日本一のバー擁するSG Groupがワインカクテルバー&レストラン「Swirl」を10月渋谷にオープン!

日本一のバー擁するSG Groupがワインカクテルバー&レストラン「Swirl」を10月渋谷にオープン!

日本一のバーグループが次に仕掛けるのは、カクテルとワインを“合わせる”お店!?

世界のベストバーを選出するバー業界の権威あるアワード「The World’s 50 Best Bars 2020」で日本勢最高位となる10位にランクインし、そのアジア版である「The Asia’s 50 Best Bars 2021」では3位を記録するなど、オープンから3年あまりで日本一のバーへと成長した「The SG Club(渋谷)」。同店を運営する「SG Group」は、国内外で6つのバーを展開しており、そのいずれもが高い人気を誇っています。
そんな同グループが新たに仕掛けるのは…今までにないコンセプトのワインカクテルと、中南米料理を合わせて楽しめるワインカクテルバー&レストラン!
その名も「Swirl(スワール)」を、2021年10月、「The SG Club」の隣接地にオープンします。

SG Groupの6店舗

SG Groupの6店舗

ワインとカクテル、2つの液体を合わせる「Swirl(スワール)」

SG Groupといえば、バカルディ社が主催する世界的なカクテルの大会で世界一に輝き、2017年にはバー業界のアカデミー賞とも言われる「International Bartender of the Year」を受賞するなど、日本はおろか、世界を代表するバーテンダー・後閑(ごかん)信吾さんが代表を務めることで知られています。
同グループは、今年春にオープンした、独自のメニューを展開する“カクテル居酒屋”「ゑすじ郎(SG LOW)」が話題を呼んだことでも記憶に新しいですが、今回新たにオープンする「Swirl」もまた独自性が光ります。

Swirlのロゴと店内イメージ

Swirlのロゴと店内イメージ

お店のコンセプトである「Wine Cocktail Bar & Restaurant 」は世界初とのことで、提供するのは単なるワインカクテルではなく、カクテルとワイン、2つの液体を合わせて一杯を作るという、なんとも斬新なスタイルのカクテル。料理にワインを合わせるように、カクテルにワインを合わせて一杯を作るという、全く新しいワインカクテルが提供されます。
そしてその内容もとても豪華。カクテルに合わせるワインを選ぶのは、大人気のモダンベトナミーズである「Ăn Đi(外苑前)」のオーナーであり、日本を代表するソムリエの一人である大越基裕さん。SGがカクテルを考え、そのカクテルに合うワインを大越さんが選び、それら2つの液体を合わせて「Swirl(混ぜるなどの意味を持つ英語)」することでカクテルは完成。未だかつてないバーテンダーとソムリエが作り出す一杯が実現します。

ワインカクテルといえば、ワインクーラーやキール、サングリアなどが有名ですが、ウイスキーカクテルやジンカクテルなどその他のカクテルに比べ、アップデートされてこなかったジャンルなのだそう。
それがSG流にアップデートされることで、飲み手は新たな体験をできそうです。

スペシャリストが手がける料理も要注目

一方でレストランバーである「Swirl」は、もちろん料理にも力が入れられています。
そのメニューを手がけるのは、肉料理とヴィーガン料理のスペシャリストとして知られる「The Burn(青山)」の米澤文雄さん。ニューヨークの3つ星レストランでスーシェフを務めるなど国内外で活躍してきた超人気シェフである米澤さんによる中南米料理が提供される予定だそう。
ワインカクテルとともに楽しむことでどのような相乗効果が生まれるのか、期待したいところです。

後閑さん、大越さん、米澤さんという、飲食分野のスペシャリストたちが集まり創り出すWine Cocktail Bar & Restaurant 「Swirl」。
オープン日など今後の詳細については9月に発表予定とのことです。

左から米澤さん、後閑さん、大越さん

左から米澤さん、後閑さん、大越さん ⇒The SG Club公式Instagramより

詳細

【Wine Cocktail & Restaurant『Swirl』】
住所: 東京都渋谷区神南1-7-9 北谷マンション1F
開業: 021年10月ソフトオープン予定
SG Group HP: https://sg-management.jp/

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 度数が低い&甘くて飲みやすいカクテルまとめ バーで飲みたい!度数が低い&甘い飲みやすいカクテルまとめ
  2. 日本随一のジン専門バー「JUNIPER」の創業者に聞く、これまでとこれから 日本随一のジン専門バー「JUNIPER」創業者に聞く、店の誕生ス…
  3. ジンベースカクテル バーで飲みたい「ジン」を使った代表的なカクテル8選!
  4. Why shake? バーテンダーはなぜカクテルを作る際にシェイクするのか?
  5. 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop13 - 1位はやはり“あの”カクテル! 2021版・世界のバーで人気の“ジンカクテル”ランキングTop1…
  6. 世界10位のバー擁するSG Groupによる“カクテル居酒屋”「ゑすじ郎」が2/10渋谷にオープン! 世界10位のバー擁するSG Groupによる“カクテル居酒屋”「…
  7. 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG Shochu」が新発売 世界トップバーテンダー監修のバーで楽しめる焼酎!「The SG …
  8. ラムベースカクテル バーで飲みたい「ラム」を使った代表的なカクテル8選!

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP