人気シングルモルト・スコッチ「グレンフィディック」がラグジュアリーなパッケージにリニューアル!

人気シングルモルト・スコッチ「グレンフィディック」がラグジュアリーなパッケージにリニューアル!

オシャレなボトルのお酒だと、それだけでついつい気になってしまうもの。

「ジャケ買い」という言葉があるように、ウイスキーの世界でも“見た目で選ぶ”というのはよくある選択方法です。
単に見た目と言っても、そのお酒への満足感にも影響する重要な要素。歴史を感じさせる伝統的なデザインのブランドが多いウイスキー業界ですが、近年スタイリッシュなボトルも目立つようになってきました。

そんな中、スコットランドのシングルモルトウイスキーの中でも、とりわけ長い歴史をもつ日本でも人気のブランド「グレンフィディック」の、エントリークラスにあたる「12年 スペシャルリザーブ」と「15年 ソレラリザーブ」が、洗練されたデザインにパッケージをリニューアル!
ブランドの情報も添えて簡単にご紹介します。

シングルモルト販売量世界NO.1のグレンフィディック

スコッチウイスキーの一大産地、スコットランドのスペイサイド地方に1887年に創業したグレンフィディック蒸溜所。
他のウイスキー蒸溜所で修行を積んだ仕立て屋の息子、ウィリアム・グラントが創業したこの蒸溜所は、スコットランドで最も多くの蒸溜器(ポットスチル)を所有しており、その形状も様々なのが特徴です。
その蒸溜器から造られる特徴の異なる原酒を絶妙な技でブレンドし、一本のボトルとなったのが「グレンフィディック」です。

グレンフィディック蒸溜所

同ブランドがリリースされたのは1963年。意外と歴史が古くないようにも感じられるかもしれませんが、当時スコッチの世界では、蒸溜所はブレンデットウイスキー用の原酒製造がメイン。そんな中、グレンフィディック蒸溜所はいち早くシングルモルトを発売したのです。
業界のパイオニアとして、今ではシングルモルトの販売量としては世界NO.1(※IWSR 2018年実績より)を記録する大人気ブランドへと成長しています。

ゲール語で「鹿(FIDDICH)の谷(GLEN)」というブランド名の由来にもあるように、グレンフィディックといえば、“鹿”のアイコンが特徴的。
今回のパッケージリニューアルでは、「12年 スペシャルリザーブ」と「15年 ソレラリザーブ」ともに、鹿のロゴが目立つよう、ラベルと分け中央に大きく配置。ボトルには“鹿の谷”をモチーフにしたとされるVの字のカットが加えられ、洗練されたラグジュアリーなデザインにアップデートされています。

新しくなった「グレンフィディック 12年 スペシャルリザーブ」と「15年 ソレラリザーブ」

シングルモルト初心者にもオススメ

グレンフィディックは、洋ナシのような香りを感じさせる爽やかな飲み口が特徴で、クセが少ないからこそ、世界で最も飲まれているシングルモルトなのだとされています。
その飲み手を選ばない味わいは、シングルモルト初心者の方にもオススメ。
特に「12年 スペシャルリザーブ」は、最もリーズナブルな価格で購入できる12年熟成のシングルモルトの一つで、入門用にもオススメです。

新しい装いとなったグレンフィディックを、ぜひ一度味わってみては?

商品詳細

「グレンフィディック 12年 スペシャルリザーブ」
容量:700ml
アルコール度数:40%
希望小売価格:4,000円 (税別)
発売期日:3月中旬以降

「グレンフィディック 15年 ソレラリザーブ」
容量:700ml
アルコール度数:40%
希望小売価格:7,000円 (税別)
発売期日:4月中旬以降

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. 日本最大のウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル2019 in 東京」が11/16-11/17に開催! 日本最大のウイスキーイベント「ウイスキーフェスティバル2019 …
  2. アイリッシュウイスキーの定義・特徴・銘柄まとめ アイリッシュウイスキーが今アツい!定義や特徴、銘柄をおさらい
  3. 今最もHOTなアイリッシュウイスキー ジャパニーズもいいけれど今アツいのはアイリッシュウイスキー!
  4. 一度は挑戦したい“世界最強”のスモーキーウイスキー「オクトモア」…その凄さを簡単解説 一度は挑戦したい“世界最強”のスモーキーウイスキー「オクトモア」…
  5. ローランドモルトを知る シングルモルト入門〜「ローランドモルト」を簡単解説!
  6. リカーマウンテン・銀座777 約1000種のウイスキー・スピリッツが試飲可!酒専門店「銀座77…
  7. 白州蒸留所見学レポート Part.2 白州蒸留所に行ってきた【場内BAR・他施設レポート】
  8. ウイスキー界のスターバーテンダーに聞く「進化系ハイボール」オススメ4つをご紹介 ウイスキー界のスターバーテンダーに聞く「進化系ハイボール」オスス…

おすすめ記事

トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選

その道のトッププロがオススメするカクテル、飲んでみたくありませんか?アメリカを中心に、“美酒…

“クラフトジン”徹底解説 〜 本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由 “クラフトジン”徹底解説 〜 クラフトの本当の意味と、これまでの経緯と人気の理由

あなたは“クラフトジン”の本当の意味、ご存じですか?昨今、日本を含め世界中で人気を集める“ク…

クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント クラフトジンのパイオニア「シップスミス」誕生秘話と、創業者に聞くこだわり〜飲み方のヒント

一つの大きなムーブメントが巻き起こる時、そこには必ず何かきっかけとなる出来事があるもの。今、…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP