今世界的にブームのカクテル「ネグローニ」特徴、レシピ、魅力をご紹介

今世界的にブームのカクテル「ネグローニ」特徴、レシピ、魅力をご紹介

世界には数え切れないほどのカクテルが存在し、料理やファッションと同じようにカクテルにも流行りがあります。
今カクテルの世界では、世界的にネグローニが流行しています。

昔から定番カクテルの一つではあるものの、日本ではそれほど認知度が高くないため、味わったことがない方も多いかもしれません。
そこで当記事では、このネグローニについて、その特徴や魅力、レシピ、最新情報などをお届けします。

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック

ネグローニとは

ジンをベースに使ったイタリア生まれのカクテル、ネグローニ。
フィレンツェのレストランでネグローニ伯爵がアペリティフ(食前酒)として飲んでいたことから、1962年にその名がついたとされています。

ジンのほか、イタリア生まれの赤いビターズのカンパリ、それにこれまたイタリアが主産地のスイート・ベルモットを用いて作られるカクテルで、これらの素材が織りなす複雑なハーブの風味と独特の苦味が特徴。
伯爵がそうしていたのと同じように、食前酒として人気のカクテルです。

ネグローニ

ネグローニの基本的なレシピ

ジン/30ml、カンパリ/30ml、スイート・ベルモット/30ml

以上をグラスに注ぎ、軽くステア(混ぜる)だけのシンプルなレシピです。
お酒しか使わないので、アルコール度数はちょっぴり高めですが、その独特の味わいから好きな人はとことん好きになるようなカクテルです。

なぜスタンダードカクテルのネグローニが今さらブームに?

昔から定番のカクテルとして一定の人気があったネグローニですが、そもそもなぜ今世界的に流行しているのか。
それには実はいくつかの要因があります。

まずは1つは、ネグローニには欠かせないジンが、世界的に大きなブームとなっていること。
個性豊かな特徴を持つ“クラフトジン”なるものが、日本を含む世界各地で造られるようになり、ジンの世界を面白くしているのです。
ジンはカクテルベースとして人気のお酒。ジンが盛り上がる中で、ジンカクテルの定番の一つであるネグローニも盛り上がっている、というわけです。
当然ながら、ベースのジンを変えればネグローニの味も変わり、カクテルそのものが面白くなっています。

クラフトジンの写真

2つ目は、スタンダードカクテルを“ツイスト”する動きがバーテンダーの間で活発になっていること。
ツイストとは、昔からあるカクテルを現代風に、またはバーテンダーの感性でアレンジすること。
クラフトジンの台頭もあり、バーテンダーの間でネグローニがツイストの的となり、バラエティー豊かなネグローニが登場しているのです。

進化するバーテンダー

世界的なブームにより、ネグローニはカクテルの人気ランキングで2位にランクインしています。
世界のバーで人気のカクテル・ランキングTOP10
スポンサーリンク

進化するネグローニ

ツイストされたネグローニの中から、いくつか代表的なものをご紹介しましょう。

1つは「ホワイト・ネグローニ」。
ホワイトネグローニ
文字どおり白いネグローニで、カンパリの代わりに白いビターズのスーズ(またはそれに近いもの)、そしてスイート・ベルモットの代わりにリレ・ブランやドライ・ベルモットを使用しています。
ベーシックなネグローニより、繊細でエレガントな味わいになります。

もう1つは「メスカル・ネグローニ」。
こちらも文字どおりで、なんとベースをジンではなく、メスカルに変えてしまったもの。
テキーラの母を言われるメスカルは、テキーラにはないスモーキーフレーバーが特徴で、ネグローニに独自のフレーバーをもたらします。

バーテンダーの知識、感性、それにスキルが早いスピードで進化する昨今。
ネグローニも進化し、多くの飲み手を魅了しています。
今こそ、ネグローニを味わうときかもしれません。

当サイトの新サービスがスタート!
↓をタップしてサービスをチェック
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。

関連記事

  1. 季の美・ネイビーストレングス ALLGINボトル 季の美・ネイビーストレングスのALLGINボトルが発売!
  2. ノンアルコールカクテル お酒が弱い方必見!バーで飲めるノンアルコールカクテル特集
  3. ジン・代表的なボタニカル ジンによく使用されるボタニカル20種まとめ
  4. ジン好きが選ぶ、まず味わっておきたい「定番クラフトジン」6選 ジン好きが選ぶ、まず味わっておきたい「定番クラフトジン」6選
  5. Why shake? バーテンダーはなぜカクテルを作る際にシェイクするのか?
  6. ALTOS BANDERA Competition 人気のテキーラ「オルメカ・アルトス」のカクテルコンペが開催!優勝…
  7. バー初心者必見!知っておくと安心するバー専門用語をざっくりまとめてみた バー初心者必見!知っておくと安心するバー専門用語をざっくりまとめ…
  8. 沖縄クラフトジン「MIZUHO」 沖縄発トロピカルなクラフトジン「MIZUHO」が数量限定発売!そ…

おすすめ記事

LIVE配信イベント「ジンフェスティバルTV」が6/13に開催!ワールドジンデイをお祝いしよう

毎年6月の第2土曜日は、今大きなムーブメントとなっているジンの祝日「ワールドジンデイ」として世界中で…

自宅やバーで楽しむ「ザ・ボタニスト」カクテル / On 2 Off Bar 座談会 No.4 (6/6YouTube無料配信) 自宅やバーで楽しむ「ザ・ボタニスト」カクテル / On 2 Off Bar 座談会 No.4 (6/6YouTube無料配信)

その道のプロが教えるクラフトジンの楽しみ方、知りたくありませんか?ウイスキーの産地としても知…

自宅やバーで楽しむ「コアントロー」カクテル / On 2 Off Bar 座談会 No.3 (5/30YouTube無料配信) 自宅やバーで楽しむ「コアントロー」カクテル / On 2 Off Bar 座談会 No.3 (5/30YouTube無料配信)

カクテルのプロによる動画でおウチカクテルをアップデートしませんか?バーが好きな方ならきっと一…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP