日本酒の名門「南部美人」がクラフトジン&ウォッカの製造計画を発表!2021年3月頃に発売予定

日本酒の名門「南部美人」がクラフトジン&ウォッカの製造開始を発表!2021年3月頃に発売予定

日頃お酒を嗜む方なら、一度くらいは「南部美人」を味わったことや目にしたことがあるのでは?
南部美人といえば、岩手が誇る日本酒ブランドであり、全国的な知名度と人気を残るだけでなく、日本酒の世界一を決めるIWC(インターナショナルワインチャレンジ)2017のSAKE部門でチャンピオンに輝くなど、世界にもその名を轟かせています。

そんな日本酒の名門がなんとこの度、クラフトジンとクラフトウォッカの製造計画を発表!
造り手である株式会社南部美人の久慈(くじ)浩介社長が語ったその概要について今回はご紹介します。

コロナ禍で行き場を失った酒米を原料に使用!

南部地方とも呼ばれる岩手の県北、二戸(にのへ)市に拠点を置く株式会社南部美人。
1908年の創業以来、日本はおろか世界を魅了してきた日本酒の造り手が、なぜクラフトジンとクラフトウォッカの製造に着手するのでしょうか?
そこには、酒類業界にも大きな打撃を与えた、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大問題が深く関係しています。
実は南部美人は、コロナ禍で何かできることはないかと、不足していたアルコール消毒液の製造を国の緩和措置と指導のもと始めていました。
そんな中で、消毒液と同じ製造の仕組み(蒸溜による製造)と免許でジンやウォッカなど、スピリッツの製造が可能となることから挑戦を意識し始めたと言います。

南部美人の久慈浩介社長

南部美人の久慈浩介社長

それだけではありません。
コロナ禍での飲食店や酒販店の損失によって日本酒も大きく需要が減り、その原料となる今年の酒米はどうしても余ってしまいます。
基本的に酒米は、前年の年末頃には契約農家に発注するため、今年の酒米の栽培量は新型コロナが蔓延する前に決まっており、酒蔵は発注分を全て引き取らなければなりません。
そこで今回は、余ってしまう酒米を新たなお酒の原料にしていこうと考え、行き着いた先がジンとウォッカの製造だったのだと言います。

ジンは、ベースとなるスピリッツにジュニパーベリーの他、様々なボタニカルを加えて蒸溜することで香り付けされたお酒。一方でウォッカは、穀物などが原料のスピリッツを白樺の活性炭でろ過したお酒。
今回のプロジェクトでは、ジンとウォッカどちらも余剰酒米を原料に自社で蒸溜したライススピリッツを使用。いわば日本酒のDNAを引き継いだ新たなジンとウォッカが出来上がります。
そうすることで酒米の廃棄を免れるだけでなく、「酒米はやはり酒になって本望。余ってしまった酒米を新たな酒類のベーススピリッツにしていくことで、日本酒ではないもののお酒になることができる」と久慈社長は語ります。

ジン&ウォッカ製造開始の記者会見の様子

ジン&ウォッカ製造開始の記者会見の様子

地元二戸が誇る日本遺産の漆「浄法寺漆」をジンのキーボタニカルに

南部美人が取り組むジンとウォッカには、“コロナを皮切りに酒米を生かすために行き着いた新たな挑戦”というストーリーだけでなく、地元の素材を活かして地域振興するという側面もあります。

岩手県二戸市は、漆の生産量日本一を誇り、その中でも浄法寺漆は日本遺産にも認定されています。
基本的にジンは、核となるジュニパーベリーの他、複数のボタニカルを使用。南部美人のジンには、そのキーとなるボタニカルとして浄法寺漆の樹皮を使用します。
「これまでに漆を使ったジンの造り手はいません。二戸の最高の宝である浄法寺漆が、酒器として楽しむことから原材料として酒になっていく夢が叶う」と久慈社長。
一方で浄法寺漆の担い手である、浄法寺うるしび合同会社の三角(みすみ)裕美さんも「新しい可能性を見つけていただいたと思っている」とジンの仕上がりに期待を寄せています。

浄法寺漆の樹皮をキーボタニカルとして使用する

浄法寺漆の樹皮をキーボタニカルとして使用する

他にも、ジンのボタニカルは基本的に二戸の特産品を中心に、岩手の素材を使っていくとのこと。
その仕上がりの目標について久慈社長は、「ジュニパー由来のジンらしい香りがありながら、南部美人のキーワードでもある“美しさ”を追求した、清らかで洗練された瑞々しい味わいのジンにしていく」と語ります。

日本一の白樺美林「平庭高原の白樺」の活性炭をウォッカに使用

一方でウォッカにも地元の特産品が用いられます。
南部美人が拠点を置く岩手県は、実は炭の生産が日本一。その中でも二戸市のお隣、久慈市は特に生産が盛んで、平庭(ひらにわ)高原は“日本一の白樺美林”とも呼ばれているのだとか。
しかし、白樺は樹齢が80年とされ、平庭高原の白樺は更新が必要な時期が迫っているとされています。
そこで南部美人は、白樺美林を未来に残していくために、久慈市の谷地(やち)林業が生産する白樺活性炭を用いたウォッカ造りを決意。
「白樺活性炭でのろ過によって雑味をなくすだけでなく、ライススピリッツの旨味も加わる。優しい気持ちになれるウォッカを目指す」とその仕上がりについて久慈社長は語ります。
谷地林業の谷地譲さんも「南部美人のウォッカが世界中に広がることで、私たちの木炭も世界中に知られていく。岩手の木炭の魅力を一緒になって伝えていきたい」と語り、今後の展開に期待を寄せています。

平庭高原の白樺活性炭をウォッカ製造時のろ過に用いる

平庭高原の白樺活性炭をウォッカ製造時のろ過に用いる

地元と協力しながら創り上げるジンとウォッカで地域振興を

ジンには日本一の漆を、ウォッカには日本一の白樺活性炭を、岩手の県北が誇る伝統産業を活かしたお酒を発信することで、南部美人は地域振興を目指します。
そのお酒は「世界に通用する酒であり、岩手でしか造ることができない新たな酒」であり、「日本一の漆と炭を使うジンとウォッカで、(日本酒の)南部美人と同様に世界の人を魅了していく」と久慈社長は今後について語ります。

今回のプロジェクトの重要な素材である酒米と漆と活性炭

今回のプロジェクトの重要な素材である酒米と漆と活性炭

なお、製造は2021年年初のスタートを見込み、完成・発売は3月前後、ジンとウォッカでそれぞれ1万本ずつを予定しているのだそう。
販売は、全国の酒販店や百貨店・スーパーで行う他、南部美人は世界51カ国に輸出していることから海外の引き手が強いとし、世界各国での販売も行う予定とのことです。

「コロナ時代を我々はどう生き抜いていくのか、どうやってみなさまに楽しみを提供していくのか、それらを考えていくと美味しいお酒を造ること以外にない。ジンやウォッカも美味しいと思ってもらえるように目指す」と久慈社長が語る南部美人によるクラフトジンとウォッカ。
今後の展開に期待です。

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. ジントニック専用グラス 止まらぬジンブーム、ついにジントニック専用グラスが登場!
  2. 一度は飲むべき!ジンの本場イギリスの王道クラフトジン5選 一度は飲むべき!ジンの本場イギリスの王道クラフトジン5選
  3. クラフトジンを楽しむために知っておきたい“ジンの定番の飲み方”4選 クラフトジンを楽しむために知っておきたい“ジンの定番の飲み方”4…
  4. 日本発!英国が誇る老舗蒸留所で造るオーガニックジン「ブラックチャイ・ジン」が発売! 日本発!英国が誇る老舗蒸留所で造るオーガニックジン「ブラックチャ…
  5. 超苦いリキュール「フェルネット ブランカ」は実は世界的に大人気!…
  6. トップバーテンダーとのコラボが実現!「まさひろオキナワジン バーテンダーズバッチ2019」が発売 トップバーテンダーとのコラボが実現!「まさひろオキナワジン バー…
  7. 【実験】ジンの香りを自分でブレンドしてみる…“あのジンの香り”は作れるのか? 【実験】ジンの香りを自分でブレンドしてみる…“あのジンの香り”は…
  8. 尾鈴山蒸留所が手がけるクラフトジン「OSUZU GIN」が発売!造り手が語る特徴とこだわり 尾鈴山蒸留所が手がけるクラフトジン「OSUZU GIN」が発売!…

おすすめ記事

トップバーテンダーが手がける“クラフト・ジントニック”のための蒸溜所プロジェクトが始動!

シンプルなカクテルながら、その爽やかな香りと洗練された口当たりに、バーで味わうジン&トニックに癒され…

造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売! 造り手19社が集結し創り上げたジン「OSUZU GIN DistiRally NEXT 2022」を発売!

この度、洋酒専門の酒販店・株式会社千雅とLiquorPage(当メディア)は、国産ジンが造り手が一つ…

西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート 西日本のトップバーテンダーが大阪に集結!「OSAKA COCKTAIL PARTY 2021」レポート

美味しいカクテルが好きな方なら、一度に多くのカクテルを飲み比べできたら幸せに感じるかもしれません……

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP