カジュアルにジン&トニックを楽しめる!日本初のジン&トニック専門店「Antonic」が中目黒にオープン!

カジュアルにジン&トニックを楽しめる!日本初のジン&トニック専門店「Antonic」が中目黒にオープン!

おそらく誰もが一度は飲んだことがあるであろう「ジン&トニック」。
実はそのジン&トニックは、クラフトジンに脚光が集まるなどジン業界全体が世界的に盛り上がる中で、進化を続けています。
フルーティーなものやスパイシーなもの、ハーバルなものなど、様々な香りを持つ個性豊かなジンブランドが増えていることもあり、どのブランドをチョイスするかによって、ジン&トニックの仕上がりも大きく変わり、様々な楽しみ方をできる飲み方なのです。

近年、日本でもジンに特化したバーが増える中で、ついにそのジン&トニックを専門とするお店が登場!
東京・中目黒に10/31、日本初のジン&トニック専門店「Antonic」がオープンしました。今回はこちらのお店について簡単にご紹介します。

ビギナーでも気軽にジン&トニックを楽しめる「Antonic」

ジンをトニックウォーターで割っただけのシンプルな飲み物であるジン&トニック。
度数が低く、カジュアルにもフォーマルにも楽しめることから、ジンの最もポピュラーな飲み方の一つとされ、例えばジンの本場イギリスでは、ジンの消費量のうち、7割がジン&トニックとして消費されているとされています。(※WSTAより)

中目黒にオープンしたAntonic

中目黒にオープンしたAntonic

今回新たにオープンした「Antonic」は、そんなジン&トニックをカジュアルに楽しめる専門店です。
お店は、美食の街としても知られる中目黒にあり、洋酒の専門店として珍しく路面店。大きな窓からは、照明で明るく照らされた店内を覗くことができる他、その中は、カフェのようなスタイリッシュな雰囲気となっており、気軽に入りやすくなっています。
ジンは、世界各国のクラフトジンなど、個性豊かなジンブランドを80種類前後取り揃え、それらをベースとしたジン&トニックのオーダーが可能。それだけ種類が多いと、選ぶのが難しく感じてしまう方もいるかもしれませんが、Antonicは、バーに行き慣れていない方やジンに詳しくない方でも楽しめるように、メニューが工夫されています。知識がない方でも視覚的に選びやすいようにとインスタグラムでメニュー化されており、全メニューの値段を800円、1000円、1200円の3つに限定。ジン&トニックの専門店だからこそ、ジンを選ぶだけでオーダーができます。

Antonicの外観

Antonicの外観

Antonicの内装

Antonicの内装

お店のディレクターである武田光太さんは、元々ジンなど洋酒を取り扱うインポーターに長年勤めたお酒のプロフェッショナルですが、武田さん以外のスタッフは実は全くバーに関連のないバックグラウンドの方たち。だからこそ洋酒やバーのカルチャーに慣れてない客にも寄り添うことができ、客側はリラックスして利用することができます。
こだわりのメニューは、そんなスタッフ同士で「どうしたらビギナーでも選びやすいか」徹底的に議論した末に完成しており、「選ぶ難しさ」は簡単に、「選ぶ楽しさ」はそのままに、ジン&トニックを楽しめます。

左:ディレクター武田光太、中央:店長宮武祥平、右:武田光太の妻 留以

左:ディレクター武田光太、中央:店長宮武祥平、右:武田光太の妻 留以

ジン&トニックで美味しいジンブランドのみを厳選

Antonicには、本場イギリスなどのヨーロッパやアメリカなどの北米のジンの他、日本のジンなど、世界各国のブランドが取り扱われていますが、そのこだわりは、「ジン&トニックで美味しいジン」を厳選していること。
ディレクターの武田さんが「当店としてはジンそのものにスポットを当てたいんです。基本的に当店オリジナルのカクテルなどはなく、シンプルにジン&トニックの飲み比べで遊んでいただきたいですね」と語るように、その提供スタイルも、ジン&トニックの定番の付け合わせであるフレッシュなライムは使用せず、極力ジンの香りや味わいに影響が出ないよう、ドライのライムやレモン、グレープフルーツの他、香りが強すぎないハーブを用いるのだそう。
肩肘張らずにカジュアルに、個性の豊かな世界のジンのジン&トニックを楽しめそうです。

ジン&トニックには基本的に乾燥させた柑橘やハーブを使用

ジン&トニックには基本的に乾燥させた柑橘やハーブを使用

詳細

The World Gin&Tonic〔Antonic〕
「The World Gin&Tonic〔Antonic〕」
住所: 東京都目黒区東山1-9-13
営業: 13:00〜22:00 不定休
公式SNS: https://instagram.com/antonic.gin/
メニュー: https://instagram.com/antonic.menu/

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. あの高名なシャンパーニュとコラボ!「季の美 エディション G 京都ドライジン シャンパーニュ樽貯蔵」を発売! あの高名なシャンパーニュとコラボ!「季の美 エディション G 京…
  2. 冬にぴったり!「ジンのお湯割り」のススメ 冬にぴったり!「ジンのお湯割り」のススメ
  3. 象の糞の植物を使ったクラフトジン「インドラブ」の魅力と、プロに聞く美味しい飲み方 象のフンの植物を使ったクラフトジン「インドラブ」の魅力と、プロに…
  4. ラムベースカクテル バーで飲みたい「ラム」を使った代表的なカクテル8選!
  5. 個性豊かなマルガリータの魅力を発信 〜 「マルガリータの日」Celebration Party 2020・レポート 個性豊かなマルガリータの魅力を発信 〜 「マルガリータの日」Ce…
  6. サントリー・ROKU GIN サントリーのクラフトジン「ROKU(ロク)」を徹底解説!
  7. マルガリータ・レシピと作り方 自宅で作れる?テキーラカクテル「マルガリータ」レシピと作り方
  8. 今こそ知っておきたい4大ジンの一つ「ビーフィーター」、王道であるワケとは? 今こそ知っておきたい4大ジンの一つ「ビーフィーター」、王道である…

おすすめ記事

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

日本で買える“トニックウォーター”全14銘柄まとめ 〜 特徴と味をチャートで紹介 日本で買える“トニックウォーター”全14銘柄まとめ 〜 特徴と味をグラフで紹介

ジン&トニックに欠かせない割材というだけでなく、実はそのまま飲んでも美味しいトニックウォーター。…

トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選

その道のトッププロがオススメするカクテル、飲んでみたくありませんか?アメリカを中心に、“美酒…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP