最後にじんわりと木の風味がする、余韻の長いジン」と話しており、“コンパウンドジン(ボタニカルを加えて再蒸溜しないジン、または再蒸溜後に漬け込みやブレンドをするジン)”として最高のジンを目指すとしています。

REVIVEジン製造の様子

「REVIVE」詳細

商品名:「REVIVE」

販売時期:2020年9月1日(火)~(予定)

エシカル・スピリッツ公式オンラインショップ( https://shop.ethicalspirits.jp/ )にて2020年8月1日(土)AM10:00より先行予約開始

品目:リキュール ※

アルコール分:40度

容器:360ml瓶

販売地域:全国

製造場所:月桂冠 大手蔵
※:コンパウンド製法で作った特別なジンであり、 蒸留後にビールやボタニカル等で加水・浸漬するという製法から酒税法上は「スピリッツ」ではなく「リキュール」に分類されます。

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 世界一のジントニック?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに聞いてみた サウナで生まれたジン?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに…
  2. クラフトジン「槙-コズエ-」 国産クラフトジン「槙-KOZUE-」が新発売!気になる特徴とは
  3. GINfest. TOKYO 2018 国内外のジンが大集合!絶好のロケーションでジンを楽しめる「GIN…
  4. 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISKY&SPIRITS FESTIVAL 2019」が12/8に開催! 沖縄初のウイスキー&スピリッツフェス「OKINAWA WHISK…
  5. ジン-ポジウム・ジャパン2017 今ブームのお酒、ジンの大型イベント「ジン-ポジウム」が12/3に…
  6. バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることになったのか? バーヒル・ジン〜なぜハチミツ農家がクラフトジンを手がけることにな…
  7. カジュアルにジン&トニックを楽しめる!日本初のジン&トニック専門店「Antonic」が中目黒にオープン! カジュアルにジン&トニックを楽しめる!日本初のジン&#…
  8. 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kizashi」の魅力とは? 世界的バーテンダーに聞く、日本独自のプレミアムトニック「kiza…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP