コロナ禍で発生した余剰ビールをジンとして再生!「REVIVE」が9/1に発売!

コロナ禍で発生した余剰ビールをジンとして再生!「REVIVE」が9/1に発売!

製造の自由度が比較的高いジンは、例えばコチラの記事【クラフトビールを原料に造られた日本初のジン「KAGUA GIN」】でも紹介しているようにビールを原料とすることもできます。
今回ご紹介するジン「REVIVE」も、ビールを原料として使用しているのですが、コチラはなんと、廃棄されるはずだったビールを再利用したエコなジンです。

新型コロナウイルスの猛威によって、飲食店が苦しむ中、樽生ビールなど多くのビールが余剰となってしまいました。
そうしたビールをジンの原料として再利用しようと考えたのが、バドワイザーなどを展開するアンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパンと、老舗日本酒メーカー“月桂冠” 、そして、エコなジンをシリーズ化し話題となったエシカル・スピリッツの3社。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で余剰となった約80,000杯分のビールを、ジンとして蘇らせた「REVIVE」が9/1(火)に発売されます。

バドワイザーを蒸留し、ジンのベースとして再利用

それぞれ異なるカテゴリーのお酒を展開する3社の協業によって始まった「REVIVE」のプロジェクト。
これまでに、廃棄分の酒粕を再利用したジン「LAST」シリーズを手がけるなど、エシカル・スピリッツは、ジンを通して独自のエコシステムを築いてきました。
そんな同メーカーが次に着目したのはビール。ジンは原料選びに比較的自由が効き、ビールを原料として使用することも可能です。さらにビールには賞味期限がありますが、蒸溜酒であるジンにはそれがありません。
そうして、コロナ禍で苦しむビール業界とタッグを組むと、さらにはそれをジンへと変える製造場所として、京都を拠点におく日本を代表する日本酒メーカー・月桂冠とも手を組み、3社共同でジンを開発。
バドワイザーは月桂冠にビールの提供を行い、エシカル・スピリッツが持つジン製造の技術によって「REVIVE」を完成させました。

REVIVE ジン

そんなREVIVEの特徴はビールの再利用に留まらず、その製造方法も特徴的です。
ビールはバドワイザーを2回蒸溜したものをベースに採用。そこに加えられるボタニカルは、ジュニパーベリーの他、2種類のホップとレモン。それを再度蒸溜して出来上がった原酒に、再びジュニパーベリーと、シナモン、そしてブナの木というユニークな素材を漬け込んで香りを抽出。最後に、蒸溜酒には出しえないコクやまろやかさを出すべく再びビールを少量加えてから瓶詰めされます。
一般的なジンは、ボタニカルを加えて再蒸溜して完成ですが、REVIVEはさらに漬け込みを行い香りを抽出しているのです。しかも最後にビールを添加という一手間もプラスされています。
製造を主導したエシカル・スピリッツの山口歩夢さんは、その仕上がりについて「ほんのりと甘く、最後にじんわりと木の風味がする、余韻の長いジン」と話しており、“コンパウンドジン(ボタニカルを加えて再蒸溜しないジン、または再蒸溜後に漬け込みやブレンドをするジン)”として最高のジンを目指すとしています。

REVIVEジン製造の様子

「REVIVE」詳細

商品名:「REVIVE」

販売時期:2020年9月1日(火)~(予定)

エシカル・スピリッツ公式オンラインショップ( https://shop.ethicalspirits.jp/ )にて2020年8月1日(土)AM10:00より先行予約開始

品目:リキュール ※

アルコール分:40度

容器:360ml瓶

販売地域:全国

製造場所:月桂冠 大手蔵
※:コンパウンド製法で作った特別なジンであり、 蒸留後にビールやボタニカル等で加水・浸漬するという製法から酒税法上は「スピリッツ」ではなく「リキュール」に分類されます。

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. クラフトジン&ジュニパーベリーのイベント「JUNIPER TOKYO」9/5-6@青山ファーマーズマーケットにて初開催! クラフトジン&ジュニパーベリーのイベント「JUNIPER TOK…
  2. 新シリーズ発表ににじみ出た「モンキー47」が世界中で人気を集めるワケ 新シリーズ発表ににじみ出た「モンキー47」が世界中で人気を集める…
  3. 季の美・ネイビーストレングス ALLGINボトル 季の美・ネイビーストレングスのALLGINボトルが発売!
  4. ジンの製法 – イチからジンができるまでを詳しく解説…
  5. ジン・自宅で楽しむ 日常をオシャレに!「自宅でジンを楽しむ」という選択肢
  6. 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」…
  7. ジャパニーズクラフトジン・和美人とは ジャパニーズ・クラフトジン「和美人」を徹底解説!
  8. クラフトジン・定番&王道銘柄 クラフトジン入門・とりあえず飲んでおきたいオススメ8銘柄

おすすめ記事

トップバーテンダーが手がける“クラフト・ジントニック”のための蒸溜所プロジェクトが始動!

シンプルなカクテルながら、その爽やかな香りと洗練された口当たりに、バーで味わうジン&トニックに癒され…

造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売! 造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売!

この度、洋酒専門の酒販店・株式会社千雅とLiquorPage(当メディア)は、国産ジンが造り手が一つ…

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP