今世界的にブームのカクテル「ネグローニ」特徴、レシピ、魅力をご紹介

今世界的にブームのカクテル「ネグローニ」特徴、レシピ、魅力をご紹介

数え切れないほどのカクテルが存在する中で、料理やファッションと同じようにカクテルにも流行りがあります。
今、カクテルの世界で大人気となっているのが、ジンカクテルの「ネグローニ」

昔から定番カクテルの一つではあるものの、日本ではそれほど認知度が高くはないため、味わったことがない方も多いかもしれません。
そこで当記事では、ネグローニの特徴や魅力、レシピ、最新情報などをお届けします。

ネグローニとは

ジンをベースに使ったイタリア生まれのカクテル「ネグローニ」
フィレンツェのレストランでネグローニ伯爵がアペリティフ(食前酒)として飲んでいたことから、1962年にその名がついたとされています。

ジンのほか、イタリア生まれの赤いビターリキュール「カンパリ」、そしてイタリアが主産地であるスイート・ベルモットを用いて作られるイタリアらしさが詰まったカクテルで、これらの素材が織りなす複雑なハーブの風味と、独特の甘さと苦味が特徴的。
今では食後酒としても人気のカクテルです。

ネグローニ

ネグローニの基本的なレシピ

ジン/30ml、カンパリ/30ml、スイート・ベルモット/30ml

以上をグラスに注ぎ、ステア(混ぜる)するだけで完成するという基本的にはシンプルなレシピです。
お酒のみを使うためアルコール度数はちょっぴり高めですが、その独特の味わいから好きな人はとことん好きになるようなカクテルです。

なぜスタンダードカクテルのネグローニが今さらブームに?

昔から定番のカクテルとして一定の人気があったネグローニですが、そもそもなぜ今世界的に流行しているのか。
それには実はいくつかの要因があります。

まずは1つは、ネグローニには欠かせないジンが、世界的に大きなムーブメントとなっていること。
個性豊かな特徴を持つ“クラフトジン”なるものが、日本を含め世界各地で造られるようになっており、ジンの世界を面白くしているのです。
ジンはカクテルベースとして人気のお酒。ジンが盛り上がる中で、ジンカクテルの定番の一つであるネグローニも盛り上がっている、というわけです。
当然ながら、ベースのジンを変えればネグローニの味も変わり、カクテルそのものが面白くなっています。

クラフトジンの写真

2つ目は、スタンダードカクテルを“ツイスト”する動きがバーテンダーの間で活発になっていること。
ツイストとは、昔からあるカクテルを現代風に、またはバーテンダーの感性でアレンジすること。
クラフトジンの台頭もあり、バーテンダーの間でネグローニがツイストの的となり、バラエティー豊かなネグローニが登場しているのです。

進化するバーテンダー

世界的なブームにより、ネグローニはカクテルの人気ランキングで2位にランクインしています。
世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10

進化するネグローニ

ネグローニのツイストレシピの中から、いくつか代表的なものをご紹介しましょう。

1つは「ホワイト・ネグローニ」。
ホワイトネグローニ
文字どおり白いネグローニで、カンパリの代わりに白いビターズのスーズ(またはそれに近いもの)、そしてスイート・ベルモットの代わりにリレ・ブランやドライ・ベルモットを使用しています。
ベーシックなネグローニより、繊細でエレガントな味わいになります。

もう1つは「メスカル・ネグローニ」。
こちらも文字どおり、ベースをジンではなくメスカルに変えるという大胆なレシピです。
テキーラと同じアガベが原料のメキシコ産スピリッツであるメスカルは、テキーラにはないスモーキーフレーバーが特徴で、ネグローニに独自のフレーバーをもたらします。

バーテンダーの知識、感性、それにスキルが早いスピードで進化する昨今。
ネグローニも進化し、多くの飲み手を魅了しています。
今こそ、ネグローニを味わうときかもしれません。

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 自宅やバーで楽しむ「コアントロー」カクテル / On 2 Off Bar 座談会 No.3 (5/30YouTube無料配信) 自宅やバーで楽しむ「コアントロー」カクテル / On 2 Off…
  2. 「東京 インターナショナル バーショー 2019」レポート 〜 今年もジン熱がすごかった 「東京 インターナショナル バーショー 2019」レポート 〜 …
  3. 国産クラフトジンも続々登場!日本人が“今ジンを飲むべき”4つの理…
  4. 話題の造り手による新ジャパニーズ・ティー・ジン「REVIVE from NINJA」が発売! 話題の造り手による新ジャパニーズ・ティー・ジン「REVIVE f…
  5. 秋田発!秋田スギを使った「森の香りのクラフトジン」のクラウドファンディングが開催中!発起人は秋田の研究者達 秋田発!秋田スギを使った「森の香りのクラフトジン」のクラウドファ…
  6. 一流バーテンダーと行く『BIRDY.』工場 - プロも驚くカクテルツールの製造現場 一流バーテンダーと行く『BIRDY.』工場 – プロ…
  7. バーテンダーら京都の匠が集結!“緑茶らしさ”を追求したお酒『KYOTO CRAFT UJI-CHA LIQUEUR』が発売 バーテンダーら京都の匠が集結!“緑茶らしさ”を追求したお酒『KY…
  8. 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」を徹底解説 割材こそが重要?ナチュラル志向の飲料ブランド「フィーバーツリー」…

おすすめ記事

広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催! 広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催!

水の都として世界的に知られるイタリアのベネチア市、そして中国地方最大の都市・広島市が友好協力関係にあ…

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP