カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場!

カクテルで時を超える…ミッドタウン日比谷にポップアップバー「TASTE OF TIME 」が登場!

クラフトビールやクラフトジンなど、何かと“クラフト”が重要なテーマとなりつつある昨今。
実はカクテルも進化しており、自由な発想でクリエイティビティな、まさにクラフトとも呼べるカクテルが注目を集めています。

そんな中、クラフトカクテルを体験できるポップアップバー「TASTE OF TIME 」が、東京ミッドタウン日比谷内に7/5〜7/15の期間限定で登場します!
当記事ではこのバーについてご紹介!

カクテルを通して過去と未来を行き来する「TASTE OF TIME」

「TASTE OF TIME 」のビジュアル

「TASTE OF TIME 」のビジュアル。©︎ABV+

“カクテルを通して過去と未来を行き来する”…という斬新なコンセプトを掲げる「TASTE OF TIME 」

このバーが登場する場所は、昨年オープンした話題の大型商業施設「東京ミッドタウン日比谷」
その施設内でも、クリエイティビティな食事・酒・本・衣服のお店が集い、大きな注目を集める「ヒビヤ セントラル マーケット」にバーは登場します。

帝国ホテルの創業年をコンセプトにした「1890 IMPERIAL HOTEL」他、6つのカクテルが登場

「TASTE OF TIME 」では、日比谷の歴史を刻んできた記念年の年号をカクテル名とし、その時代の人々の気分を、当時誕生したカクテルのアレンジによって表現されるそう。
例えば、帝国ホテルがオープンした年をコンセプトにした「1890 IMPERIAL HOTEL」は、その時代に誕生し世界的に有名になった「バンブー」というカクテルを現代的にアレンジし、当時の人々の気分を表現しているのだとか。
他にも、日比谷の現在から未来をコンセプトに、飲む人が選ぶ未来によってカクテルの味が変わるという「2018 – 20xx TOKYO MIDTOWN HIBIYA」など、創造性豊かな6つのカクテルが提供されます。

コンセプトだけでワクワクさせてくれるような、趣向を凝らしたカクテルを堪能できそうです。

バーを手がけるのは世界を知るトップバーテンダー、野村空人氏

「TASTE OF TIME 」を手がけるのは世界を知るトップバーテンダー、野村空人(ソラン)さんが立ち上げた「ABV+」

ABV+の野村空人さん

ABV+の野村空人さん。©︎ABV+

ソランさんは、ロンドンでバーのキャリアをスタートさせ、以後7年間現地で腕を振るった異色のバーテンダー。
しかも2016年に「International Best Restaurant bar of The Year」に輝いたロンドンの名店「Hawksmoor Spitalfields bar」ではヘッドバーテンダーとして活躍した世界を知るバーテンダーです。
帰国後はノルウェーの名店Fuglenの東京店でバーマネージャーを務めたのち、お酒にまつわるコンサルタント会社「ABV+」を立ち上げ、現在ではフィンランドのKyrö distillery companyの国内アンバサダーをしつつ、フリーランスのバーテンダーとしても活躍中。

そんな異色の経歴を持つトップバーテンダーのソランさんが、実際にバーに立ち、腕を振るうようです。

詳細情報

TASTE OF TIME
期間: 7/5(木)〜7/15(日)
場所:ヒビヤ セントラル マーケット
営業時間: 15:00-22:30(ラストオーダー) ※最終日は17:30ラストオーダー

ABV+公式サイト:http://www.abvplus.com/
ヒビヤ セントラル マーケット公式サイト:https://hibiya-central-market.jp/

小針 真悟
著者:小針 真悟

[LiquorPage運営責任者] お酒の現場を7年経験したのちに独立。お酒の魅力を多くの人に知ってもらうべく、2016年11月に「LiquorPage」の運営を開始。 洋酒から和酒まで幅広い知見をベースに、ジン専門書籍やテキーラメディアなど外部酒類メディアの執筆協力の他、イベントの企画運営にも携わる。(ただの酒好き)

関連記事

  1. バーで飲みたいウイスキーカクテル ウイスキーカクテル 〜 バーで飲みたい本格カクテル8選
  2. 人気シングルモルトによるハイボール&カクテル向けのボトル!「エックス バイ グレンモーレンジィ」が新登場 人気シングルモルトによるハイボール&カクテル向けのボトル!「エッ…
  3. 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外では大人気カクテルだった… 定番カクテル・ネグローニの“バーボン版”が美味すぎる!実は海外で…
  4. “旅”をテーマのトロピカルなボトルカクテル!トッププロらが手がける「オリジン アビエーション」が発売! 旅気分を味わえるトロピカルなボトルカクテル!トッププロらが手がけ…
  5. あのカクテルの中身は? 飲食店や結婚式場で飲める代表的なカクテルの材料と度数は?
  6. コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATCH THE SUNSET」が8/29〜31に開催! コロナビールの“極秘”チルアウトイベント「CORONA CATC…
  7. 「日本酒は太らない」は本当? 日本酒は高カロリーだけど太らない、は本当?他のお酒と比較
  8. ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと ジン・トニックをもっと美味しく飲むために知っておきたい4つのこと…

おすすめ記事

【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介 【九州・沖縄版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 37ブランドの特徴を紹介

今や日本各地で造られるようになったクラフトジンですが、その中でも九州・沖縄地方が一大産地となっている…

「YASO GIN」の造り手に聞く - なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか? 「YASO GIN」の造り手に聞く – なぜ健康食品メーカーがジンを手がけることになったのか?

今や100前後のブランドが流通する国産クラフトジンの市場において、発売から1年足らずで品切れが続出す…

【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介 【大阪・京都・近畿版】国産クラフトジン全ブランド一覧 〜 15ブランドの特徴を紹介

世界に羽ばたくクラフトジンへと成長した「季の美」と「ROKU」は、どちらも近畿地方の府県を産地とする…

人気の記事

  1. あのパーカーポイントが日本酒に!90点以上78銘柄を発表 日本酒版パーカーポイント
  2. ジャパニーズ・クラフトジンが今アツい!話題の4銘柄をご紹介 ジャパニーズ・クラフトジン
  3. 日本でも流行必至!「クラフトジン」の特徴と銘柄まとめ クラフトジンとは?
  4. ウイスキー世界売り上げランキングTOP20 世界ウイスキー売上ランキング
  5. 世界一売れているビールは?2015年世界シェアTOP10を発表! 世界一のビールは?

新着記事

関連記事

PAGE TOP