25名の現代の職人と50名のバーテンダーによる“カクテルと人生のレシピブック”とは?

代の職人と50名のバーテンダーがコラボ!カクテルと人生のレシピ本「SMITHBOOK」が発売!

今までのカクテルブックとは様相が異なる、全く新しい“カクテルと人生のレシピブック”…
どのような内容なのか気になりませんか?

クラフトジンのパイオニアとして世界的に知られる「シップスミス」による、日本独自のコミュニティとして2020年に始動した「Swan Lab」。
その第1弾プロジェクトとして始まった、様々な業界で活躍する現代的な職人25名と気鋭のバーテンダー50名のコラボレーションによるカクテルブック「SMITHBOOK」がついに完成!7/16よりAmazonのほか全国の書店で販売がスタートしています。
当記事では本書についてざっくりご紹介します。

※LiquorPageの運営者(小針真悟)が執筆者の一人として本書の制作に携わっています

人生のレシピとカクテルレシピが綴られた新発想のカクテルブック「SMITHBOOK」

ロンドン発のクラフトジン「シップスミス」が、本国で販売しているカクテルブック「SIP」。伝統的なジンのスタイルにこだわり、ごくシンプルに研ぎ澄まされたジンらしく、3つの材料のみで作られるシンプルなカクテルが100種類掲載されています。
そのルールを受け継ぎながらも、「SIP」への挑戦状でありラブレターとして日本独自のテーマを盛り込んだのが、この度発売した「SMITHBOOK」です。
本書では、現代的なアプローチで活躍する人たちを“SMITH(職人を意味する英語)”と称し、様々な業界から25名を厳選。一人一人のSMITHが今に至るまでのストーリーと、そこから紐解かれるヒントを“人生のレシピ”として紹介しています。

SMITHの一人、移動映画館・キノ・イグルーを手がける有坂塁さんのページ

SMITHの一人、移動映画館・キノ・イグルーを手がける有坂塁さんのページ

一方で同じく選び抜かれた50名のバーテンダーたちは、SMITHたちの人生のレシピから受けたインスパイアを糧に、シップスミスを含む3つの素材のみ用いオリジナルカクテルを考案。一人のSMITHに対して、二人のバーテンダーが一つずつカクテルを考案し、合計50のカクテルを紹介しています。
SMITHたちの“人生レシピ”と、それに応えてバーテンダーたちがカクテルで表現する“カクテルレシピ”を組み合わせた、全く新しい“カクテルと人生のレシピブック”と言えるでしょう。
SMITHそれぞれのストーリーは密度が高く、その人生のレシピは多くの方にとって生き方のヒントとなるはず。バーテンダーが考案したカクテルとともに読み解くことでとても示唆深く、繰り返し読める内容となっています。

カクテルレシピの紹介ページ

カクテルの紹介ページには、なぜそのカクテルに行き着いたのか等の解説も掲載されている

また、本書の最後には「日本の美学でつくるジントニック」として、とてもシンプルなレシピながらも日本のバーテンダーのこだわりが詰まったジン&トニックの作り方を、詳しい解説とともにご紹介。
なぜ日本ではジン&トニックがバーにおける特別なカクテルなのか、日本のバーテンダーがどのようにしてその至高の一杯を作っているのか、うかがい知ることができます。
自分で作ったジン&トニックを片手に、本書を読み進めることであなたなりの人生のレシピが見つかるかもしれません…。

「日本の美学でつくるジントニック」ページ

「日本の美学でつくるジントニック」では“引き算の美学”によるジン&トニックの作り方を紹介している

「SMITHBOOK」詳細

SMITHBOOK
タイトル: SMITHBOOK ―― 25Life Recipes + 50 Gin Cocktail Recipes
著者/出版社: Swan Lab / 株式会社トゥーヴァージンズ
サイズ: A5変型 / 256ページ / ハードカバー
定価: 本体 2,970円(税込)
発売: 2021年7月16日(金)よりAmazonのほか全国の書店で発売


「SMITHBOOK」をAmazonでチェックしてみる

Swan Lab公式HP
https://swanlab.jp/

カクテルTIPSやバーテンダーのストーリーをまとめたZINEも同時発売

Swan Labの新企画「DISCOVER THE CLASSIC」の始動に合わせたZINEも完成しました。「5人のバーテンダーが語る5つのカクテルにまつわる物語」 やカクテルを飲みながら読みたいコラム「Sipping Column」など、 手に持ってバーホッピングをしたくなるガイドブックとして、 『SMITHBOOK』と同時に代官山 蔦屋書店他で発売となります。

GIN’S ZINE CLASSIC COCKTAIL GUIDE
タイトル: GIN’S ZINE CLASSIC COCKTAIL GUIDE
金額: 本体 499円(税込)
発売: 2021年7月16日(金)より代官山 蔦屋書店他


「シップスミス」をAmazonでチェックしてみる

「シップスミス」について詳しくはこちらの記事をチェック!
クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント
こちらの記事もおすすめ!
国産クラフトジンの造り手インタビュー記事まとめ
ジン好きが選ぶ、まず味わっておきたい「定番クラフトジン」6選

全国のバーテンダーの人となりを知ろう!
バーテンダーへの8つの質問

ジン・クラフトジンを買うならAmazonがおすすめ!

⇒Amazonのジンストア

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. “クラフトジン”徹底解説 〜 本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由 “クラフトジン”徹底解説 〜 クラフトの本当の意味と、これまでの…
  2. 世界一のジントニック?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに聞いてみた サウナで生まれたジン?北欧のジン「キュロ」についてアンバサダーに…
  3. ジン・自宅で楽しむ 日常をオシャレに!「自宅でジンを楽しむ」という選択肢
  4. “4大ジン”の特徴まとめ - ビーフィーター、タンカレー、ボンベイ、ゴードンについてざっくり解説 “4大ジン”の特徴まとめ – ビーフィーター、タンカ…
  5. Amazonで人気のジン・クラフトジンランキングTOP12 [2021-8月版] Amazonで人気のジン・クラフトジンランキングTOP12 [2…
  6. バーテンダー監修のジン&トニックのための国産ジン「in…
  7. 日本最大級の洋酒・カクテルの祭典「東京 インターナショナル バーショー 2019」の開催が決定!5/11-5/12の二日間 日本最大級の洋酒・カクテルの祭典「東京 インターナショナル バー…
  8. OSAKA COCKTAIL PARTY 2023開催レポート&写真ギャラリー OSAKA COCKTAIL PARTY 2023開催レポート&…

おすすめ記事

広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催! 広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催!

水の都として世界的に知られるイタリアのベネチア市、そして中国地方最大の都市・広島市が友好協力関係にあ…

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP