プレミアムテキーラの金字塔「ドンフリオ」人気のワケと魅力とは

ドンフリオはなぜ人気?

日本でも「美味しいお酒」として認知されつつあるテキーラですが、その背景には本格派のテキーラである「アガベ100%テキーラ、通称プレミアムテキーラ」が日本でも浸透してきたことがあると考えています。

そのプレミアムテキーラのなかでも、代名詞的ブランドであり、日本でも高い人気を誇るのが今回ご紹介する「ドンフリオ

本記事では、プレミアムテキーラ「ドンフリオ」について、人気のワケと魅力をご紹介していきます。

プレミアムテキーラとは
主原料である多肉植物「アガベ」の他にも原料を混ぜて造られる通常のテキーラ(ミクストテキーラ)とは異なり、アガベのみで造られるテキーラを「正式名称アガベ100%テキーラ、通称プレミアムテキーラ」と呼ぶ。
一般的に、雑味が少なくテキーラ本来の甘み・旨みを感じ、飲みやすいとされている。

イチから解説!プレミアムテキーラとはどんなもの?

プレミアムテキーラ「ドンフリオ」とは

ドンフリオは、メキシコ・ハリスコ州ロスアルトス地方にある「ドンフリオ蒸留所」が手がけるプレミアムテキーラ。
ドンフリオ蒸留所は、1942年にテキーラ界の伝説の男「フリオ・ゴンザレス」が、17歳という若さで創業した蒸留所であり、今日ではロスアルトス地方を代表する造り手の一つとなっています。

ドンフリオというブランドは、元々は1980年代にフリオ・ゴンザレスが病から立ち戻った際に快気祝いとして造ったブランド。
原料のアガベの栽培段階から徹底的にプレミアムな製法で造られるドンフリオは、今日テキーラでよく語られる「プレミアム」の観念を創りあげたブランドともされています。

プレミアムテキーラの金字塔とされ、知名度・人気ともにトップブランドであり、パトロンと並ぶ二大巨頭でもあります。
スムースな口当たりを特徴としており、とりわけアメリカのセレブから人気のテキーラブランドです。

ドンフリオの魅力と人気のワケ

このように、プレミアムテキーラとして高い人気と地位を誇るドンフリオですが、なぜ人気があるのでしょうか?
ドンフリオの持つ魅力を知ることで、そのワケが分かります。

ドンフリオの魅力を挙げようと思えばいくらでも挙げることができますがいくつか、ここでは代表的なものを4つに絞りご紹介していきます。

  1. 徹底されたプレミアムな造り
  2. セレブをも魅了する味わい
  3. 圧倒的なブランドイメージ
  4. 人気映画にも登場

それぞれ詳しく見ていきましょう。

徹底されたプレミアムな造り

大きなアガベの写真。同じ多肉植物であるアロエと似ている。

広い間隔でアガベが植えられ、10年以上栽培される。

By jay8085 | Blue Agave, Tequila, Mexico, CC BY 2.0

ドンフリオは、テキーラ界でプレミアムな製法を取り入れたパイオニアであり、その製法は徹底されています。

原料のアガベは1.7mという広い間隔で植えられ(通常は1mほど。間隔を空けることで一つ一つに養分が凝縮される)、栽培には10年以上もの歳月をかけるとされています。

そうして育った最高級アガベだけを使用し、苦みやエグ味の元となる芯の部分を丁寧に取り除いてから仕込みに入ります。
他にも発酵や蒸留、使用する水、さらには熟成など、テキーラ造りに関わるものすべてにこだわり、ドンフリオは造られています。

セレブをも魅了する味わい

プレミアムな造りは、当然のことながら味わいに反映されています。

そもそもロスアルトス地方のアガベは、鉄分と糖分が豊富。
これを前述のように丁寧に栽培し、仕込むことで、味わいから雑味やエグ味など不快な要素が取り除かれます

ロスアルトス産のプレミアムテキーラはスムースな飲み口を特徴としますが、ドンフリオは特にそれが顕著
アガベが持つ甘みと豊かな旨み、複雑で余韻が長い味わいとなっており、そのプレミアムな味わいはセレブをも魅了しています。

圧倒的なブランドイメージ

ドンフリオはプレミアムな製法と味わいによって、長い間支持され、ブランドイメージはテキーラ界随一です。
ゆえにテキーラ好きだけでなく、IT長者やハリウッドスターなどセレブの間でも「これぞプレミアムなテキーラ」というブランドイメージが浸透しており、ドンフリオのさらなる人気を呼んでいます。

今日では、プレミアムテキーラの代名詞的ブランドとして広く認知されています。

人気映画にも登場

ドンフリオの高級銘柄「ドンフリオ1942」は、人気映画「ソーシャルネットワーク」に登場。
ショーン・パーカー役を演じたジャスティン・ティンバーレイクが「成功者が飲むお酒」として紹介しており、認知度やブランドイメージがさらに向上し、さらなる人気を呼んだことは言うまでもありません。

ドンフリオの主要銘柄

ドンフリオには定番シリーズの他に、いくつか高級銘柄があります。
ここでは定番シリーズもまとめて簡単にご紹介していきます。

ドンフリオ・レポサド

定番シリーズのレポサド。8ヶ月という比較的長期間熟成のレポサド。

ドンフリオ・アネホ

定番シリーズの18ヶ月熟成のアネホ。数あるアネホテキーラの定番銘柄の一つ。

ドンフリオ・1942

テキーラ界きっての高級銘柄。30ヶ月熟成という、ほぼエクストラアネホに近いアネホ。
「ソーシャルネットワーク」に登場したテキーラであり、高級ウイスキーのようなバニラの甘みが特徴です。

ドンフリオ・レアル

1942の上をゆくテキーラ界の最高峰。3年熟成のエクストラアネホ。
不必要な雑味や味わいを一切感じないスムースな口当たり、複雑かつキレイな味わいの名実ともに最高峰のテキーラ。
1本5万円前後する超高級銘柄です。

まとめ

ここまで、プレミアムテキーラ「ドンフリオ」について詳しくご紹介してきました。
最後に、その魅力と人気の理由についてざっくりとまとめると…

  • 伝説の男が手がけた徹底的にプレミアムな造りのテキーラ
  • セレブをも魅了する味わいと圧倒的なブランドイメージ
  • 人気映画にも登場し認知度が向上

プレミアムテキーラの王道として日本でも人気のドンフリオ。
人気の背景には、しっかりと根拠があり、だからこそ長年愛されるテキーラ界の金字塔となっているのです。

著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、様々な酒類専門メディアの執筆・編集のほか、酒類イベントの企画運営やWEB制作、プロモーション業にも携わる。写真撮影も行うなど、お酒を通じた様々な制作業を一人でこなす。(ただの酒好き)

関連記事

  1. テキーラの原料 テキーラは意外な「植物」が原料となって作られている
  2. トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル5選 トップバーテンダーがオススメする、バーで飲みたいテキーラカクテル…
  3. 世界のテキーラ売上TOP3 世界一売れているテキーラは?2015年のTOP3を発表!
  4. アネホテキーラ厳選6選 おすすめのテキーラ厳選6選【アネホ編】
  5. テキーラ・個性的で魅力的なボトル テキーラほどアート性が高く個性的な”ボトル̶…
  6. テキーラを美味しく味わうにはどんなグラスが良い?美酒として堪能できるグラスを一挙ご紹介 テキーラを美味しく味わうにはどんなグラスが良い?美酒として堪能で…
  7. 世界のトップバーで人気の「テキーラ」は?セールスランキングTOP10を発表! 世界のバー100店で人気の「テキーラ」は?セールスランキングTO…
  8. 待望の日本上陸を果たしたテキーラ「フォルタレサ」は一体何が凄いのか? 待望の日本上陸を果たしたテキーラ「フォルタレサ」は一体何が凄いの…

おすすめ記事

広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催! 広島市・ベネチア市 友好協力記念!「SAKURAO GIN」と「MARTINI」を使ったカクテルプロモーションを開催!

水の都として世界的に知られるイタリアのベネチア市、そして中国地方最大の都市・広島市が友好協力関係にあ…

日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り - 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介 日本一のバーテンダーと行くロンドン・バー巡り – 旅でかきたてられた創造力とは?その集大成カクテルもご紹介

新たな発見や想像しえないインスピレーションを得られるのは、旅の大きな醍醐味の一つ。日本一のバーテ…

日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 - こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは? 日本一のバーテンダーと行く『ボンベイ・サファイア蒸溜所』後編 – こだわりの蒸溜法と最先端のサスティナビリティとは?

『ボンベイ・サファイア プレミアクリュ』のカクテルコンペティションで日本一に輝いた加藤晋悟さん(TH…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP