テキーラは意外な「植物」が原料となって作られている

テキーラの原料

何かと「キツいお酒」のイメージが強いテキーラですが、ちゃんと飲めば実はおいしいお酒、というのは先日こちらの記事に書きました。

ところでみなさんは、テキーラが何で作られているかご存知でしょうか?
テキーラを飲む機会はあっても知る機会ってあまりないですよね。

テキーラは実は、とっても意外な「植物」が原料となって作られています。
先日の記事でもちょっとだけ触れているのですが、本記事ではその意外な原料についてフォーカスしていきます。

スポンサーリンク

テキーラの原料「アガベ」とはどんな植物?

テキーラの原料は「アガベ」という多肉植物を用いて作られています。
アガベはリュウゼツラン(竜舌蘭)とも呼ばれる植物で(正式にはリュウゼツランの中のアガベという品種)、観葉植物としても人気があります。(この記事のTOP画像に載っている植物がアガベです)

数年前からアガベを原料としたアガベシロップが人気を博しているので、こちらで知った方も多いでしょう。

見た目はアロエそっくりです。

それだけでなく味もアロエにそっくりです。
植物由来のフローラルな甘みと、どことなくスッキリ抜けていく感じです。

同じような多肉植物なので、どうしても味が似るのでしょうね。
筆者は代表的な多肉植物・サボテンを使ったサボテンジュースなるものを飲んだことがありますが、こちらもアロエジュースに似た味でした。

ちなみにテキーラに使用されるアガベはしっかり畑で管理・栽培されたもので、産地であるメキシコでのアガベ畑とテキーラの蒸留所は、景観が美しいことから「テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観」として世界遺産に登録されています。

テキーラに使うのは茎の部分

アガベの茎部分

テキーラの原料となるアガベですが、実は葉の部分を使用するわけではありません。
使用するのはアガベの茎の部分のみです。
さらに言うと茎を絞った、絞り汁が実際の原料となり、これを発酵させます。
(絞り汁だけ使うと言う点では白ワインと一緒ですね)

葉を切り落とし、収穫されたアガベの茎は一度蒸焼きにし、糖分を作り出します。
(お酒は糖分がないと作れない(発酵できない)ため)

その茎を細かく粉砕し、出てきた絞り汁を発酵させ、それを蒸留させてテキーラが作り出されます。

ちなみに葉を切り落としたアガベの茎は見た目がパイナップルそっくりなことからピニャと呼ばれています(メキシコの公用語であるスペイン語でパイナップルの意味)

アガベ100%のテキーラはプレミアムテキーラと呼ばれる

アガベはテキーラの主原料とはなりますが、よく流通している一般的なテキーラは、アガベ以外にも原料を混ぜて作られています。
テキーラは原料の51%以上、つまり半分以上アガベを使用すればOKという規定があるので、他に糖蜜由来のアルコールなどと混ぜて作られます。
原料を混ぜて作られることから、これらは「ミクストテキーラ」と呼ばれています。

このミクストテキーラは、コストが抑えられるため値段が安いテキーラが多いですね。
よく見るクエルボやサウザなどのレギュラーシリーズはこのミクストテキーラに該当します。

一方、アガベだけを原料としたテキーラも存在し、こちらは「100%アガベ・テキーラ」もしくは「プレミアムテキーラ」と呼ばれ区別されています。
ピュアの名のとおり、雑味がなくピュアな味わいになります。
こちらはコストが高くなるため、値段もプレミアムになりますね。

同じクエルボでも「クエルボ1800」という名前のものはこのプレミアムテキーラに該当します。

ちなみにプレミアムテキーラは、ボトルに必ず「100% de Agave(もしくは100% Agave等)」という記載があります。しっかり見えるように記されていることが多いので、テキーラ選びの際はぜひチェックしてみてください。

プレミアムテキーラについてはこちらの記事でより詳しく解説しています。
ハリウッドで大流行!プレミアムテキーラとはどんなもの?

スポンサーリンク

まとめ

テキーラの原料がアロエのような植物だったとは思いもしなかった、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
実際にちゃんと味わって飲んでみると、たしかに植物っぽいフローラルな甘みは感じることができます。

これを機にテキーラをじっくり味わって飲んでみては?

ちなみにテキーラ初心者の方には、ぜひともプレミアムテキーラを飲んでいただきたいです。
良い意味でテキーラのイメージが覆ると思います。

それではこの辺で。

以上、「テキーラは意外な「植物」が原料となって作られている」でした。

テキーラを詳しく知りたい方はコチラもおすすめ

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ、ブエン・アミーゴ」 ワインの名門一族が情熱にかられ創り出したテキーラ「ドン・アルバロ…
  2. 「パトロン」カクテルコンペティション優勝者、中村充宏氏に聞く① …
  3. テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみた テキーラとキリン・メッツで作るカクテルが美味いというので試してみ…
  4. テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」 テキーラのタブロイド紙「テキーラジャーナル」でHOTな情報を手に…
  5. メキシコのお祭り「死者の日」を再現!「ドン・フリオ×Day of the Dead」をレポート メキシコのお祭り「死者の日」を再現!「ドン・フリオ×Day of…
  6. 最高の雰囲気でテキーラを楽しめる!「テキーラの日」2108 Celebration Partyが7/21に開催! 最高の雰囲気でテキーラを楽しめる!「テキーラの日」2018 Ce…
  7. テキーラの特定名称・ブランコ、レポサド、アネホなど テキーラのブランコ、レポサド、アネホの違いを徹底解説!
  8. テキーラの「12年」を見ないワケ 12年物のテキーラは存在しない?長期熟成のテキーラが少ないワケ

おすすめ記事

オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る

テキーラの最大消費国・アメリカでは、有名セレブらがプロデュースするブランドが話題になるなど「セレブの…

5千〜1万円のちょっぴり高級なテキーラを5銘柄厳選してみた 5千〜1万円のちょっぴり高級なテキーラを5銘柄厳選してみた

アメリカなどを中心に、実はテキーラは「セレブの酒」とも言われており、ラグジュアリーなテキーラ銘柄も多…

バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選 バー初心者向け!これだけは覚えておきたいクラシックカクテル10選

バーは本来、レストランなどと同じように知識を持たずとも楽しめる場所であり、カウンター越しに立つバーテ…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP