コーヒーカクテルのスペシャリストによるボトルカクテル「TIGRATO COFFEE」の発売が決定!

コーヒーカクテルのスペシャリストによるボトルカクテル「TIGRATO COFFEE」の発売が決定!

近年、コーヒーカクテルが世界的に人気を集めているのはご存知でしょうか?
ここ日本でも、コーヒーを使ったカクテルを提供するカフェやバーが増えており、プロが作るコーヒーの特徴を生かした多種多様なカクテルが親しまれています。

今回は、そんなプロによるコーヒーカクテルを、自宅で気軽に、グラスに注ぐだけで味わえる新たな商品についてご紹介です。
その商品とは、コーヒーカクテルのスペシャリストである高宮裕輔さんが監修するボトルに詰められたカクテル「TIGRATO COFFEE/ティグラートコーヒー」。現在クラウドファンディングで予約を受け付けています。
一体どのようなボトルカクテル商品なのでしょうか?

王道コーヒーカクテルを洗練させた「TIGRATO COFFEE」

東京・四ッ谷のジェラート&バー「TIGRATO」でディレクターを務める高宮さん。お店では様々な産地のコーヒー豆を扱い、焙煎度合いや抽出方法などにもこだわりながら、カクテルの素材としての魅力を発信してきました。世界的なカクテルコンペティションの日本大会では、コーヒーカクテルで決勝進出を果たすなど、日本のトップバーテンダーの一人として、そしてコーヒーカクテルのスペシャリストとして、その実力は全国的に知れ渡っています。

高宮裕輔さん

高宮裕輔さん

そんな高宮さんと、バーファンのためのWEBマガジン・BAR TIMESが手がけるプロジェクト「バータイムズ ボトルカクテル」のコラボレーションによって誕生した「TIGRATO COFFEE」は、古くから親しまれてきたコーヒーカクテルの王道・ブラックルシアンのボトルカクテルです。
エスプレッソマティーニや、コーヒージン&トニック、アイリッシュコーヒーなどのコーヒーカクテルが人気を集めている中で、あまりスポットを浴びていなかったブラックルシアン。それを高宮さんなりに洗練させたのが今回の商品です。
本来はウォッカとコーヒーリキュールというシンプルなレシピで作られるブラックルシアンですが、今回は雑味のない“クリーンカップ”な味わいを目指し、ウォッカにコーヒーを漬け込むことで抽出させる方法で製造。コーヒー豆は、柑橘のような明るい酸味が特徴のエチオピア産の「イルガチェフェ」という種類を採用し、キレイな酸味が出やすいように豆の乾燥・焙煎方法にもこだわっているのだそうです。

コーヒー豆

その他、「TIGRATO COFFEE」には、コーヒーが持つ本来の酸味を補うべくバルサミコ酢も使用。実はこれらの素材は相性が良いそうで、カクテルとして味わった時に、丁度いい酸味として感じられるようレシピを微調整。
コーヒーカクテルのプロフェッショナルの手によって、クラフト感あふれる現代風のブラックルシアンへとアップデートされています。

なお、今回のボトルカクテルの製造は、日本の素材を活かしたビターズ「The Japanese Bitters」を手がけ、複数のボトルカクテルの製造を手がける株式会社JCC AGENT(代表・山崎勇貴さん)が担当。バータイムズ ボトルカクテル シリーズの第1弾である「BENFIDDICH MANHATTAN」も製造を担っています。

TIGRATO COFFEE

TIGRATO COFFEEのボトル

オススメの飲み方など、詳しくはプロジェクトページをチェック!

「TIGRATO COFFEE」は、BAR TIMES Labにて現在クラウドファンディングを実施中です。
プロジェクトのページではオススメの飲み方が動画で紹介されており、商品についてより詳しく知ることができます。
気になった方は一度チェックしてみては?

プロジェクトページはこちら
「TIGRATO COFFEE」プロジェクトページ|BAR TIMES Lab
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 海外の若者に大人気の低アルコール飲料「ハードセルツァー」をご存じ?実は日本でも楽しめる 海外の若者に大人気の低アルコール飲料「ハードセルツァー」をご存じ…
  2. ジントニックとモスコミュールのレシピ ジントニックとモスコミュールの作り方や材料は?
  3. 日本一のバーテンダーに聞く - 何を考えながらカクテルを生み出しているのか? 日本一のバーテンダーに聞く、ゼロから最高のカクテルが生まれるまで…
  4. ラムベースカクテル バーで飲みたい「ラム」を使った代表的なカクテル8選!
  5. 初心者にもオススメ!本当に美味しい“テキーラの飲み方”を6つご紹介! 初心者にもオススメ!本当に美味しい“テキーラの飲み方”を6つご紹…
  6. クラフトカクテルの祭典「東京カクテル 7 デイズ 2020」の開催が決定!10/1-31まで新たな形で開催 クラフトカクテルの祭典「東京カクテル 7 デイズ 2020」…
  7. 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?TOP5を発表! 2020年、LiquorPageで最も読まれた記事は?閲覧数ラン…
  8. そのまま飲んでも美味しい!ジン&トニックにオススメのトニックウォーター4選 そのまま飲んでも美味しい!ジン&トニックにオススメのト…

おすすめ記事

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

日本で買える“トニックウォーター”全14銘柄まとめ 〜 特徴と味をチャートで紹介 日本で買える“トニックウォーター”全14銘柄まとめ 〜 特徴と味をグラフで紹介

ジン&トニックに欠かせない割材というだけでなく、実はそのまま飲んでも美味しいトニックウォーター。…

トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選

その道のトッププロがオススメするカクテル、飲んでみたくありませんか?アメリカを中心に、“美酒…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP