二日酔い対策に「ウチワサボテン」が効くって本当?

二日酔い対策・ウチワサボテン

お酒は私たちの心を満たしていくれる良きものでありますが、時に要らない置き土産を残していくことがあります。
そう、あの忌まわしい「二日酔い」です。

なぜ楽しんだ時間のツケを、翌日に、しかも頭痛と吐き気がセットの最悪の体調不良で清算しなければならないのか?
そう思っている方は筆者のみならず、たくさんいることでしょう。

二日酔いは多くの人が是が非でも避けたいものであるわけですが、実は密かに「ウチワサボテンが二日酔い対策に良いらしい」などと言われています。

これは本当なのでしょうか?
それを検証すべく、本記事では論文や「酒の科学|白揚社 著アダム・ロジャース」など関連文献を元に解説していきます。

スポンサーリンク

ウチワサボテンとは

「そもそもウチワサボテンとはなんぞ」という方も多いでしょう。

ウチワサボテンはその名のとおりサボテン科の植物で、うちわのように平べったい形のサボテンであることから日本ではそう呼ばれており、主にメキシコなどに自生しています。
他の植物が育たない過酷な条件で生息でき、踏み潰しても破片から再生することができるなど強い生命力を持つ植物としても知られています。

ウチワサボテンの写真

ウチワサボテンの写真。うちわのような形をしている。

ちなみにメキシコでは食用としても一般的。(野菜みたいな感じ)
ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含み、血糖値を下げる効果あるとされるなど健康食品と見なされており、また、昔から抗炎症薬としても用いられてきたようです。

ウチワサボテンは二日酔い対策として有効である

さて、ウチワサボテンについてわかったところで、気になるのが「二日酔いに本当に効果があるのか?」ということ。

実はウチワサボテンのサプリは、二日酔いの対策に有効であることが認められています。
しかも、人をサンプルとした臨床試験で効果が認められた数少ない二日酔いサプリで、論文も出ています。

臨床試験で効果が認められた数少ない二日酔いサプリ

テュレーン大学のJeff Wiese氏らが出した論文によれば、ウチワサボテンは二日酔いの予防効果があるとしています。
同氏らが行った臨床試験によれば、55人の被験者に2回に渡って実験を実施。一方のグループにはサボテンエキスを抽出したサプリを、もう一方のグループにはプラセボ薬(偽薬)を、飲酒前に投与。(本人はどちらを飲んだか分からない)
被験者の体重に応じて二日酔いになる量のアルコールを摂取してもらい、翌朝血液や尿などもサンプルにスコアを判定。
すると、吐き気や頭痛などのスコアが、サボテンエキスを飲んだグループの方が少し低かったことから、効果が実証されたのです。

実はこうした研究によって効果が実証された二日酔い予防・治療の成分は少なく、そういった点からもウチワサボテンはとても貴重と言えるかもしれません。

【論文】Effect of Opuntia ficus indica on Symptoms of the Alcohol Hangover

ただし”絶大な効果”は期待できないかもしれない

元々ウチワサボテンを食べると、熱ショックタンパク質の産生が促進されるとされており、これがたくさん作れる人は高山病になりにくいとされています。(高山病の症状は二日酔いの症状と酷似)
こういったことも踏まえても、二日酔いの対策にウチワサボテンが効くのは確かでしょう。

ただし論文では”適度な効果を有する“と結論づけており、効果の程度にはそれほど絶大なものは見込めないかもしれません。
現に日本では、論文は2004年に発表がされているにも関わらず関連商品がありません。(単に原料や原価の都合かもしれませんが)

実際にウチワサボテンのサプリを使用してみた

さて、筆者は二日酔いとの付き合いは長く、さらにその関係性は人より濃密です。
それぐらい飲んだ翌日、二日酔いの相手に長く時間を要することが多いのですが、こういった関連商品には目がありません。
というわけで実際に、Amazonにてこちらのウチワサボテンのサプリを購入し使用してみました。(どうやら海外直送品しかないよう)

通常の服用以外にも3回簡単な実験(?)を行い、いずれもかなり酔うまで飲酒したのですが(赤ワインを中心にその後テキーラやウイスキーなど)、他のサプリ等は一切服用していません。
飲酒前と飲酒後にサプリを飲み、その後すぐに就寝。

結果は”まあまあ良好“でした。
いずれも飲みすぎたせいもあってか、軽い頭痛やだるさはありましたが、吐き気はありません。
“いつもよりマシ”といったレベルで、劇的な効果は感じませんが一定以上の効果は感じた、といったところでしょうか。

日本では購入が困難

ただしこのウチワサボテンのサプリ、どうやら日本では購入が難しいようです。
筆者の自宅付近のドラッグストアでは当たり前のように取り扱いがなく、Amazonでも国内品はなく、並行輸入品のみ販売されています。
元々の相場がわかりませんが、筆者が購入したものは100粒入り(一回一粒)で送料含め1,500円程度だったので、少し高いサプリといったところ。

とはいえ他の二日酔い関連商品と比べ、一回あたりのコストは断然安く済むので全然許せる範囲です。
さらにそもそもが二日酔い専用のサプリではないため、健康補助として常用もできます。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ここまで二日酔い対策としてのウチワサボテンの有効性について解説してきました。

最後にざっくりまとめると…

  • 二日酔い対策としてウチワサボテンは有効であることが認められている。
  • ただし劇的な効果には期待できない。
  • 筆者が試したところ一定の効果は感じた。
  • サプリは日本ではAmazonなどで少し販売されている程度。

このように「二日酔い対策に「ウチワサボテン」が効くって本当?」という問いに対しては「本当」であることが分かりました。
ただし特効薬となるようなものではありませんし、あくまで補助程度でしょう。(ないよりはマシですが)
一番大切なのは飲みすぎないことであり、チェイサー(水)なども飲みながら節度ある飲酒を心がけることが大切です。(自戒も込めて)

それではこの辺で。

チェイサーの有効性についてはこちらの記事で解説しています。
二日酔い対策で「水を飲む」は本当に効果があるのか?

【参考文献】
Effect of Opuntia ficus indica on Symptoms of the Alcohol Hangover
ガラパゴスウチワサボテン|サプペディア
酒の科学|白揚社 著アダム・ロジャース

スポンサーリンク
小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage代表 / CRAFTGIN.JP共同運営者 / ジンフェスティバル東京 運営事務局] 豊富な現場経験と長年のお酒愛によって、ジンを筆頭にあらゆるお酒の知識を持つ。ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆・編集にも携わる。

関連記事

  1. 2018 リカマンウイビアメッセ in KYOTO ウイスキー、クラフトビールが京都に集結!「リカマンウイビアメッセ…
  2. 赤ワインと頭痛 赤ワインは本当に頭痛を引き起こしやすいのか?
  3. お酒の適量とは? お酒の適量って一体どれぐらい?国が示す各酒類の適量をチェック
  4. アルコール度数が高すぎるお酒たち 日本でも購入可!「アルコール度数が高すぎる」お酒8選
  5. リカーマウンテン・銀座777 約1000種のウイスキー・スピリッツが試飲可!酒専門店「銀座77…
  6. バー初心者必見!知っておくと安心するバー専門用語をざっくりまとめてみた バー初心者必見!知っておくと安心するバー専門用語をざっくりまとめ…
  7. 二日酔い、治療は意味がない? 二日酔いはなってからでは遅い!”治療”で…
  8. トニックウォーターとは? ジュースとして飲める!トニックウォーターとはどんな飲み物?

おすすめ記事

定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった… 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった…

無数に存在するカクテルの中でも近年人気が急上昇している「ネグローニ」。ネグローニといえば、ジンが…

たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる? たった1つこだわるだけでジン&トニックが“劇的に美味しく”なる?

近年、世界的なジンのムーブメントによって、ジン&トニックが今大人気となっています。ジン&トニック…

オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る オーナーはハリウッドの“あの”名優、テキーラ「ドンスエノス」の魅力に迫る

テキーラの最大消費国・アメリカでは、有名セレブらがプロデュースするブランドが話題になるなど「セレブの…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP